ゴールデンボンバー:ガガガガガガガ ~君を守るためにいるヒーロー~

ゴールデンボンバー:ガガガガガガガ 邦楽レビュー

ゴールデンボンバーの22枚目のシングルである「ガガガガガガガ」。

鬼龍院翔がボーカルを務めるシングルとしては約2年ぶりだったり、次作となる「令和(※当時タイトル未定)」のリリースが発表されたシングルです。

まだ発表されていない年号を曲名にしたシングルをリリースするというのも話題になりましたが、このシングル自体もとても面白い内容になっています。

さらっと聞くのと、しっかりと聞くのでは違いが出てくる2曲ですよ。

戦いは自分でなく誰かのために

「ガガガガガガガ」の収録曲は以下の通りです。

  1. ガガガガガガガ
  2. こんにちは孤独
  3. ガガガガガガガ(オリジナル・カラオケ)
  4. こんにちは孤独(オリジナル・カラオケ)

2曲とも少し前の戦隊モノの曲として違和感なくはまりそうな曲です。1曲ではなく、収録されている2曲ともというのが、より面白みが増すシングルです。

こういう形でリリースができて成立するのは、このバンドならではでしょうね。

弱さが強さにもなる

シングルのタイトル曲というだけでなく、NHK総合ドラマ10「トクサツガガガ」の主題歌でもある、「ガガガガガガガ」。

強くありたいと考えていても、言い訳ばかりしてしまう弱いヒーロー。弱くても仲間がいれば強くなれるよね? と、成長の過程のヒーローが面白いです。

曲を聞いているだけでは強いヒーローにはなれていませんが、MVの中では力を合わせて、少しだけ強いヒーローになれているのもポイントです。

MVがとても重要なので、聞くだけではなくぜひ見て欲しいですね。時間つぶしのためだけに見に来ていた女の子が、最後は夢中になっているという。

見ていて少し、感動さえしてしまうMVになっていますよ。本来敵である樽美酒研二だけでなく、AV男優の吉村卓を敵にしてしまうのは、さすがかなと。

ギターがカッコいいフレーズが多いので、ギタリストは参考になる曲です。

立ち向かって前に進め

「ガガガガガガガ」と同様に戦隊物の曲である「こんにちは孤独」。

2012年のワンマンライブで「精力戦隊オサセンジャー」のテーマーソングとして制作された曲の、初音源化です。この曲が既存の曲というのが面白いです。

ライブで曲を演奏(?)するだけでなく、演劇なども混ぜるゴールデンボンバーだからこそ戦隊物の曲があるという。ちゃんと作っているといるのがスゴイです。

1曲では色物になってしまうから、「ガガガガガガガ」は絶妙な収録のポイントになったんでしょうね。収録する機会がくる時を待っていた曲です。

歌詞を見ていて若干???という部分はありますが、ヒーローとは孤独な存在であるのが、よく現れています。少し古くいなたい感じが絶妙な曲ですよ。

ガガガガガガガ あとがき

キリショーとして「鬼龍院翔 from ゴールデンボンバー」名義で仮面ライダーウィザードの主題歌「Life is SHOW TIME」を歌っていますが、全く別ですね。

「Life is SHOW TIME」にはカッコよさしかなかったですが、このシングルの2曲にはゴールデンボンバー流のエッセンスが入っています。

歌を歌う人、編曲は同じであっても、作詞作曲が異なると同じヒーロのための曲でも、異なった曲になるというのは興味深く感じました。

ゴールデンボンバーは、どの音源も聞いていてやっぱり面白いです。

 

以上、『ゴールデンボンバー:ガガガガガガガ ~君を守るためにいるヒーロー~』という記録でした。

ゴールデンボンバー 関連記録

2018/9/1 release 21th Single
ゴールデンボンバー : タツオ・・・嫁を俺にくれ ~樽美酒 研二ここにあり! ~

2019/4/1 release 23rd Single
ゴールデンボンバー : 令和 ~悔いが残らない未来のために~

2019/5/15 release Delivery limited single
ゴールデンボンバー:ぼくの世界を守って ~君のために僕は歌う~

2019/7/22 release Delivery limited single
ゴールデンボンバー:LINEのBGMにしてるとモテる曲 ~実際にどうかはあなた次第~

2019/8/9 release Delivery limited single
ゴールデンボンバー:振動 ~もう届かない僕の歌声~

コメント