【楽器の買取屋さん】
楽器の買取屋さん楽器の買取屋さん

Green Day:Father of All… ~ガマンをせずにはじけちゃおうぜ! ~

Green Day:Father of All...洋楽レビュー
洋楽レビュー

Green Day (グリーン・デイ) 13枚目のアルバム「Father of All…」。

前作「Revolution Radio」からぴったり3年4カ月。先行配信曲で予想はできていましたが、すごく”らしい”内容。

ご機嫌なロックを聞けば、2月の寒さを忘れてしまうかもしれませんよ。

Father of All… 収録曲概要

「Father of All…」の収録曲は以下の通り。

  1. Father of All…
  2. Fire, Ready, Aim
  3. Oh Yeah!
  4. Meet Me on the Roof
  5. I Was a Teenage Teenager
  6. Stab You in the Heart
  7. Sugar Youth
  8. Junkies on a High
  9. Take the Money and Crawl
  10. Graffitia

10曲で26分と、まさに駆け抜けるようなアルバム。今までの13枚の中でも、断トツの短さですよね。駆け抜けるだけでなく、一気に聞けます。

時間が短いからもの足りないかと感じるかというと、そんなことは一切ありません。収録時間ではなく、1曲1曲が楽しめるからで間違いないですよ。

フルであっても、コンパクトに一気に聞かせる。かつ、ボリューム不足も感じさせないのは、なかなかできるものではありません。楽しいロックアルバムです。

Father of All…

Apple Music Movie IconFather of All…
フルMVをApple Musicで観る

オープニングはアルバム・タイトル曲「Father of All…」。 (1曲目)

いち早く先行配信されていたので、アルバムのリリース時点で聞きなじみのある曲。ファルセットを使った歌が、耳から離れません。

「Father of All… = 全ての父…」。アルバム・タイトルとしても曲名としても少し意味深長ですが、なんかガマンしてんじゃない?と言っている気がします。

自分は誰の父でもないので分からない部分もありますが、実際に父である人が聞いたら、いろいろと思いをはせる曲なのかもしれません。

ジェケットには「…」となる言葉が書いてありますね。なくても解釈ができて、あってもまた違う解釈ができる手法。とても面白いです。

Fire, Ready, Aim

1分53秒と、アルバムで1番に短い「Fire, Ready, Aim」。 (2曲目)

聞いていて首を横に振りたくなってしまいます。

Well you’re a liar

「あなたはうそつきだ」。だからこそ、射撃の準備ができたと歌っているのが、面白く感じます。さらに面白いのが、準備はできているのに撃たないんです。

その後のアンサーソングがいつかできそうな、雰囲気も感じさせてくれます。グリーン・デイのコピーバンドが、今作から真っ先にコピーしそうな曲かも。

Oh Yeah!

じわじわと良さが伝わてくる「Oh Yeah!」。 (3曲目)

タイトルからもっとはじけた感じを想像してしまうからこそ、抑え気味で最初はあれ? と感じる方も多いと思いますが、じわじわとくる曲。

アルバムの中で1番のスルメ曲になるんじゃないでしょうか。じわじわとくるのと同時に、人によって解釈が変わりそうな歌詞も興味深いです。

この曲は何を言っているんだろ? と歌詞を見てみることをオススメします。

Meet Me on the Roof

「屋根の上で会いましょう」と、タイトルからして面白い「Meet Me on the Roof」。 (4曲目)

この曲は屋根の上ですが、国によって変わってくるであろう場所。日本であったら、校舎や体育館の裏なんかじゃないでしょうか?

Secret words and true
Confessionals

「秘密の言葉と真実。告白」。これは告白しようとしているから。この曲を聞いていると、告白って楽しいものだったよねと思い出してしまいました。

思い出すということは、リアル思春期の子よりも、大人が聞いた方が面白く聞ける曲なのかもしれませんね。リアル思春期の子が聞いたらどう思うでしょうか?

MVがストーリ仕立てになっていて面白いので、特にオススメです。

Stab You in the Heart

オールドロックンロール「Stab You in the Heart」。 (6曲目)

前半がMVになっている曲が多いので、このアルバムの勢いは前半だけかと思いきや、しっかりと後半も楽しめるのを証明してくれます。

「Stab You in the Heart = あなたを心に刺す」の曲名の通り、ぐさっと心に突き刺さってくる曲。これは好きな人が多い気がします。

オールドロックンロールで少しダーティーであるのが、カッコいい曲です。

Sugar Youth

2曲目「Fire, Ready, Aim」と同じく1分台の短さの「Sugar Youth」。 (7曲目)

青春パンクのようで、一瞬で耳を奪われる曲。シングル・カットできるんじゃないかという、ポップさがあるのも特徴になっています。

I don’t wanna be a Romeo

「ロミオになりたくない」。とサビで繰り返すのも印象的。歌詞の内容からもロミオとジュリエットのロミオですよね。

ロミオになりたくないというのは、毒なんて飲みたくないし! かなと。短いですがポップで面白いですし、聞いていると一緒に弾きたくなる曲です。

Graffitia

アルバムのラストを飾る「Graffitia」。 (10曲目)

ライブでクラップ(手拍子)をしているのが、すぐに想像できる曲。「Are we the 〜 私たちは〜」のサビも印象的に、きっと合唱になるでしょうね

「Graffitia = 落書き」にかけて忘れてしまったり、これでいいの? と問いかける曲は、少し余韻が残る感じもアルバムのラストにぴったり!

アルバムだけでなく、ライブのラストにも似合いそうな曲ですよ。

あとがき

26分という短さだけだからでなく、繰り返して聞いてしまう1枚。その理由は、曲がよくて楽しいからではないでしょうか。

既存のファンはもちろん、新しくグリーン・デイを聞き始める人にもとてもいいアルバム。なぜなら、ここから深堀りしたくなってしまう内容だから。

音楽って楽しいな! ロックって楽しいなと感じさせてくれる1枚。聞いて楽しくなるだけでなく、コピーして弾きたくなってしまいます。

グリーン・デイはやっぱりカッコよく楽しいな!  と思わずにはいられない内容。あまり深くは考えずに、まずは1度聞いてみましょう。楽しくなれますよ。

 

以上、『Green Day:Father of All… ~ガマンをせずにはじけちゃおうぜ! ~』でした。


Amazon【Green Day】関連商品

Green Day 関連記事

2020/2/7 release 13th Album
Green Day:Father of All… ~ガマンをせずにはじけちゃおうぜ! ~ ←今ココ

2020/5/22 release Digital Single
Green Day:Dreaming ~誰もが夢を見るのは自由だ~

2021/2/22 release Digital Single
Green Day:Here Comes the Shock ~思いっきりはじけてしまえ!~

2021/5/17 release Digital Single
Green Day:Pollyanna ~今の異常はもうすぐ終わって大丈夫になるよ~

2021/9/10 release Digital Single
Green Day:Rock and Roll All Nite ~一緒にパーティを楽しもうぜ! ~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント