次回新着記事予定:検討中
【Amazon ミュージック】

Ed Sheeran:The Joker And The Queen ~出会ってしまった二人~

Ed Sheeran:The Joker And The Queen洋楽レビュー
洋楽レビュー

Ed Sheeran (エド・シーラン) 配信シングル「The Joker And The Queen (feat. Taylor Swift)」。

5枚目のアルバム「=」から3カ月半。続けてリリースされたエルトン・ジョンとの「Merry Christmas」。Fireboy DMLとの「Peru」と同様のコラボソング。

以前から予告れていたテイラー・スウィフトとのコラボは、音だけでなく映像も含めて興味深い形になっています。

The Joker And The Queen 概要

「The Joker And The Queen」のオリジナルは5枚目のアルバム「=」に収録。歌パート以外はほぼ同様ですが、聞こえ方が変わりました。

この海外アーティストは既存曲を後からコラボするという手法が見られますが、これが中々面白い手法。邦楽アーティストも試みてもいいかもです。

また、「No.5 Collaborations Project」「No.6 Collaborations Project」と多くのコラボを今までにしてきていますが、今後も乗り気なエド・シーラン。

ブリット・アウォーズ授賞式にて「Bad Habits」で共演したブリング・ミー・ザ・ホライズンともコラボしたいと語っているそうですし、今後が楽しみです。

The Joker And The Queen

Apple Music Movie IconThe Joker And The Queen (feat. Taylor Swift)
フルMVをApple Musicで観る

フィーチャリング テイラー・スウィフト「The Joker And The Queen (feat. Taylor Swift)」。

オリジナルの一人で歌うよりも、描かれている世界観が分かりやすい形に。音の表現は変わっていないのですが、異性の歌声が入るのは思いの他に大きな変化。

加えて歌うのがテイラー・スウィフトとなったら、余計になのかもしれません。

How was I to know
It’s a crazy thing

「どうやって知れたのか。それはおかしなこと」。本来であれば出会うことのない2人が、お互いを知る。確かにそれはある意味でおかしな出来事なのかも…。

その出会いは偶然であり、運命でもある。それでお互いが惹かれるのですから、人との結びつきとは面白いものです。男女であれば、余計にですね。

When I folded
You saw the best in me
The joker and the queen

「折りたたんだ時、あなたは僕のベストを見るよ。ジョーカーとクイーン」。ジャケットが正にそれで、カードを折りたためばお互いの唇が重なる。

キスとは特別な行為ですから、確かにベストな時でしょう。加えてクイーンである君だけでなく、ジョーカーである僕の最高を見せられる時でもありそうです。

このジョーカーとクイーンという表現はいいですね。本来釣り合わない二人が恋に落ちる歌は表現としてありますから、拝借するバンドとか出てくるかも…。

加えて想定しているより、思いの他に聞こえ方が変わった曲。アルバムで聞いていた時よりも好きという方は、自分も含めて多くいるのではないでしょうか。

また、注目すべきはMV。本人は出演していないのですが、演者がエド・シーラン、テイラー・スウィフトに少し似ています。これが実に面白いんです。

逆に本人が出演するよりも印象的に見えますし、歌詞で描かれていることが想像しやすくなる表現。いい意味ですし、してやられたと感じる方は多そうです。

【※記事公開後追記】


この演者の2人。エド・シーラン、テイラー・スウィフトが初めてコラボをした「Everything Has Changed」のMVに出演していた子どもだそう。

収録された4枚目のアルバム「Red」から、10年の時を経て再び。音楽も含めてですが、いろいろなつながりがあるのが面白く思ってしまいます。

また、そもそもの考えとして、その時だけ良ければいい! ではないのでしょうね。

あとがき

エド・シーランというと、ギター1本でも表現できる歌。それが今回のようなコラボだったり、演奏がグレードアップしても別の楽しみ方ができる表現。

加工をしてよくなったのではなく、元が良いいうのは興味深い部分です。例えるならよく成長過程で変化して美男美女となる人がいますが、それとは異なる形。

音楽的に言えば基礎、ベースがあるからこそと言えそうです。加えて天才的にも見られますが、アルバムを作る際は何百曲も作る音楽の努力を惜しまない人。

それをやってますよと全く見せないのも、魅力を増大させている部分ではないでしょうか。アイドルとかだと、見せた方が好きと感じる方も多そうですが…。

こればっかりはジャンルや、付いているファン層にも違いがありそうです。

また、コラボを含くめた発言で面白いなと思ったのはCradle Of Filth、Slipknotなども好きで聞くとのこと。表現するとは全く異なる音だから、ビックリ!

交流もしているみたいですし、、いつかコラボしたら面白いかも…メタルでエクストリームなエド・シーラン。想像が難しいからこそ、楽しそうです。

話を戻すとアルバムを出して終わりではなく、新たな表現を加える。このリミックスとかでない形は、邦楽アーティストはマネしてもよさそうです。

配信がメインになってきた現在。聞き手には負担をかけず、新たな表現を通してアルバムに興味を持ってもらえたら、当然のように聞く回数が増えます。

再生回数が肝の配信にとって、聞き手も作り手どちらもWin-Winでしょう。

表現する音楽がいいのは勿論、見せ方や聞かせ方がうまいのも印象的。だからこそ口ずさめるほど繰り返し聞いてしまうし、次の行動が気になるのは必然です。

 

以上、『Ed Sheeran:The Joker And The Queen ~出会ってしまった二人~』でした。

Ed Sheeran 関連記事

2011/1/7 release EP
Ed Sheeran:No.5 Collaborations Project ~コラボはここから始まった~

2017/3/3 release 3rd Album
Ed Sheeran:÷ ~音楽は誰とでもつながれる~

2019/7/12 release 4th Album
Ed Sheeran:No.6 Collaborations Project ~続きのコラボがありました~

2020/12/21 release Digital Single
Ed Sheeran:Afterglow ~この小さな光はきっと大きくなっていく~

2021/6/25 release Digital Single
Ed Sheeran:Bad Habits ~この僕を形成しているもの~

2021/8/19 release Digital Single
Ed Sheeran:Visiting Hours ~今実際に会うことはできないけれど…~

2021/9/9 release Digital Single
Ed Sheeran:Shivers ~僕がいつも君を見て感じている感情~

2021/12/3 release Digital Single
Ed Sheeran:Merry Christmas ~今、全ての人に送る歌~

2022/2/11 release Digital Single
Ed Sheeran:The Joker And The Queen ~出会ってしまった二人~ ←今ココ

2022/2/18 release Digital Single
Ed Sheeran:Bad Habits (feat. Bring Me The Horizon) ~ボアアップ~

2022/3/25 release Digital Single
Ed Sheeran:Sigue/Forever My Love ~君のために僕は存在する~

2022/4/22 release Digital Single
Ed Sheeran:2step (feat. Lil Baby) ~一人の時とは異なる歩み~

関連アーティスト記事一覧
Taylor Swift (テイラー・スウィフト)

「Ed Sheeran」をApple Music で聴く

Amazon【Ed Sheeran】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント