Green Day:Father of All… ~ガマンをせずにはじけちゃおうぜ! ~

Green Day:Father of All...洋楽レビュー
洋楽レビュー

Green Day (グリーン・デイ) 13枚目のアルバム「Father of All…」。

前作「Revolution Radio」からぴったり3年4カ月ぶりとなるアルバムは、先行配信曲で予想はできていましたが、すごく”らしい”アルバムです。

ご機嫌なロックを聞けば、2月の寒さを忘れてしまうかもしれませんよ。

【DAZN (ダゾーン)】
DAZNDAZN

Father of All… 収録曲概要

「Father of All…」の収録曲は以下の通りです。

  1. Father of All…
  2. Fire, Ready, Aim
  3. Oh Yeah!
  4. Meet Me on the Roof
  5. I Was a Teenage Teenager
  6. Stab You in the Heart
  7. Sugar Youth
  8. Junkies on a High
  9. Take the Money and Crawl
  10. Graffitia

10曲で26分と、まさに駆け抜けるようなアルバムです。今までの13枚のアルバムの中でも、断トツの短さですよね。駆け抜けるだけでなく、一気に聞けます。

時間が短いからもの足りないかと感じるかというと、そんなことは一切ありません。収録時間ではなく、1曲1曲が楽しめるからで間違いないですよ。

フルアルバムでコンパクトに一気に聞かせる。かつ、ボリューム不足も感じさせないのは、なかなかできるものではありません。楽しいロックアルバムです。

Father of All…

オープニング曲でアルバム・タイトル曲の「Father of All…」。 (1曲目)

アルバムからいち早く先行配信されていたので、アルバムのリリース時点で聞きなじみのある曲です。ファルセットを使った歌が、耳から離れません。

「Father of All… = 全ての父…」。アルバム・タイトルとしても曲名としても少し意味深長ですが、なんかガマンしてんじゃない?と言っている気がします。

自分は誰の父でもないので分からない部分もありますが、実際に父である人が聞いたら、いろいろと思いをはせる曲なのかもしれません。

ジェケットには「…」となる言葉が書いてありますね。なくても解釈ができて、あってもまた違う解釈ができる手法。とても面白いです。

Fire, Ready, Aim

1分53秒と、アルバムで1番に短い曲の「Fire, Ready, Aim」。 (2曲目)

聞いていて首を横に振りたくなってしまう曲です。

Well you’re a liar

「あなたはうそつきだ」。だからこそ、射撃の準備ができたと歌っているのが、面白く感じます。さらに面白いのが、準備はできているのに撃たないんです。

その後のアンサーソングがいつかできそうな、雰囲気も感じさせてくれます。グリーン・デイのコピーバンドが、アルバムから真っ先にコピーしそうな曲です。

Oh Yeah!

じわじわと良さが伝わてくる曲の「Oh Yeah!」。 (3曲目)

曲名からもっとはじけた曲を想像してしまうからこそ、抑え気味の曲に最初はあれ? と感じる方も多いと思いますが、じわじわとくる曲です。

アルバムの中で1番のスルメ曲になるんじゃないでしょうか。じわじわとくる曲も興味深いですが、人によって解釈が変わりそうな歌詞も興味深いです。

この曲は何を言っているんだろ? と歌詞を見てみることをオススメします。

Meet Me on the Roof

「屋根の上で会いましょう」と、曲名で面白い「Meet Me on the Roof」。 (4曲目)

この曲は屋根の上ですが、国によって変わってくるであろう場所です。日本であったら、校舎や体育館の裏なんかじゃないでしょうか?

Secret words and true
Confessionals

「秘密の言葉と真実。告白」。告白しようとしているからです。この曲を聞いていると、告白って楽しいものだったよねと思い出してしまいました。

思い出すということは、リアル思春期の子よりも、大人が聞いた方が面白く聞ける曲なのかもしれませんね。リアル思春期の子が聞いたらどう思うでしょうか?

MVがストーリ仕立てになっていて面白いので、オススメです

Stab You in the Heart

オールドロックンロールの「Stab You in the Heart」。 (6曲目)

前半がMVになっている曲が多いので、このアルバムの勢いは前半だけかと思いきや、しっかりと後半も楽しめるのを証明してくれる曲です。

「Stab You in the Heart = あなたを心に刺す」の曲名の通り、ぐさっと心に突き刺さってくる曲です。この曲は好きな人が多い気がします。

オールドロックンロールで少しダーティーであるのが、カッコいい曲です。

Sugar Youth

2曲目「Fire, Ready, Aim」と同じく1分台の短い曲の「Sugar Youth」。 (7曲目)

青春パンクのような曲が、一瞬で耳を奪われる曲です。シングル・カットできるんじゃないかという、ポップであるのも特徴になっています。

I don’t wanna be a Romeo

「ロミオになりたくない」。とサビで繰り返すのも印象的です。ロミオになりたくないとは、歌詞の内容からもロミオとジュリエットのロミオですよね。

ロミオになりたくないというのは、毒なんて飲みたくないし! かなと。短い曲ですがポップで面白い曲ですし、聞いていると一緒に弾きたくなる曲です。

Graffitia

アルバムのラストを飾る「Graffitia」。 (10曲目)

ライブでクラップ(手拍子)をしているのが、すぐに想像できる曲です。「Are we the 〜 私たちは〜」のサビも印象的に、きっと合唱になるでしょうね

「Graffitia = 落書き」にかけて忘れてしまったり、これでいいの? と問いかける曲は、少し余韻が残る感じもアルバムのラストにぴったりです。

アルバムのラストだけでなく、ライブのラストにも似合いそうな曲ですよ。

あとがき

26分という短さだけだからでなく、繰り返して聞いてしまうアルバムです。繰り返して聞いてしまうのは、曲がよくて楽しいのが1番の理由だと思います。

既存のグリーン・デイのファンはもちろん、新しくグリーン・デイを聞き始める人にもとてもいいアルバムですよ。ここから深堀りしたくなる内容だからです。

音楽って楽しいな! ロックって楽しいなと感じさせてくれるアルバム。聞いて楽しくなるだけでなく、コピーして弾きたくなってしまいますよ。

グリーン・デイはやっぱりカッコよく楽しいな!  どんなアルバムです。いろいろなことは考えずに、まずは1度聞いてみましょう。楽しくなれますよ。

 

以上、『Green Day:Father of All… ~ガマンをせずにはじけちゃおうぜ! ~』でした。

コメント