【ポケット語学】
ポケット語学

GRANRODEO:カミモホトケモ ~未来を切り開くのは己の手~

GRANRODEO:カミモホトケモ邦楽レビュー
邦楽レビュー

GRANRODEO (グランロデオ) 33枚目のシングル「カミモホトケモ」。

配信シングル「時計回りのトルク」から、わずか5日。同様にCDとしてもリリースされた「Treasure Pleasure」からは3カ月。

9枚目のアルバム「Question」のリリースも決まり、ロックユニットとしてのギヤを上げ、実際の行動として加速していく様が聞けます。

カミモホトケモ 収録曲概要

「カミモホトケモ」収録曲は以下の通り。

  1. カミモホトケモ
  2. BEFORE the DAWN
  3. カミモホトケモ (OFF VOCAL)
  4. BEFORE the DAWN (OFF VOCAL)

その音の表現は違えど、GRANRODEOならではのタイトル曲とカップリング。幅がかなり広いのにすんなり聞けてしまうのは、これまでの歴史があるから。

歌詞につながりはありますが、ガラッと表現が異なるのは面白い!

そこら変のユニットやバンドが同じことをしたら、ほぼ間違いなくとっちからかってしまうのではないでしょうか。実に音楽的に興味深い方たちです。

結果が良ければ、いい表現にはこだわらないスタンス。文字にするのはめちゃくちゃかんたんですが、実際に行ってしまうのは難しいこと。さすがと言えます。

カミモホトケモ

テレビアニメ「最遊記RELOAD -ZEROIN-」オープニング主題歌「カミモホトケモ」。(1曲目)

何かにすがり、祈りたいなんてことはよくあること。特に神様仏様なんて、その対象ではないでしょうか。でも、実際に切り開くのに必要なのは、己自身。

すがる、祈ることを否定するのではなく、それだけじゃダメなんだと。待っているだけでは、そうそう変化は訪れません。掴み取ってこその未来です。

夢に添い遂げてんじゃ無い
そんな事は分かって生きてきたんじゃない

夢は夢のままで…。よく言われることですが、それだけじゃつまんない。どうなるか分からないけれど、後のことは実現してから考えればいい。

自分から見て、つまらない人間にはなりたくないということでしょうか

人は皆本性を知らずに生きている
重ねた唇さえもウソをつく果てるまで

ロマンティストのKISHOWさんならではの表現。特別なキスをする相手であっても、本心は隠している。実際そうあってほしくはないけど、あるんでしょうね。

相手の心は完全に読めないからこそ、楽しい部分はありますが…。

涙で今日を吐き捨てて
明日を探し続けてる

拭ってではなく、吐き捨てて。これは面白い表現。痛みなのか悲しみの涙なのかは分かりませんが、そのままではなく意味のある物の表現が強くなっています。

明日(未来)は、ただ時が立つだけではそうそう変わらない。だからこそ自ら掴み行くんだ。神様仏様を含めることで、その思いを強く感じさせます。

加えてこれからも守りに入らず、攻めていくGRANRODEOの姿勢を表現したと言えるのかも…。毎回のことですが、想像が膨らむ歌詞は見ていて面白いです。

BEFORE the DAWN

この先にある未来へ「BEFORE the DAWN」。(2曲目)

日本語にすると「夜明け前」となるタイトルの通り、何かが開けていく形。オーケストラの壮大な音の表現は、ライブのオープニングにも似合いそう…。

簡易はよくありますが、ここまでバンドとガッツリは、GRANRODEOならではの表現と言ってよさそうです。この方たちは、実に表現が幅広い!

あの日ではまだ分からなかった事がある

経験を経て行くことで、得られる成長。自分では十分過ぎると思っていても、振り返ってみたらまだまだだったなんていうのはよくあること。

足りなかったと自ら認められるのは大人であり、成長の証とも言えそうです。

まだどうかしたくて
僕とどうかしたいなら
行こう

現状維持ではなく、まだ見ぬその先へ。単に明日がくるだけでなく、夜明けというには想像もできないような事を目指したいもの。

何があるか分からなくとも行こう! というのは、実にロック! 時間が経過して後のその後の描けそうなテーマは、5日続きが曲になることを期待しちゃいます。

あとがき

冒頭にも記述しましたが、9枚目のアルバム「Question」を2022年3月24日にリリース。久しぶりとなるオリジナル・アルバムには、期待が高まります。

先日(22年1月14日)に行われた「GRANRODEO 15th ANNIVERSARY LIVE 2022 G15 ROCK☆SHOW “Being Late Rush Rush Rush”」。

CSチャンネル フジテレビTWOで生中継されたので、オンタイムで観覧しました。録画もしていたので後で見ようと思ってましたが、結局最後まで…。

サポート・メンバーが急遽出れなくなくトラブルもありつつ、音源だけでなく見せるライブができるというのは、大きな強みではないでしょうか。

とはいえ現状の対策として仕方がないこととはいえ、席が間引かれててお客さんの数が大分少なめであったのは残念。声も出せないし、難しいところですね。

仕方がないことも含め、挽回するここともきっとしてくれるはず。その上で延長した15周年アニバサリーイヤーを含め、22年は特に楽しませてくれそうです。

 

以上、『GRANRODEO:カミモホトケモ ~未来を切り開くのは己の手~』でした。


Amazon【GRANRODEO】関連商品

GRANRODEO 関連記事

2018/10/24 release 1st Mini Album
GRANRODEO:M・S COWBOYの逆襲 ~本質はずっと変わらない~

2020/9/9 release 31st Single
GRANRODEO:情熱は覚えている ~その思いの全てを解き放て! ~

2020/11/4 release 3rd Best Album
GRANRODEO:RODEO BEAT SHAKE ~どこからでも聞いてくれ! ~

2021/3/10 release 2nd Mini Album
GRANRODEO:僕たちの群像 ~君の目に見えていた物を教えて~

2021/10/13 release 32nd Single
GRANRODEO:Treasure Pleasure ~俺がずっと戦い続ける理由~

2022/1/7 release Digital Single
GRANRODEO:時計回りのトルク ~人生とは強制スクロール~

2022/1/12 release 33rd Single
GRANRODEO:カミモホトケモ ~未来を切り開くのは己の手~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント