ゴールデンボンバー:暴れ曲 ~この思いを叫ばずにはいられない~

ゴールデンボンバー:暴れ曲邦楽レビュー

ゴールデンボンバー 配信限定のシングルである「暴れ曲」。

21枚目のシングル「タツオ・・・嫁を俺にくれ」が18年9月1日のリリースの興奮冷めやぬなか、9月13日に配信が開始された楽曲です。

樽美酒研二のがボーカルをとる「タツオ・・・嫁を俺にくれ」の内容が十分衝撃であったのに、この曲でさらに衝撃を与えてくれました。

鉄は熱いうちに打てと昔からいいますが、ガチの熱過ぎる曲となっています。

暴れずにはいられない

暴れ曲というシンプルかつこの上ない曲名が、またいい感じです。

曲だけでなく特徴ある曲名が多いゴールデンボンバーですけれど、ありそうであまりなかったこの曲名には、やられたと思ったバンドマンも多いはず…。

特徴的であればあるほど、二番煎じになります。特に同ジャンルの音楽であればあるほど、後から同じ曲名を付けたいと思ってもできないです。

キリショーはこの曲の内容だけでなく、曲名の目の付け所もさすがといえます。

暴れ曲

ゴールデンボンバーの曲の中で最速といっていいい「暴れ曲

デスボイスが入っているというのも、この曲の特徴です。今は以前より少なくなりましたが、サビを除いてデスボイスというのはモダンメタルのはやりでした。

海外のバンドがサビがクリーンボイス、その他がデスボイスの曲をしたのが始まりだと思いますが、カッコいいんですよね。インパクトがありますし。

暴れ曲は海外の方式そのままではなく、ビジュアル系の要素が入っているところが聞いていて面白く感じます。はやりは取り入れつつ、少し異なるという。

歌詞も暴れるには理由があるということで、歪んだ世界では心も落ちてしまうし、せめてライブで思いっきり叫んで暴れてくれというのがカッコいいです。

楽しい曲や聞かせる曲だけでなく、発散する曲も提示してくれるはさすがですよね。こうやったら楽しいよ! とメンバー自ら提示してくれるMVは面白い!

この曲はライブでバンギャの皆さんも大喜びでしょうし、会場にいるファンの全員が頭を振り乱す姿なんて、絶対的に楽しくないわけがありません。

演奏もかなりカッコよくて、ギターを弾くならコピーしたくなる曲です。

あとがき

ゴールデンボンバー、特に楽曲に対してはキリショーですが、自分の今聞かせたい曲だけでなく、ファンが求めているものもわかっているのがいいですね。

こんなのどうですか? ではなく、こんなのもあるよ! という曲の提示の仕方もにくいです。出し惜しみをしないというのも、さらにいい感じですね。

この「暴れ曲」は、急にふと思い出したように聞きたくなる曲です。気持ちがむしゃくしゃしている時に聞くと、少し気持ちが晴れますよ。

 

以上、『ゴールデンボンバー:暴れ曲 ~この思いを叫ばずにはいられない~』でした。

ゴールデンボンバー 関連記事

2018/1/31 release 3rd Original Album
ゴールデンボンバー:キラーチューンしかねえよ ~だから聞いてくれ! ~

2018/9/1 release 21th Single
ゴールデンボンバー : タツオ・・・嫁を俺にくれ ~樽美酒 研二ここにあり! ~

2018/9/13 release Delivery limited single
ゴールデンボンバー:暴れ曲 ~この思いを叫ばずにはいられない~ ←今ココ

2019/2/20 release 22nd Single
ゴールデンボンバー:ガガガガガガガ ~君を守るためにいるヒーロー~

2019/4/1 release 23rd Single
ゴールデンボンバー : 令和 ~悔いが残らない未来のために~

2019/5/15 release Delivery limited single
ゴールデンボンバー:ぼくの世界を守って ~君のために僕は歌う~

2019/7/22 release Delivery limited single
ゴールデンボンバー:LINEのBGMにしてるとモテる曲 ~実際にどうかはあなた次第~

2019/8/9 release Delivery limited single
ゴールデンボンバー:振動 ~もう届かない僕の歌声~

2019/10/19 release Delivery limited single
ゴールデンボンバー:首が痛い ~中も外も全身が満身創痍なんだよ~

2019/11/4 release Delivery limited single
ゴールデンボンバー:かまってちょうだい/// ~上手下手にセンターも! ~

コメント