【dカーシェア】

【2021年2月音楽レビュー】25アーティスト:34枚 + まとめ記事

【2021年2月音楽レビュー】時事 & まとめ
時事 & まとめ

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」をご覧いただき、ありがとうございます。

今記事は一月ごとのレビューのまとめ。今回は21年2月に新規投稿を行った、34記事分。どんな追加更新がされてきたのか、是非ご覧ください。

2021年2月音楽レビュー

振り返りのまとめ記事を先頭に、その他個別のレビュー記事はアーティスト名の五十音順で紹介していきます。

まとめ記事

先月の振り返り「【2021年1月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2」。

1月に新規投稿を行った、22アーティスト:32枚、振り返り x2についてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください🙇‍♂️

【2021年1月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2
絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。21年1月に新規投稿を行った、22アーティスト:32枚、振り返り x2についてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

逢田梨香子

逢田梨香子 (あいだ りかこ) 2枚目のEP「フィクション」。

フィクションのタイトル通り、演じるかのように1曲1曲で異なる楽曲の世界観を表現したという今作。彼女の底知れぬバリエーションの広さが聞けます。

表現の面白さだけでなく、ソロ活動の転機となる1枚になるかも? ✨

逢田梨香子:フィクション ~それぞれで異なる4つの表現~
フィクションのタイトル通り、演じるかのように1曲1曲で異なる楽曲の世界観を表現したという今作。彼女の底知れぬバリエーションの広さが聞けます。表現の面白さだけでなく、ソロ活動の転機となる1枚になるかも?

あいみょん

あいみょん 配信シングル 配信シングル「桜が降る夜は」。

友達以上恋人未満の、まだ微妙の関係。この恋が進展する確実性が無いからこその純粋な好きの思いは、うまくいけばいいのに! と思わせます。

しわじわ度が高いので、リピートして聞くといい感じです🌸

あいみょん:桜が降る夜は ~思い浮かべることはただ1つだけ~
友達以上恋人未満の、まだ微妙の関係。この恋が進展する確実性が無いからこその純粋な好きの思いは、うまくいけばいいのに! と思わせます。しわじわ度が高いので、リピートして聞くといい感じです。

Ashnikko x8

① Ashnikko (アシュニコ) 1枚目のEP「Sass Pancakes」。

Raf Rileyと共同名義での、始まりの1枚。ジャケットやタイトルが変わっていますが、その中身も面白い表現。現在が突然変異でなかったと、分かります。

収録された4曲につながりがある世界が、聞くほどに興味深いEPです👽

Ashnikko:Sass Pancakes ~でも、この姿が今の私よ~
Raf Rileyと共同名義での、始まりの1枚。ジャケットやタイトルが変わっていますが、その中身も面白い表現。現在が突然変異でなかったと、分かります。収録された4曲につながりがある世界が、聞くほどに興味深いEPです。

② Ashnikko (アシュニコ) 配信シングル「Halloweenie」。

現在3年連続リリースされている、ハロウィン・ソングの第一弾。もともとが不思議な存在である彼女の独自性がプラスされ、さらに深さがある表現へ。

つい繰り返して聞いてしまう、面白さがあります🎃

Ashnikko:Halloweenie ~あなたが欲しいのは何か分かってる~
現在3年連続リリースされている、ハロウィン・ソングの第一弾。もともとが不思議な存在である彼女の独自性がプラスされ、さらに深さがある表現へ。つい繰り返して聞いてしまう、面白さがあります。

③ Ashnikko (アシュニコ) 2枚目のEP「Unlikeable」。

単独名義での始まりの1枚。変わった名前とぶっ飛んだビジュアルが特徴的ですが、表現するその音楽も面白いもの。

奇な部分がありながら、クオリティの高い表現が興味深いですよ🐸

Ashnikko:Unlikeable ~表面上だけを見るなんてどういうこと? ~
単独名義での始まりの1枚。変わった名前とぶっ飛んだビジュアルが特徴的ですが、表現するその音楽も面白いもの。奇な部分がありながら、クオリティの高い表現が興味深いですよ。

④ Ashnikko (アシュニコ) 3枚目のEP「Hi, It’s Me」。

前作から8カ月と早いタイミングのリリースでも、大きな変化のある1枚。独自な部分は1、2枚目でも出ていましたが、かなり濃くて芯が強くなりました。

やっていることも面白いので、好きな人はがっつりとハマりますよ🔥

Ashnikko:Hi, It's Me ~あなたはきっと本当の姿を知らない~
前作から8カ月と早いタイミングのリリースでも、大きな変化のある1枚。独自な部分は1、2枚目でも出ていましたが、かなり濃くて芯が強くなりました。やっていることも面白いので、好きな人はがっつりとハマりますよ。

⑤ Ashnikko (アシュニコ) 配信シングル「Halloweenie II: Pumpkin Spice」。

現在3年連続リリースされている、ハロウィン・ソングの第二弾。怪しさに加えて、不気味さが増しているのが大きな特徴です。

構成自体はシンプルですが、大きく出た彼女の色。リアルに面白い!🎃

Ashnikko:Halloweenie II: Pumpkin Spice ~肉の味付けどうしよう~
現在3年連続リリースされている、ハロウィン・ソングの第二弾。怪しさに加えて、不気味さが増しているのが大きな特徴です。構成自体はシンプルですが、大きく出た彼女の色。リアルに面白い!

⑥ Ashnikko (アシュニコ) 配信シングル「Tantrum」。

3枚目のEP「Hi, It’s Me」に続くものですが、アルバム「Demidevil」には収録されない曲。単独のものでありながら、つながりがあるのも興味深い部分。

「Tantrum = かんしゃく」。理解して行う、面白さがあります👽

Ashnikko:Tantrum ~あえての意図して行う自己表現~
3枚目のEP「Hi, It’s Me」に続くものですが、アルバム「Demidevil」には収録されない曲。単独のものでありながら、つながりがあるのも興味深い部分。「Tantrum = かんしゃく」。理解して行う、面白さがあります。

⑦ Ashnikko (アシュニコ) 配信シングル「Halloweenie III: Seven Days」。

現在3年連続リリース中のハロウィン・ソングの第三弾。音はポップでかわいらしいのですが、よくよく聞いてみると一番ぶっ飛び度のある3作目。

アシュニコだからこそ、ハロウィン・ソングは今後も続いくことでしょう🎃

Ashnikko:Halloweenie III: Seven Days ~不思議な7日間の体験~
現在3年連続リリース中のハロウィン・ソングの第三弾。音はポップでかわいらしいのですが、よくよく聞いてみると一番ぶっ飛び度のある3作目。アシュニコだからこそ、ハロウィン・ソングは今後も続いくことでしょう。

⑧ Ashnikko (アシュニコ) 配信シングル「Daisy 2.0 (feat. Hatsune Miku)」。

同じ青い髪の初音ミクをフィーチャリングし、オリジナルと形を変えた曲。基本的な原型は変わっていないのですが、一度でも触れたら面白いなと思う表現。

ボーカロイドの使い方としても、実に興味深い形です👭

Ashnikko:Daisy 2.0 (feat. Hatsune Miku) ~私たちにいらないもの~
同じ青い髪の初音ミクをフィーチャリングし、オリジナルと形を変えた曲。基本的な原型は変わっていないのですが、一度でも触れたら面白いなと思う表現。ボーカロイドの使い方としても、実に興味深い形です。

伊藤美来

伊藤美来 (いとう みく) 3枚目のアルバム「Rhythmic Flavor」。

先行でリリースされたシングルでもイメージとは異なる面を見せていましたが、アルバム全体として、あえてのチャレンジを感じさせる1枚。

既存ファンこそ賛否両論があるかもですが、面白みのある内容です🎶

伊藤美来:Rhythmic Flavor ~誰かじゃない私だけにできること~
先行でリリースされたシングルでもイメージとは異なる面を見せていましたが、アルバム全体として、あえてのチャレンジを感じさせる1枚。既存ファンであるほど賛否両論があるかもですが、面白みのある内容です。

indigo la end

indigo la end (インディゴ ラ エンド) 7枚目のアルバム「夜行秘密」。

満を持してリリースとなった1枚は、なんとも言えない切なさと、バンドサウンドが絡みあった内容。バンドの入り口としても、いい感じです。

シングルありきでない、夜に一人でじっくりと聞くことをオススメします🎧

indigo la end:夜行秘密 ~誰に語らずともふと思いだす出来事~
満を持してリリースとなった1枚は、なんとも言えない切なさと、バンドサウンドが絡みあった内容。バンドの入り口としても、いい感じです。シングルありきでない、夜に一人でじっくりと聞くことをオススメします。

香取慎吾

香取慎吾 (かとり しんご) 配信シングル「Anonymous (feat.WONK)」。

自身が主演ドラマの主題歌。前触れもなくリリースされるのは、「Anonymous = 匿名」と兼ねているようで、その手法が興味深い。

これまでのソロと異なる表現は、怪しさと面白さがあります👽

香取慎吾:Anonymous (feat.WONK) ~名乗らないその理由は? ~
自身が主演ドラマの主題歌。前触れもなくリリースされるのは、「Anonymous = 匿名」と兼ねているようで、その手法が興味深い。これまでのソロと異なる表現は、怪しさと面白さがあります。

楠木ともり

楠木ともり (くすのき ともり) 配信シングル「sketchbook」。

2枚目のEPが春に予定される中で提示された、しっとりとしたバラード。今作はデビュー前にリリースの「スケッチブック」の歌詞とアレンジを変更したもの。

どの目線であるのか想像して聞いてみると、面白みがより増す曲です🌠

楠木ともり:sketchbook ~あなただけが描けるパレット~
2枚目のEPが春に予定される中で提示されたのは、しっとりとしたバラード。今作はデビュー前にリリースの「スケッチブック」の歌詞とアレンジを変更したもの。どの目線であるのか想像して聞いてみると、面白みがより増す曲です。

ClariS

ClariS (クラリス) 22枚目のシングル「Fight!!」。

10周年アニバーサリーベストの2枚「Pink Moon」「Green Star」を経てから続く、新たな始まり。収録された全てが、ポジティブで明るさを持った3曲。

無理矢理感もなく、いい意味でClariS ぽいのがいい感じで背中を押してくれます✨

ClariS:Fight!! ~君と私が同じ道を一緒に進むために~
10周年アニバーサリーベストの2枚「Pink Moon」「Green Star」を経てから続く、新たな始まり。収録された全てが、ポジティブで明るさを持った3曲。無理矢理感もなく、いい意味でClariS ぽいのがいい感じで背中を押してくれます。

Green Day

Green Day (グリーン・デイ) 配信シングル「Here Comes the Shock」。

告知から短期間でリリースされる新曲は、いかにもな”らしさ”のある曲。これがまた期待通りで、カッコいいなという思いとともに、衝撃を与えてくれます。

余計なもの吹き飛ばすこの力強さは、ライブでめちゃくちゃ映えそうです🔊

Green Day:Here Comes the Shock ~思いっきりはじけてしまえ!~
告知から短期間でリリースされる新曲は、いかにもな"らしさ"のある曲。これがまた期待通りで、カッコいいなという思いとともに、衝撃を与えてくれます。余計なもの吹き飛ばすこの力強さは、ライブでめちゃくちゃ映えそうです。

GREY DAZE

GREY DAZE (グレイ・デイズ) EP「Amends…Stripped」。

再構築を行った「Amends」から、5曲をピックアップしてアコースティックアレンジに。単なるバージョン違いと思いきや、意外にも楽しめる内容。

その理由として音の統一感があることで言葉の重みも増し、良さにつながっています🌹

GREY DAZE:Amends...Stripped ~もうこれ以上は剥ぎ取れない~
再構築を行った「Amends」から、5曲をピックアップしてアコースティックアレンジに。単なるバージョン違いと思いきや、意外にも楽しめる内容。その理由として音の統一感があることで言葉の重みも増し、良さにつながっています。

ゴールデンボンバー

ゴールデンボンバー 25枚目のシングル「キスミー」。

通常の形では久しぶりとなる今作は、ガチモードでの表現。ひねくらないシンプルでストレートな音と思いは、ゴールデンボンバーの魅力の1面。

素直にカッコいい! と言えるバンドサウンドが聞けます💋

ゴールデンボンバー:キスミー ~この瞬間だけは誰も邪魔できない~
通常の形では久しぶりとなる今作は、ガチモードでの表現。ひねくらないシンプルでストレートな音と思いは、ゴールデンボンバーの魅力の1面。素直にカッコいい! と言えるバンドサウンドが聞けます。

斉藤朱夏

斉藤朱夏 (さいとう しゅか) 2枚目のシングル「セカイノハテ」。

1枚目のシングル同様、前作のミニ・アルバムから早いタイミングでのリリース。「SUNFLOWER」は無理矢理感がありましたが、修正が入っています。

誰かではない、彼女ならではの歌と表現。やっぱりできる子です🎧

斉藤朱夏 :セカイノハテ ~さあ、一緒に一歩を踏み出していくよ~
1枚目のシングル同様、前作のミニ・アルバムから早いタイミングでのリリース。「SUNFLOWER」は無理矢理感がありましたが、修正が入っています。誰かではない、彼女ならではの歌と表現。やっぱりできる子です。

SIA

SIA (シーア) 9枚目のアルバム「Music – Songs From and Inspired By the Motion Picture」。

待望の新作は、SIA自らが監督を務める映画「Music」のサウンド・トラック。コンセプト・アルバムとも少し異なる、ストーリーが聞いていて興味深い世界観。

聞けば映画を見たくなるような表現も、大きな特徴です🎥

SIA:Music ~この音が小さくとも何かのきっかけになればいい~
待望の新作は、SIA自らが監督を務める映画「Music」のサウンド・トラック。コンセプト・アルバムとも少し異なる、ストーリーが聞いていて興味深い世界観。聞けば映画を見たくなるような表現も、大きな特徴です。

SHISHAMO

SHISHAMO (シシャモ) 配信シングル「君の目も鼻も口も顎も眉も寝ても覚めても超素敵!!!」。

タイトルとジャケットのインパクトが強い、恋する女の子の想いが溢れた曲。歌詞だけを見ると重い気もしますが、音を聞くと印象が異なるのがポイント!

聞こえている以上に演奏の難易度も高いので、学生バンドのコピーもオススメです💌

SHISHAMO:君の目も鼻も口も顎も眉も寝ても覚めても超素敵!!! ~君が好きだよ~
タイトルとジャケットのインパクトが強い、恋する女の子の想いが溢れた曲。歌詞だけを見ると重い気もしますが、音を聞くと印象が異なるのがポイント!聞こえている以上に演奏の難易度も高いので、学生バンドのコピーもオススメです。

Dua Lipa

Dua Lipa (デュア・リパ) 2枚目のアルバムのデラックス盤「Future Nostalgia (The Moonlight Edition)」。

アルバムを通しての面白みは欠けるかもですが、聞き逃すには惜しい8曲が追加されました。変化はちょいちょいありましたが、これが恐らく最終形態。

既存のファンは追加曲。新たに聞く人も十分過ぎる形で楽しめます🌙

Dua Lipa:Future Nostalgia (The Moonlight Edition) ~未来は1つじゃないから~
アルバムを通しての面白みは欠けるかもですが、聞き逃すには惜しい8曲が追加されました。変化はちょいちょいありましたが、これが恐らく最終形態。既存のファンは追加曲。新たに聞く人も十分過ぎる形で楽しめます。

Novelbright

Novelbright (ノーベルブライト) 配信シングル「フェアリーテール」。

2021年始まりは、突き抜けた音と、バンドの意思を表現しているような曲。ロックバンドとしての進化もあり、カッコいいなと感じる人も多いはず。

危うい部分が少なるとともに、どんどんいい感じになってきました💫

Novelbright:フェアリーテール ~夢のままでは終わらせない~
2021年始まりは、突き抜けた音と、バンドの意思を表現しているような曲。ロックバンドとしての進化もあり、カッコいいなと感じる人も多いはず。危うい部分が少なるとともに、どんどんいい感じになってきました。

BAND-MAID

BAND-MAID (バンドメイド) 配信シングル「about Us」。

アルバム「Unseen World」から、わずか15日でサプライリリースされるのは、バンドから全世界のご主人様、お嬢様へ想いの込められた歌。

いままでの感謝とともに、これからも一緒に。BAND-MAID大きなステップを迎えそうです✨

BAND-MAID:about Us ~今までありがとう。そしてこれからも~
アルバム「Unseen World」から、わずか15日でサプライズリリースされるのは、バンドから全世界のご主人様、お嬢様へ想いの込められた歌。いままでの感謝とともに、これからも一緒に。BAND-MAID大きなステップを迎えそうです。

Black Veil Brides

Black Veil Brides (ブラック・ベイル・ブライズ) 1枚目のアルバム「We Stitch These Wounds」。

10周年記念として録り直した「Re-Stitch These Wounds」もリリースされた、バンドの始まりの1枚。演奏を含め危ういけれど、初期衝動の塊のよう。

完全ではないけれど、先に進む光を感じさせてくれる内容です🔥

Black Veil Brides:We Stitch These Wounds ~隠しきれない中身~
10周年記念として録り直した「Re-Stitch These Wounds」もリリースされた、バンドの始まりの1枚。演奏を含め危ういけれど、初期衝動の塊のよう。完全ではないけれど、先に進む光を感じさせてくれる内容です。

Poppy

Poppy (ポピー) 2枚目のアルバム「Am I a Girl?」。

前作のデジタルなピコピコサウンドが、変化していく過程の内容。この1枚というより、前後も含めた方がより楽しめるとともに、ハマる要素があります。

音、歌詞、MVの表現が面白いので、さっらとよりも突っ込んだ方が面白いですよ😈

Poppy:Am I a Girl? ~どちらもが共存して離れられない~
前作のデジタルでピコピコサウンドが、変化していく過程の内容。この1枚というより、前後も含めた方がより楽しめるとともに、ハマる要素があります。音、歌詞、MVの表現が面白いので、さっらとよりも突っ込んだ方が面白いですよ。

millennium parade

millennium parade (ミレニアムパレード) 1枚目のアルバム「THE MILLENNIUM PARADE」。

King Gnuの頭脳 常田大希が率いるソロ・プロジェクト。シングル単体での表現も興味深ったですが、このアルバムはそれぞれの点が線へとなった内容。

単曲でも楽しめますが、全体を通してして聞くことを強くオススメします💫

millennium parade:THE MILLENNIUM PARADE ~全ては終結のため~
King Gnuの頭脳 常田大希が率いるソロ・プロジェクト。シングル単体での表現も興味深ったですが、このアルバムはそれぞれの点が線へとなった内容。単曲でも楽しめますが、全体を通してして聞くことを強くオススメします。

Mammoth WVH

Mammoth WVH (マンモス・ダブリューブイエイチ) 配信シングル「Distance」。

エドワード・ヴァン・ヘイレンの息子、Wolfgang Van Halenのソロ・プロジェクト。これがロックとはかけ離れた、ビジュアルイメージとは異なる良作。

父親に向けてのメッセージが、その歌声と共に、感謝を感じさせます🎤

Mammoth WVH:Distance ~あなたの元に生まれてよかった~
エドワード・ヴァン・ヘイレンの息子、Wolfgang Van Halenのソロ・プロジェクト。これがロックとはかけ離れた、ビジュアルイメージとは異なる良作。父親に向けてのメッセージが、その歌声と共に、感謝を感じさせます。

Motionless In White

Motionless In White (モーションレス・イン・ホワイト) 配信シングル「Somebody Told Me」。

The Killers 大ヒット曲のカバー。これがビックリするほどバッチリとハマっています。オリジナルを知らなければ、バンドの曲といっても通りそうなくらいに…。

本筋とは異なるとは思いますが、良いカバーです💞

Motionless In White:Somebody Told Me ~まだチャンスがある~
The Killers 大ヒット曲のカバー。これがビックリするほどバッチリとハマっています。オリジナルを知らなければ、バンドの曲といっても通りそうなくらいに…。本筋とは異なるとは思いますが、良いカバーです。

Motley Crue x2

① Motley Crue (モトリー・クルー) 配信シングル「SEX」。

直接的なタイトルは、ごきげんなハード・ロックソング。受け取り方次第ですが、エロさではなく、お互いの関係性。絆を描いたようにも聞こえます。

表面的ではなく、突っ込んで聞いた方が面白いですよ👯

Motley Crue:SEX ~今は体が重なり合うことだけ考えればいい~
直接的なタイトルは、ごきげんなハード・ロックソング。受け取り方次第ですが、エロさではなく、お互いの関係性。絆を描いたようにも聞こえます。表面的ではなく、突っ込んで聞いた方が面白いですよ。

② Motley Crue (モトリー・クルー) 配信シングル「All Bad Things」。

解散を撤回し、復活したモトリー・クルー。本来ならば、今作はバンドの最後の新曲。終わる意味を語り、激しく派手に終わるのが実に”らしい”形の表現。

終わってほしいことが多いからこそ、今の時代の背景にも似合う曲です🔥

Motley Crue:All Bad Things ~全てを終わらせる時がきた~
解散を撤回し、復活したモトリー・クルー。本来ならば、今作はバンドの最後の新曲。終わる意味を語り、激しく派手に終わるのが実に"らしい"形の表現。終わってほしいことが多いからこそ、今の時代の背景にも似合う曲です。

Rainych x2

① Rainych(レイニッチ) 配信シングル「Kaikai Kitan (From “Jujutsu Kaisen”)」。

今作はEveが歌う「廻廻奇譚」のカバー。疾走感がある曲に、詰まった言葉。今までとは異なり、原曲が男性ボーカルというのも特徴的な選曲。

よくあるただ歌いました! ではなく、オジリナルを超えるつもりで。面白いです🎤

Rainych:Kaikai Kitan (From "Jujutsu Kaisen") ~まだ止まらないよ~
今作はEveが歌う「廻廻奇譚」のカバー。疾走感がある曲に、詰まった言葉。今までとは異なり、原曲が男性ボーカルというのも特徴的な選曲。よくあるただ歌いました! ではなく、オジリナルを超えるつもりで。面白いです。

② Rainych(レイニッチ) 配信シングル「Diamond City」。

今まで行ってきたカバーではなく、遂にきた初のオリジナル曲。幻想的でプロローグ的な表現は、新しい始まりを感じさせてくれます。

今後の展開がどうなっていくのか、ますます楽しみです💎

Rainych:Diamond City ~磨かれて変わっていく景色~
今まで行ってきたカバーではなく、遂にきた初のオリジナル曲。幻想的でプロローグ的な表現は、新しい始まりを感じさせてくれます。今後の展開がどうなっていくのか、ますます楽しみです。

READY TO KISS

READY TO KISS (レディトゥキス) 8枚目のシングル「NONSTOP ~Restart dash~」。

創立メンバーかつ、グループの顔が抜けただけではない、新体制での初音源。その内容はポップな音でありながら、込められた意思は思いの他に強い形。

サラッと聞くのもよし。突っ込こんでも興味深い内容です💋

READY TO KISS:NONSTOP ~Restart dash~ ~これは私たちの意思~
創立メンバーかつ、グループの顔が抜けただけではない、新体制での初音源。その内容はポップな音でありながら、込められた意思は思いの他に強い形。サラッと聞くのもよし。突っ込こんでも興味深い内容です。

あとがき

21年2月にレビューを行った結果は、以下の通り。

記事数からも分かりますが、アシュニコを8記事と多く書いた2月。その存在自体は以前から知っていましたが、このタイミングでドハマりしたのがその理由。

もう1つ要因があって、以前から気になっていた歯抜け。 日付の連続は避けましたが、どこまで連続で無理なく記事を書けるのかを試したかったんです。

複数同月は今でもありましたが、思いの外に数は関係なく書けるかも…。ですから手が止まったら一旦ストップしますが、他アーティストでも予定してます。

ノージャンルで聞くからこそですが、不用意に広げ過ぎるだけでなく、ギュッとまとまる形にしたいですね。とはいえ気分なので、どうなるかは未定です。

また、アシュニコにハマり、連続同アーティストを書くきっかけとなった「Demidevil」。ギリで辿り付けなかったのは、ある意味自分らしいかも。

これも3月の早めのタイミングで、紹介ができたらいいなと思っています。

 

以上、『【2021年2月音楽レビュー】25アーティスト:34枚 + まとめ記事』でした。

2021年2月音楽レビュー 関連記事

【2021年1月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

・【2021年2月音楽レビュー】25アーティスト:34枚 + まとめ記事 ←今ココ

【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事

【2021年4月音楽レビュー】29アーティスト:32枚 + まとめ記事

【2021年5月音楽レビュー】33アーティスト:44枚 + まとめ記事 x2

【2021年6月音楽レビュー】33アーティスト:33枚 + まとめ記事

【2021年7月音楽レビュー】26アーティスト:36枚 + まとめ記事

【2021年8月音楽レビュー】32アーティスト:35枚 + まとめ記事 x2

【2021年9月音楽レビュー】27アーティスト:31枚 + まとめ記事

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント