【Amazon BLACK FRIDAY】

H-el-ical//:disclose ~ただ自分の存在を示したかった…~

H-el-ical//:disclose邦楽レビュー
邦楽レビュー

H-el-ical// (ヘリカル) 2枚目のシングル「disclose」。

前作「Altern – ate –」から半年。元Kalafina Hikaruのソロプロジェクトは、奥深くに入り込んでいくサウンドになりました。ハマると抜け出せない音。

好き嫌いは分かれるかもですが、それが個性へとつながっています。

disclose 収録曲概要

「disclose」収録曲は以下の通り。

  1. disclose
  2. landscape
  3. disclose (Instrumental)
  4. landscape (Instrumental)

「Altern – ate -」が少し特殊な表記だったからこそ、シンプルな形になったことが逆に印象に残るのですから、文字というのは面白い。

収録されたどちらもがシンフォニックな音なのですが、Hikaruの歌声とピッタリと合うところもポイント。バンドが好きな人は、好みという方は多そうです。

少し寂しさの残る歌声が、聞いていてくせになります。

disclose

テレビアニメ「禍つヴァールハイト -ZUERST-」エンディングテーマ「disclose」。(1曲目)

曲調としてはシンフォニック・メタルになりそうなのに、していないのが興味深い曲。あくまでも歌が中心になるというのが、印象の強さにつながっています。

I heard someone call my name
but I can’t get out of here
I’m stuck

「誰かが私の名前を呼んでいる。なのにここから出られない。私は行き詰った」。だからこそ自分を「disclose = 開示、明らかにする」したいのかも…。

日本後は説明で、英詩の部分に意味の多くを感じる曲。1つの表現として、聞いていて興味深く感じました。英語で少しオブラートにかかるのがいい感じ。

最後「you got it? = 分かりましたか? 」でスパッと終わるのも印象的。自分に対して「disclose」するのを忘れていないよね? の問いかけだと感じました。

アニメは見たことがないですが、エンディングテーマ。この曲はきっと見ていて余韻が残るでしょうね。前に進むことであるのに、寂しさが強いので…。

landscape

景色を見ることで思い出す「landscape」。(2曲目)

人を見て感じつこともありますが、景色というのは思いの他に記憶に残るもの。長い期間訪れることはなくても、ひと目見て記憶がセピアから色になるんです。

記憶にもいろいろありますが、「landscape」で蘇るのは光。本人の名前にもかけている部分もありそうですが、心地のよい場所なのでしょう。

欠片探し開ける群青
心決めた先に注ぐ光

Kalafinaが解散し、1人になったからこそ見える景色。思い出したことがあったのかなと感じてしまうのは、考えすぎでしょうか?

音楽と、歌う意味をというのあらためて曲として表現したかったのかも…。言葉の表現はかんたんではなくても、柔らかさがあるのもポイント!

語尾で白玉の伸ばしたビブラートはHikaruならではで、気持ちがいいです。

あとがき

現状でアルバム、ミニ・アルバムもリリース。CDはもう基本買わないのでどんな音かは分かりませんが、シングルからは感じるのはバンドサウンド。

H-el-ical//はソロプロジェクトだからこそ、その形態も変化があってもいいはず。中心人物はHikaruのまま、バンドに進化していっても面白いかも…。

ついでに言えばもし英語で全てを歌えるのであれば、ヨーロッパ圏とかも勝負に出られるかもしれません。すごく可能性を感じさせてくれる音

また、元Kalafinaは、3人全てがソロ活動。表現する音が本当に三者三様であるのが、興味深く聞けています。逆によくまとまっていたなというぐらい…。

だからこそソロになり、より強くなる個。これからも楽しみです。

 

以上、『H-el-ical//:disclose ~ただ自分の存在を示したかった…~でした。


Amazon【H-el-ical//】関連商品

H-el-ical// 関連記事

2020/5/20 release 1st Single
H-el-ical//:Altern – ate – ~変化していく中で変わることのないモノ~

2020/11/18 release 2nd Single
H-el-ical//:disclose ~ただ自分の存在を示したかった…~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
KEIKO (ケイコ)

Wakana (ワカナ)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント