次回新着記事予定:=LOVE:あの子コンプレックス
【ココナラ】
ココナラココナラ

GRANRODEO:Question ~まだまだ知りたいことが尽きないよ~

GRANRODEO:Question邦楽レビュー
邦楽レビュー

GRANRODEO (グランロデオ) 9枚目のアルバム「Question」。

前作「FAB LOVE」2年10カ月。途中ベストアルバム「RODEO BEAT SHAKE」。コンセプトミニ・アルバム「僕たちの群像」挟んでの新作。

バラエティの広い楽曲が違和感なくまとまっているだけでなく、円熟味と新鮮さが同居したような楽しめる1枚です。

Question 収録曲概要

「Question」収録曲は以下の通り。

  1. FAQ (Instrumental)
  2. Question Time
  3. 時計回りのトルク
  4. カミモホトケモ
  5. 恋はハチャメチャ
  6. Scorn
  7. 思い通りじゃなくても
  8. セツナの愛
  9. 情熱は覚えている
  10. Treasure Pleasure
  11. Give me your eyes
  12. BEFORE the DAWN

シングル「Treasure Pleasure」「時計回りのトルク」「カミモホトケモ」のタイトル曲に加え、カップリング「Scorn」「BEFORE the DAWN」を収録。

リストだけ見るとベスト盤「RODEO BEAT SHAKE」の前にリリースされた「情熱は覚えている」のカップリング「Scorn」が収録されたのは少し意外…。

リリースタイミング的にないかなと思っていましたが、恐らくアルバムとして曲を並べた時にあった方がいいという感じになったのでしょうね。

実際真ん中でいい味を出している、キラーソング。単純に楽曲がカッコいいですし、アルバムを通して聞けば、収録されたことも納得しちゃいます。

また、1曲目のインスト「FAQ」。Live Session「“Rodeo Note” vol.1」があったからこそがあることを想像させてくれるのも、興味深く聞ける形です。

1つの作品だけど、リンクする部分がある。これもGRANRODEOを聞いていて興味深く感じる部分だと感じる方は、きっと多いことでしょう。

Question Time

問題外な「Question Time」。(2曲目)

アルバムリード曲は、ラジオで本人たちが語っていた通り、YOASOBIの要素も含まれた曲。こういうアプローチもあるよというのが、実に面白い!

また、楽曲の中でやっていることは結構複雑なのですが、そうは思わせない部分も興味深いところ。したり顔でないアレンジは、一聴の価値があります。

この世界がその手にあるのなら
叶わぬお伽話だけど選んでみて
信じてみればいい

過去ではない、未来を見ることができる存在。今を生きているのであれば、できないとやる前から諦めるのではなく、自分を信じてみればいい。

過去の偉人なども、失敗を何度も繰り返して成功を得てきたのですから…。少し弄っているのが、逆に面白いなと思ってしまう表現です。

濃密な関係は NO! 密だなんで
Question にもならないくらいでしょ Why?

歌詞を文字としてみるからこそ、より面白みが増える部分。楽曲だけでなく、歌詞も同様に面白みがあるのが、この楽曲の興味深いところでもあります。

その表現としては、質問するまでもない。もう次にするべき行動は決まってるでしょ! ってな感じでしょうか。当然、迷うようなことでもないだろ? と。

複雑だけど実際は単純だというのも、楽曲全体で表現しているような気がしました。

恋はハチャメチャ

いつだって「恋はハチャメチャ」。(5曲目)

ブルージーかつ、展開とリズムが面白い曲。アフリカンな部分も入っていますし、楽曲としたみたら今回のアルバムで特に面白い1曲と言えそうです。

キスだけじゃない
その先へ行きたいのさ

ハチャメチャな恋だから、とことん楽しみたい。具体的な事を言わずとも、その先へ行きたいと言ったら、想像が難しくない行為への言葉。

アダルティーな音の表現も含めて、ガッツリと合っていて面白いです。それにしてもハチャメチャとは今はあまり聞かない言葉。なんですが、ピッタリ!

この曲はアコースティックver. にしてみても、面白いかもしれませんね。

思い通りじゃなくても

ただひたすらに「思い通りじゃなくても」。(7曲目)

生きていたら、思い通りにならないことなんて日常茶飯事。なんでだよと悔やむのではなく、そんなもんだと思うことが思いを行動を変えていきそうです。

ただ謙虚に我が道のみ行こう
僕と貴方とを愛として

我が道を行くであっても、ワガママにというわけじゃない。誰かに迷惑をかけるようであったら、それは自己満足だけすればいい、ただの嫌な奴です。

全ては思い通りにならずとも、貴方との愛があればいいじゃなかと。対象は別のものであっても、1つ愛せるものを見つけたら日常が楽しくなりそうです。

なんでも思い通りになる人なんて、そうそうはいないでしょうから…。

Give me your eyes

正しさの価値を見るために「Give me your eyes」。(11曲目)

おかしなことが、当たり前になる。マジョリティだけに流させていくのは、おかしいんじゃないか? という思い。自分を消したくない意思でしょうか。

80年代を思わせるハードロックは、懐かしくもあり新鮮です。

まだ求めてる
5分前にできたようなこの世界で

自分が生きてきたことなんて、歴史の中で見たら微々たる時間。それが5分という表現になっている気がします。

その短い時であっても自分があり、おかしなことに納得はできない。だからこそ正しい価値を求めてしまうのは、人間らしさとも言えそうです。

表現する意思もですが、80年代を思わせるハードロックはカッコいい! 通ってきている人は懐かしいですし、そうでない方は新鮮に聞こえそうです。

あとがき

ハードロックが基本にありながら、バラエティの広い楽曲たち。ぐっちゃにならずに違和感なくまとめきれちゃうのが、GRANRODEOなのでしょう。

並のバンドやユニットがここまでしちゃうと、十中八九は収拾がつかなくなってしまうはず。そのことが聞いていてとても面白く、興味深く感じる部分です。

芯の部分はブレずに、固定概念ではなく柔軟性がある。文字ににすると軽いですが、これができるアーティストは歴が長くなるほどに少なくなるのが自然。

キャラとしても面白い2人ですが、実力があるからこそなせる技でもあります。

また、この先にある未来へを描いた、ラストの「BEFORE the DAWN」。”まだどうかしたい”ことがあるユニットは、今後も進化を見せてくれそうです。

 

以上、『GRANRODEO:Question ~まだまだ知りたいことが尽きないよ~』でした。

GRANRODEO 関連記事

2013/3/6 release 2nd Best Album
GRANRODEO:DECADE OF GR ~途中経過のアニバーサリー~

2018/10/24 release 1st Mini Album
GRANRODEO:M・S COWBOYの逆襲 ~本質はずっと変わらない~

2020/9/9 release 31st Single
GRANRODEO:情熱は覚えている ~その思いの全てを解き放て! ~

2020/11/4 release 3rd Best Album
GRANRODEO:RODEO BEAT SHAKE ~どこからでも聞いてくれ! ~

2021/3/10 release 2nd Mini Album
GRANRODEO:僕たちの群像 ~君の目に見えていた物を教えて~

2021/10/13 release 32nd Single
GRANRODEO:Treasure Pleasure ~俺がずっと戦い続ける理由~

2022/1/7 release Digital Single
GRANRODEO:時計回りのトルク ~人生とは強制スクロール~

2022/1/12 release 33rd Single
GRANRODEO:カミモホトケモ ~未来を切り開くのは己の手~

2022/3/23 release 9th Album
GRANRODEO:Question ~まだまだ知りたいことが尽きないよ~ ←今ココ

「GRANRODEO」をApple Music で聴く

Amazon【GRANRODEO】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント