ギヴン:gift ~僕らの音を記録した君へのプレゼント~

ギヴン:gift邦楽レビュー
邦楽レビュー

ギヴン 1枚目のミニ・アルバム「gift」。

表記は英単語に変わりますが、劇中に登場するバンド「given」の曲をまとめたもの。音が重要となるアニメでしたので、出るべくしてリリースされた音源。

ギブンは今までにもあったバンドだけでなく、ボーイズラブも描いた作品。少し特殊な世界だからこその、切ない思いも詰まった歌が聞けます。

gift 収録曲概要

「gift」収録曲は以下の通り。

  1. 夜が明ける
  2. へたくそ
  3. ステージから君に捧ぐ
  4. 冬のはなし
  5. まるつけ
  6. 夜が明ける -Instrumental-
  7. へたくそ -Instrumental-
  8. ステージから君に捧ぐ -Instrumental-

昨年両A面シングルとしてリリースされた4、5曲目に前の3曲が追加された形。経緯だけ見ると味気なさを感じるかもですが、とてもうまくはまっています。

また、5曲で20分というのは多くの場合、MCを含めて対バンの持ち時間に収まる形。ギヴンの世界を忠実に表現するという意味でもぴったり!

意図があるかは別として、この形になるためだったというような内容。リリース前に先行で1曲づつ配信されましたが、まとまることでより強力に聞こえます。

夜が明ける

「映画 ギヴン」劇中歌「夜が明ける」。(1曲目)

自分の意思とは関係なく時間は進み、開けていく夜。明日がくるのは未来でもあるのに、寂しさが伴う曲。変えたい思いも聞けるのが、逆に切なくも感じます。

まだ誰も叶うか分からぬ願いを
人は希望と呼ぶ

確かにという感じ。そでも希望があるからこそ、人は強くなれるのも事実。毎日夜は開けていくのだから、たまにはいつもと違う日があってもと感じさせます。

「夜が開けた」ではなく、「夜は明ける」。結果としては同じことであってもその思いは異なるというのが、興味深く感じました。

ミニ・アルバムの1曲目として、聞いた人のつかみはバッチリです。

へたくそ

タイトルからして目を引く「へたくそ」。(2曲目)

思うように素直になれない心を表現した曲。誰かに言われるのではなく、自分で「下手くそ」と表現するのが面白い! また、悲観した思いではないのもポイント!

いつも僕は下手くそ
きっと君も下手くそ
どうせ僕ら下手くそだろ

自分だけじゃない。「君もきっとそうだろ?」というのが、救いというよりも喜びなんじゃないでしょうか。曲名からしてですが、面白い表現方法です。

ライブ映えもしそうですし、学園祭とかでコピーして披露しても面白いかも…。

ステージから君に捧ぐ

スタッカートが印象的な「ステージから君に捧ぐ」。(3曲目)

がっつりと音を切ってくるので、最初に聞いた時にインパクトを残す曲。ステージは特別な場所。だからこそ、捧げられることがあるという感じでしょうか。

飲み込んでは 溜め込むぐちゃぐちゃも
リズムに乗せて今君に投げつける

思いを投げつけるだけでなく、君の過ごした日々の話しを聞かせてと続くのが興味深い。誰でもない、君にだけは届いてほしい思いと、受け止めたい感情。

死んでしまったES330の前の持ち主 由紀への思いかなと。もう会えないのだけど、ステージという特別な場所からなら、声が届くよね? という感じです。

ストーリーを知っているからこそ情景が想像でき、ギュッとした思いを感じる曲。このミニ・アルバムを聞いて気になった人は、アニメも見てほしいです。

また、音をがっつりと切らないと全く違う形になるので、個人でのミュート練習。音がうまくまとまらないバンドは、練習曲に向いていますよ。

冬のはなし

テレビアニメ「ギヴン」劇中歌「冬のはなし」。(4曲目)

アニメのライブシーンで、重要な位置をしめた曲。歌詞もできず、インストゥルメンタルになることろでしたが、ステージ上で最後まで歌いきったうた

演奏後に真冬がステージからはけ、上ノ山との口づけは衝撃的でした。正直いえばインストになるような曲ではないですが、そこは見ないのがいいんです。

離れた誰かと誰かがいたこと
ただそれだけのはなし

歌ってはいるけれど”ただ”ではない思い。それでも過去を引きずるのをやめて乗り越えるのは、未来を見るために必要なこと。複雑な思いが絡みあった曲。

今と形は変わるけれど、永遠に心の中で生きるという思いに救われます。普通の人からしたら特殊な恋も、純粋な思いであるのは変わりませんでした。

また、曲終わりにアンプからのノイズをボリュームを絞って消すのが1つの終わりであり、新しい恋の始まりを感じさせます。ノイズのうまい表現方法。

感情がのった歌声は、当事者でなくても情景が浮かんでくるかのようです。

まるつけ

テレビアニメ「ギヴン」エンディング・テーマ「まるつけ」。(5曲目)

センチミリメンタル 1枚目のシングル「キヅアト」のカップリングでは温詞ボーカル、ピアノ演奏アレンジに対して、こちらはバンドの音。

同じ曲であっても、異なる感覚で聞けるのもポイント! 変化が興味深いです。

僕らはどうかな 上手いこと
「恋愛」出来てるかな

自分の思いだけでなく、確認したいのが恋ですね。アニメを見ているのも影響しているでしょうけれど、歌詞の重要となる部分が異なって聞こえるのも面白い。

「。 = まるつけ」。これからも続いていくかもしれませんが、文章でいえば一区切りとなる場面。いろいろな想像をできる部分がある、いいタイトルです。

あとがき

バンド givenのボーカル兼ギター 佐藤真冬役の声優「矢野奨吾」。歌声が大きく揺れるのですが、そこがまたメッセージの強い感情を表現しています。

女性だとRoseliaPoppin’Partyなど、リアルバンドの注目度も高いアニメ音楽。男性もいますが、givenがガチで存在できたら突出したものになりそう…。

アニメだからこその良さというのもありますが、リアルgivenの存在も期待したくなってしまうミニ・アルバムの出来でした。

また、映画館は滅多めったに行かないのですが、「映画 ギヴン」が気になります。今が出かけやすい状況ならば別ですが、これは迷いどころですね。

とはいえ、もっぱら自宅のテレビで見る人が、映画館に行くことを検討してしまう内容の1枚。普段はアニメを敬遠する人にも、聞くのをオススメします。

 

以上、『ギヴン:gift ~僕らの音を記録した君へのプレゼント~』でした。


『ギヴン』をApple Musicで

ギヴン 関連記事

2020/8/26 release 1st Mini Album
ギヴン:gift ~僕らの音を記録した君へのプレゼント~ ←今ココ

2019/9/11 release 1st Single
センチミリメンタル:キヅアト ~僕の全てに君が残っている~

2020/8/26 release 2nd Single
センチミリメンタル:僕らだけの主題歌 ~思いはここに残していくから…~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント