GLAY:BAD APPLE ~あなたは今この時をどう受け止めて行動する?~

GLAY:BAD APPLE邦楽レビュー
邦楽レビュー

GLAY (グレイ) 59枚目のシングル「BAD APPLE」。

前作「BETTY BLUE」から19日。17枚目のアルバム「FREEDOM ONLY」に向け、5カ月連続配信リリース中の第4弾で、CD盤としても発売される1枚。

アルバム未収録のカップリングを含め、聴き応えのあるシングルです。

BAD APPLE 収録曲概要

「BAD APPLE」収録曲は以下の通り。

  1. BAD APPLE
  2. SHINING MAN
  3. シューゲイザー(Gray Crow Mix)
  4. 妄想コレクター(HSMS Reconstruct Ver.)
  5. Angelus(3Xdecade Boost Mix)

タイトル曲「BAD APPLE」はアルバムに収録されますが、カップリングの4曲はこのシングルだけのもの。また、ライブ音源をMIXした3曲も面白いです。

「シューゲイザー」はHISASHI作で、藍井エイルのベスト盤「BEST -A-」収録の提供曲。「妄想コレクター」は13枚目のアルバム「MUSIC LIFE」収録曲。

加えて「Angelus」はインディーズ時代の曲。しかも上京後すぐにリリースされたデモテープ「Angelus Bell」収録曲だとか…。すごく面白いことをしますね。

音源としてだけでなく盤として欲しくなってしまう形は、うまい戦略でしょう。

またアルバムもですが、ジャケットはKing Gnumillennium paradeの頭脳 常田大希が主宰するクリエイティブチーム「PERIMETRON」が担当しています。

「BAD APPLE」のアレンジも「Tomi Yo」が行っていますし、何がなんでも自分たちでという変なこだわりをしないのは、大人の余裕さえも感じさせます。

BAD APPLE

目の前にあるのは「BAD APPLE」。(1曲目)

バンド編成でありながら、ロックではなく歌謡曲に近い表現。TERUの歌い方も強くなり過ぎないようになっていて、興味深い表現を聞かせてくれます。

決して祈りは捧げない 今宵の月を見上げるだけ
落ちた林檎が見た夢はとても細やかな幸せだった

いろいろな受け取り方ができる部分。聞いた人の選択の要素を残しているのが、面白く感じてしまいます。特に祈りはしないけれど、月を見上げる部分。

今よりもいい形になりたいからこそ、上(未来)を見る(想像)するのかなと。

タイトルもどういうことかなと思っていましたが、なるほどねという感じです。

「もういいかい?」「まぁだだよ」
それは異人たちとのかくれんぼ

今が最終の終わりではなく、準備をしている途中。最悪だなと思っていることも、異人とのゲームの途中だと思えば、つらいものではなくなるかもです。

「終わりよければ全てよし」なんて言葉もありますが、途中経過も完璧なんてことはあまりないですから…。少しづつでも改善ができていけばいいのかなと。

I’ll be…there for you

「あなたのためにそこにいる」。未来のことなんて誰にも分からないけれど、僕はあなたの隣にいるよと。これはいろいろ経験した大人の男性の強さでしょう。

落ちてくる林檎(運命)をどう扱ったり、思うかは人それぞれ。同じことでも最低だと感じる人も、それをバネとして変えて行こうと考える人もいる。

自分次第で変わる部分もあるのだからこそ、「BAD APPLE」で描かれている世界は思っている以上に大きそうです。良い悪いなんて紙一重ですから…。

SHINING MAN

今を乗り越えるための「SHINING MAN」。(2曲目)

現在の状況があるからこそであろう曲。悲劇を悲しむのではなく、だからこそ乗り越えちゃおうぜ! の思いと行動は、ロックだからこそその表現が似合います。

SHINING MAN 飢餓の海を渡れ 泳げ 泳げ 泳ぎきれ
Believe in yourself 息継ぎが苦しくても

苦しいなんてことはみんな分かってる。だからこそ全てを人任せにしてしまったり、批判など文句だけを言っていても気分がモヤモヤになるだけ。

限られる中でもできることをしようよ! というのは、誰にとっても必要なことではないでしょうか。不可能なことをしましょうではないですから。

位置について
よーい、ドン

大人になると、あまり聞かなくなる言葉。それでも聞いたら、よいしょっ! となるのは、自然に何か行動をするための背中を押してくれるような言葉です。

待っているだけで輝くなんてことはないですから、行動をしてこそかなと。

また、本来はアルバムにこの曲ともう1曲収録予定だったそうですが、長すぎるとしてなくなったそう。現時点では分かりませんが、恐らく良い判断でしょう。

音楽の聞き方が配信がメインになってきた現在。単曲の重要性がより増してきていますし、長いアルバムはよっぽどのことでないと聞かれないですから…。

Angelus(3Xdecade Boost Mix)

今ここに蘇る「Angelus(3Xdecade Boost Mix)」。(3曲目)

インディーズ時代と言っても、JIRO加入前の音源。すごいのを引っ張り出してきたなと。それでも聞いてGLAYと分かる楽曲は、初期から変わらずです。

自分がGLAYの存在を知ったのはCry-Max Pleasure収録「KISSIN’NOISE」。わりと早い方だと思いますが、この曲はちょっと知りませんでした。

Please kill me
Always stay with me

「俺を殺してくれ。いつも一緒にいて欲しい」。物体としての存在は無くなったとしても、思いとしてあなたのそばにいさせて欲しいという感じかなと。

今のGLAYだったら使わないであろう表現が、興味深く感じます。

だから今は 眠らせてくれ
痛みが 消えるまで
罪の意識が 消えるまで…

ビジュアル系の要素を感じさせます。これが「Angelus = お告げの祈り」の核心部分だと思いますが、嫌いじゃないというか寧ろ好きな表現です。

自分が通ってきているというのもありますけれど、「灰とダイヤモンド」までのインディーズ時代の曲限定ライブとかあったら見てみたいですね。

個人的に今回のシングルで一番目玉曲だと思いと同時に、好きです。

あとがき

配信のみでなく、盤としても発売されるシングル。聞く前は面白いことをするなと思っていましたが、聞いてみると納得してしまうものがあります。

実に所有欲の出てしまう内容だと感じます。CDなので個人的には手を出さないでおきますけれど、LPだったら間違いなく買ってしまったことでしょう。

来月にももう1曲配信リリース。「and more…」となっているのでどの曲になるかは不明ですが、アルバム前最後の配信シングルも楽しみです。

ちなみ最初は「and more…」って曲かなと思ってました…。今の状況でも動くことを止めない選択をしたGLAY。表現する音がすごく面白いです。

 

以上、『GLAY:BAD APPLE ~あなたは今この時をどう受け止めて行動する?~』でした。


Amazon【GLAY】関連商品

GLAY 関連記事

1994/5/25 release 1st Album
GLAY:灰とダイヤモンド ~原石はまばゆい輝きを解き放つ~

2019/6/7 release 57th Single
GLAY:G4・V-Democracy 2019- ~25周年の今も当たり前の現役~

2019/10/2 release 16th Album
GLAY:NO DEMOCRACY ~その行動、自分本位ではないかい? ~

2020/8/12 release 58th Single
GLAY:G4・2020 ~止まることなく新たな章が始まった~

2021/5/21 release Digital Single
GLAY:FRIED GREEN TOMATOES ~僕たちが譲れないモノ~

2021/6/25 release Digital Single
GLAY:青春は残酷だ ~永遠にこの頭の中に残るのだから…~

2021/7/30 release Digital Single
GLAY:BETTY BLUE ~今も忘れられないあなたとの恋~

2021/8/18 release 59th Single
GLAY:BAD APPLE ~あなたは今この時をどう受け止めて行動する? ~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

コメント