Greta Van Fleet:From the Fires ~火はここから大きくなっていく~

Greta Van Fleet:From the Fires洋楽レビュー
洋楽レビュー

Greta Van Fleet (グレタ・ヴァン・フリート) 2枚目のEP「From the Fires」。

EPとして2枚目とはなっていますが、1枚目のEP「Black Smoke Rising」に4曲を追加したものですので、これが完全盤EPということができます。

ボーカルとギターが双子、ベースは弟。ドラムは兄弟の友人というバンド構成も面白いですけれど、出てくるサウンドもカッコよく面白いものとなっています。

出てくる音はオールドロックであるのに新しい、 注目すべきロックバンドです。

【楽器の買取屋さん】
楽器の買取屋さん楽器の買取屋さん

From the Fires 収録曲概要

「From the Fires」の収録曲は以下の通りです。

  1. Safari Song
  2. Edge of Darkness
  3. Flower Power
  4. A Change is Gonna Come
  5. Highway Tune
  6. Meet On the Ledge
  7. Talk On the Street
  8. Black Smoke Rising

2、4、6、7曲目の4曲が、1枚目のEP「Black Smoke Rising」から追加された楽曲です。どの曲もぶっとんでいますが、1枚目のEPの曲はすごいですね。

まだ全員が20代前半というから、驚かされます。オールドロックであるのに、音が古臭くないんです。コピーではなく、バンドの感性が含まれていますよ。

Safari Song

オープニング曲「Safari Song」。(1曲目)

1枚目のEPでは「Highway Tune」が1曲目で、この曲が2曲目でした。1曲目に持っていったというのが、このEPの印象をより良くしています。

「Highway Tune」もキラーチューンですけれど、オープニング曲にどっちがあるかと言われれば、この「Safari Song」ですね。

曲調もですけれど、歌詞の内容がこれからママ(母親)から生まれてくることを歌っているからです。グレタ・ヴァン・フリートはここから始まりとなります。

生まれてくることを「Safari = 旅行」と例えるセンスもいい感じですね。旅行といったら楽しい感じを思い浮かべますし、ロックは楽しいものですから。

聞いているうちに、気持ちよさがどんどんとアップしていく曲です。

Flower Power

ミディアムテンポのロックナンバー「Flower Power」。(3曲目)

バンドの良さはハイテンポや、バラードだけでなく、ミディアムテンポの曲をどう聞かせられるかが重要です。聞かせられないバンドは、微妙になります。

同じタイプの曲しか演奏しないのであれば別ですが、バリエーションなくなり、聞ける曲と聞けない曲の差が大きくなっていくからです。

グレタ・ヴァン・フリートはしっかりと、余裕でクリアーしちゃっています。オールドロックでも、なぞるだけのコピーバンドとの違いですね。

この曲も解釈が人によって異なる歌詞です。歌詞が面白いのも、このバンドの大きな特徴になっていくのは間違いありません。サウンドだけじゃないですよ。

ロック好きでない人も、この曲は気にいる方が多いではないでしょうか?

Highway Tune

文句なしにカッコイイ曲の「Highway Tune」。(5曲目)

自分が1番最初にグレタ・ヴァン・フリートに触れたのもこの曲でしたが、完全なるキラーチューンです。好みの差はあっても、印象に残ると思います。

歌詞は正直意味が分からないのですけれど、それもロックです。これどうですか? ではなく、これでどうだ! という勢いを感じる曲ですよ。

歌詞はよく分からない部分もありますけれど、カッコいいです。メンバーが若いからこそ出せる勢いがあるので、時代によって変わっていきそうな曲ですね。

Talk On the Street

シンプルなリフがカッコいい「Talk On the Street」。(7曲目)

1枚目のEPから追加された4曲のうちの1曲ですが、その中でもギタリストは特に聞くなる曲だと思います。リフが覚えやすく、ムダな音がないんです。

難しいことをせずに、カッコいいギターというのは難しいんですよね。音をなぞるのはわりとかんたんだと思いますが、この雰囲気はなかなかでないですよ。

歌詞もいろいろな解釈ができる歌詞で、面白いです。重大なことが起こって知り合いは道で会話としているのに、自分には決して内容を教えてくれない。

知りあいにしか関わろうとしない、人とのつながりが少なくなっていることへの問いかけのように聞こえました。確かに人は他人に無関心ですから…。

あとがき

グレタ・ヴァン・フリートを知ったのは「伊藤政則のROCKCITY」で見たのが最初です。年齢が若いのに、オールドロックというのが面白いですよね。

「伊藤政則のROCKCITY」は定番バンドだけでなく、新人バンドも積極的に紹介してくれますので、ロック好きにはオススメしたい番組です。

放送局がTVKなので都内と神奈川県しか映りませんが、見られる方はぜひ!

グレタ・ヴァン・フリートは若いのにオールドロックというだけでなく、今の音であるのが特徴です。よくある古いバンドの曲のコピーバンドではありません。

メンバーの年齢も若いですし、双子を含む実兄弟が3人いるので絆も強く、これから長い間活躍するバンドになると思います。

1枚目のアルバムもリリースされていますが、これもカッコいい内容です。オールロックであるのに、古臭くないグレタ・ヴァン・フリート。オススメです。

 

以上、『Greta Van Fleet:From the Fires ~火はここから大きくなっていく~』でした。


『Greta Van Fleet』をApple Musicで

Greta Van Fleet 関連記事

2017/11/10 release 2nd EP
Greta Van Fleet:From the Fires ~火はここから大きくなっていく~ ←今ココ

2018/10/19 release 1st Album
Greta Van Fleet:Anthem of the Peaceful Army ~2つが交わる平和を~

コメント