Goo Goo Dolls:It’s Christmas All Over ~ゆったりと楽しい時間を~

Goo Goo Dolls:It's Christmas All Over洋楽レビュー
洋楽レビュー

Goo Goo Dolls (グー・グー・ドールズ)  クリスマス・アルバム「It’s Christmas All Over」。

前作「Miracle Pill」から1年1カ月。予定していたアルバムに伴うツアーが中止となるなかでバンドが選択したのは、初のクリスマス・アルバム。

シングルでは今作にも収録された「Better Days」をリリースしていますが、今までアルバムが出ていなかったのは、盲点だったかもしれません。

まるでホームパーティーというような、優しい音が聞けます。

It’s Christmas All Over 収録曲概要

「It’s Christmas All Over」収録曲は以下の通り。

  1. Christmas All Over Again
  2. Shake Hands with Santa Claus
  3. This Is Christmas
  4. Christmas Don’t Be Late
  5. Better Days
  6. You Ain’t Getting Nothin’
  7. Let It Snow
  8. Have Yourself a Merry Little Christmas
  9. Hark! The Herald Angels Sing
  10. The Christmas Party (Feat. The Union Square 5)

2曲のオリジナルも含まれますが、その多くはクリスマス・ソングの定番と言われるもの。奇を狙わずに表現するというのが、グー・グー・ドールズらしい形。

逆にそこが面白くないという人もいるかもですが、これはオリジナルではなくクリスマス・アルバム。表現するものが通常とは異なります。

単純に雰囲気、BGMとして楽しむのが一番な聞き方ではないでしょうか。

Christmas All Over Again

1992年リリース「A Very Special Christmas 」に収録「Christmas All Over Again」。(1曲目)

バンドサウンドで、アルバムの中で一番に通常のグー・グー・ドールズに近い形。曲のテーマもですが、だからこそオープニングになったのかも…。

Merry Christmas time come and find you happy
And there by the fire

「メリー・クリスマスが来て、あなたが幸せを見つける。そして火の側に」。これから幸せがくるなんて言われたら、楽しくなっちゃいますよね。

暖かい暖炉の火の側で、さらに思いは幸せに。日本でもペンションなどに泊まりに行くと見ることがありますが、冬は特に暖炉には憧れちゃいます。

アルバムのつかみとして、十分過ぎるハッピーなクリスマス・ソングです。

This Is Christmas

今の世界的な状況だからこその、思いが込められたクリスマス・ソング。「This Is Christmas」。(3曲目)

歌い方もですが、歌詞がとても優しい。「This is Christmas =これはクリスマス」。 悲観的にはならずに、こう時もあるだよと言っているかのようです。

Sing with me softly my dear
‘Cause it’s all I can give you this year

「愛しいあなた。一緒に歌おう。今年あなたにしてあげられるのはそれだけだから」。多くの人と集まることはできないから、せめてという思いでしょうか。

クリスマス・ソングの名曲が集まるアルバムの中で、しっかりとバンドの色をだし、印象的な歌を聞かせてくれる。やっぱりいいバンドです。

Better Days

大きくアレンジを変えた「Better Days」。(5曲目)

シングル、8枚目「Let Love In」にも収録されていますが、オリジナルを知っている人ほど驚くであろう曲。その理由は、歌っているのが子どもだから。

上のMVはオリジナルのものですが、その違いにビックリすると思います。自分も曲名までは覚えていなかったので、聞いていて「あれ? 」となりましたよ。

‘Cause tonight’s the night the world begins again

「世界が再び始まるのは今夜だから」。同じ言葉であっても、深みというか重みが変わるのが興味深く聞こえました。最後まで子どもの歌声の単独なので…。

見方を変えると、アルバムのハイライトといっていいかもしれません。

Let It Snow

1945年リリースの定番クリスマス・ソング「Let It Snow」。(7曲目)

Let it snow, let it snow, let it snow

「雪を降らせて、雪を降らせて、雪を降らせて」。クリスマスというと雪のイメージが強いですから、復唱するのも含め、いつ聞いても印象に残ります。

雪を降らせてというのは、街が白く染まり外に出れない状態ならば、あなたと一緒にいられるから。今この時だけはというのと、愛情の深さが伝わってきます。

クリスマスの時期になるとよく耳にする曲ですが、気持ちが優しくていいですね。

The Christmas Party (Feat. The Union Square 5)

インストゥルメンタル「The Christmas Party (Feat. The Union Square 5)」。(10曲目)

聞けば誰も知っているであろう、クリスマス・ソング。ジャズのアレンジが追加され、これからパーティーが始まるよという感じを強めています。

インストバンドであればまだしも、グー・グー・ドールズが歌無しの曲を最後に持ってきたというのは、これまた興味深い選択。

最後の曲であっても、また最初に戻って聞いてねの思いも含まれているかも…。

あとがき

ジョン・レズニックの歌声が、いつもに増して優しいアルバム。刺激的な音ではないですが、聞いていると心が休まるような内容です。

また、違法アップロード対策だと思いますが、アルバムの全ての曲がオフィシャルとしてアップロード。背景の暖炉の火が、また心を安らげてくれます。

がっつり聞くというよりも、なにかしながらBGMというのがぴったりなアルバム。この時期だからこその、優しさを聞いてみるのもやっぱりいいものですよ。

 

以上、『Goo Goo Dolls:It’s Christmas All Over ~ゆったりと楽しい時間を~』でした。


『Goo Goo Dolls』をApple Musicで

Goo Goo Dolls 関連記事

2019/9/13 release 12th Album
Goo Goo Dolls:Miracle Pill ~気持ちを安らげる特効薬がここにある~

2020/10/30 release Christmas Album
Goo Goo Dolls:It’s Christmas All Over ~ゆったりと楽しい時間を~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント