GLAY:G4・2020 ~止まることなく新たな章が始まった~

GLAY:G4・2020邦楽レビュー
邦楽レビュー

GLAY (グレイ) 58枚目のシングル「G4・2020」。

16枚目のアルバム「NO DEMOCRACY」から、区切りのベスト・アルバム「REVIEW II -BEST OF GLAY-」を挟み、新たなる章の始まりとなる1枚。

タイトルにもあるように、4人での今の音という内容。止まるということを知らない、GLAYならでのロックが聞けますよ。

G4・2020 収録曲概要

「G4・2020」収録曲は以下の通り。

  1. ROCK ACADEMIA
  2. DOPE
  3. 流星のHowl
  4. Into the Wild ~密~
  5. Into the Wild(☆Taku Takahashi Remix)
  6. Into the Wild (80KIDZ Remix)
  7. Into the Wild(BUNNY Remix)

目を引くのは4〜7曲目までの「Into the Wild」。ベスト・アルバム「REVIEW II -BEST OF GLAY-」に収録された曲の、リミックス・バージョン。

単にメンバーそれぞれの曲だけでないのは、面白い形。アルバムではない、シングルだからこそ表現ができる形を、メンバーが楽しんでやっているかのよう。

もともとの原曲が向いているというのもありますが、どれも面白い!  リミックスのインパクトも大きいですが、最初の3曲があるからこそ遊べたのでしょうね。

リミックスは本筋ではなくても、新しい章に入ったGLAYは面白くなるのを予感させます。遊び心のあるロックバンドは、間違いなく状態がいいですから…。

ROCK ACADEMIA

ありそうであまりない曲名からして面白い「ROCK ACADEMIA」。(1曲目)

ロックは音楽ジャンルの中でも幅がめちゃくちゃ広いのに、狭めてしまっているバンドも多くいる。そこを「もっと弾けていいんじゃね?」の思いの曲かなと。

バンドでなくても、自分に制限をかけている人へのメッセージにも聞こえます。

マイウウェイエイエイのフューチャー
人生えいえい向こうへ
ロックよ 静かに流れよ

歌詞で見るとなるほどですが、聞いただけでは「なんだこれ?」 の部分。「型にハマるな! 自分が楽しめよ!」と先生が教えてくれているかのよう。

俺たちはもっといくぜ!と、楽しい曲。なんとなく聞いたことのあるような感じや、特徴的な上モノの音使いは、ロックにタブーはないと表現してるのかも。

音源で聞いていてワクワクするのですから、ライブではもっと楽しい曲になりそうです。

DOPE

ロックンロールナンバー「DOPE」。(2曲目)

演奏が面白い曲。もっとシンプルにすることもできたと思いますが、ブレイク部分を各パートで作ることで、楽しんでやろうというのが伝わってきます。

秘密のロックンロールの宴
まやかしさ

「DOPE = 麻薬、まぬけ」なんて意味がありますが、どっちとも取れるのが面白い。ロックンロールなんて楽しんでこそ! と言っているかのよう。

比喩ひゆの表現ですけれど、つまんなかったらロックじゃないですよね。一聴で弾けばさらに楽しいだろうなと浮かぶ曲は、思わずコピーしたくなってしまいます。

流星のHowl

アニメ「ダイヤのA act Ⅱ」第3期オープニングテーマ「流星のHowl」。(3曲目)

TERU 作曲、TAKURO 作詞という珍しい組み合わせ。TERUがダイヤのAの歌詞を書くと必ず「青空」が出てくるということで、TAKUROに依頼したとか。

作成のエピソードを聞くと、より興味深くなる曲。バンド形態のロックなんですけれど、本人が語っているようにEDM風になっているのも面白い。

いつか自分を誇れるまでは
祈り続けるよ Diamond days

勝利をつかんでいるのではなく、負けを知っているからの言葉。敗者目線ということですが、特に「祈り続けるよ」は、勝つことを欲していそうです。

ドラムが正規メンバーがだったらやりづらい曲を、GLAYならできる。はねているリズム以上に、じわじわと面白さが増えていく人が多そうです。

Into the Wild ~密~

「REVIEW II -BEST OF GLAY-」に収録された新曲のリミックスバージョン「Into the Wild ~密~」。(4曲目)

他のリミックスの変化とは異なり、サブタイトル通りにギュッとした仕上がり。オリジナルをブラッシュアップしたというのが、適切なのかも。

Into the wild
This is my way

「野生の中へ。これが俺のやり方」。曲調もですが、それぞれの「my = 自分」があるからこそ、リミックスという形が複数で生まれたのかもですね。

MVでHISASHIがSTEINBERGERのGM-7TA(多分あってる)を弾いていますが、元祖ヘッドレスギターといえるサイバーな感じが、すごく似合っています。

最近は弾く人をあまり見なくなったからこそインパクトがあって、カッコいい!

あとがき

リミックスを含め、通して楽しい内容。今ニュースを見ていても暗いし、出かけるのもおっくうになってしまうからこそ、楽しさを表現しているのかもですね。

音楽くらい、特にロックを聞くなら楽しもうぜ! と。演奏、歌のどちらも聞いていても感じる内容。今のGLAYは想像以上に、いい状態なのかも。

今はライブができない、もしくはやりずらい状況ですが、できるとなった時のスタートダッシュはとんでもないことになりそうです。

この全体を通しての楽しさは、どんよりとした気持ちになっている人に聞くのをオススメします。きっとちょっと立ち上がろうかな?と思わせてくれるはず。

自分も聞いていて、とても楽しかったです。ロックはやっぱりいいですね。

 

以上、『GLAY:G4・2020 ~止まることなく新たな章が始まった~』でした。


『GLAY』をApple Musicで

GLAY 関連記事

1994/5/25 release 1st Album
GLAY:灰とダイヤモンド ~原石はまばゆい輝きを解き放つ~

2019/6/7 release 57th Single
GLAY:G4・V-Democracy 2019- ~25周年の今も当たり前の現役~

2019/10/2 release 16th Album
GLAY:NO DEMOCRACY ~その行動、自分本位ではないかい? ~

2020/8/12 release 58th Single
GLAY:G4・2020 ~止まることなく新たな章が始まった~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント