【メタバリアプレミアムEX】
富士フイルムのメタバリアプレミアムEX

Goo Goo Dolls:Rarities ~今だからこそ君に聞かせてあげる~

Goo Goo Dolls:Rarities洋楽レビュー
洋楽レビュー

Goo Goo Dolls (グー・グー・ドールズ) コンピレーション・アルバム「Rarities」。

クリスマス・アルバムの前作「It’s Christmas All Over」から8カ月。続く今作も本筋とは異なり、1995年〜2007年までの20曲のレア音源をまとめたもの。

お茶を濁すアイテムにもなりえる中、思いの外に楽しめるのが特徴です。

Rarities 収録曲概要

「Rarities」収録曲は以下の通り。

  1. Hit or Miss
  2. Nothing Can Change You
  3. Long Way Down (Chris Lord-Alge Remix)
  4. Name (Live Acoustic)
  5. Don’t Change (Live)
  6. Girl Right Next To Me (Live Acoustic)
  7. Another Second Time Around (Live Acoustic)
  8. Iris (Acoustic)
  9. Slide (Acoustic)
  10. Naked (Remix)
  11. Black Balloon (Live)
  12. Naked (Live)
  13. Black Balloon (Live from Sessions@AOL)
  14. Broadway (Live from Sessions@AOL)
  15. We’ll Be Here (When You’re Gone) [Acoustic]
  16. Better Days (Acoustic)
  17. Let Love In (Live)
  18. Listen (Live)
  19. Feel the Silence (Live)
  20. Take Me Out To The Ball Game

1、2曲目は本作の初出し音源。ロック感が溢れていて、今のスタイルとは異なる曲。その他はライブ、アコースティックにリミックスされた、お馴染みの曲。

手に入りやすいもの物もありますが、確かにレア音源が多い形。頭だけでなく、最後にプロモーションCDに収録「Take Me Out To The Ball Game」。

締め方が実ににくい形です。初出し音源もですが、こういう形でないと世にはおそらく出なかったであろうver.。中々興味深いことをしてきてくれます。

Hit or Miss

初公開音源1曲目「Hit or Miss」。(1曲目)

ロックな曲は、明らかに初期の音。1995年〜のレア音源と銘打っている理由は、おそらくこの曲が一番最初期のものだからでしょうか。

今では表現しないであろうタイプだからこそ、すごく新鮮です。

I gave you everything that money could buy

「あなたにはお金で買える全てのものを与えた」。自分のものにできるか分からない、君だからこそ。手にいれるために、いったっれ〜的な感じでしょうか。

女の子の前でカッコつけてしまう、男性の気持ちが隠れているようです。

Another hit or miss
And I was looking for a kiss

「別のいちかばちか。俺はキスを求めていたんだ」。男ならば、納得してしまう思う。とりあえずという表現は違うかもですが、キスがしたい。

勢いでいっぱいの曲だからこそ、余計にその思いに共感してしまいます。

曲調もですが、歌詞も現在とは異なる形の表現。面白く感じる方は多そうです。

Nothing Can Change You

初公開音源2曲目「Nothing Can Change You」。(2曲目)

5枚目のアルバム「A Boy Named Goo」の雰囲気を持つ曲。男の不甲斐なささを歌ったような曲は、過去に一気に引き戻される感じがします。

Now, nothing can change you

「今、君を変えて上げられない」。何かしたいのは見て分かるのに、どうすることもできない自分。力不足であることを、悔いているかのようです。

Can you tell me things that you’re dreaming of?

「君が見ている夢を教えてくれないか?」。今は実現するのは難しいけれど、何をしたいのか聞くことによって、頑張ろうとしているのかも。

目指す部分が分かれば、何が必要なのか、足りないのは何か分かりますから。

ちょっと面白いなと思ったのは、アルバムではスタジオ音源。公開動画ではLive音源であること。スタジオ・ライブっぽいですが、2ver.あるのは面白いです。

きっと、アルバム収録の最終選考で漏れたとういう感じなんでしょうね。

Take Me Out To The Ball Game

プロモーションCDに収録「Take Me Out To The Ball Game」。(20曲目)

最後フェードアウトされているように、聞ける音源は完全体ではない形。フルでも長くなさそうですが、今後で全体像が聞けるかもしれません。

全部にしなかったのは、元の形を維持しただけでなく、意図がありそうです。

Take me out to the ball game
Take me out with the crowd

「私を球技に連れてって。みんなと一緒に」。ポップで、つい口付さみたくなる曲。野球を含む球技はたくさんの人で見たほうが楽しいので、いいですよね。

また、1996 MLB 「What A Game」コマーシャルソングだったみたいですので、なぜこれまでレア音源のままだっのか、不思議でもあります。

ポップで陽気な曲は、アレンジした完全体を改めて今に歌っても面白いかも…。

あとがき

オリジナルがあってのライブにアコースティック。そしてリミックスなので記事では触れてはいませんが、やっぱり曲の良さは聞いていて改めて感じる部分。

ミュージシャンズ・ミュージシャンと呼ばれるのも納得です。また、今回気になったのは1995年〜2007年で年代が切られていること。

音の表現の変化というのもありますが、多分まだ続きがありますよね。タイトルはまんま「Rarities 2」になるか別として、今後の動向に注目です。

それを踏まえるとまだだ世界的状況として、100%のライブなどはできない現状。新たなオリジナル作よりも先に、おそらく聞けるのではないでしょうか?

新人ではできないですが、活動歴の長いバンドのあるあるですね。

 

以上、『Goo Goo Dolls:Rarities ~今だからこそ君に聞かせてあげる~』でした。


Amazon【Goo Goo Dolls】関連商品

Goo Goo Dolls 関連記事

2019/9/13 release 12th Album
Goo Goo Dolls:Miracle Pill ~気持ちを安らげる特効薬がここにある~

2020/10/30 release Christmas Album
Goo Goo Dolls:It’s Christmas All Over ~ゆったりと楽しい時間を~

2021/6/25 release Compilation Album
Goo Goo Dolls:Rarities ~今だからこそ君に聞かせてあげる~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント