Ed Sheeran:No.6 Collaborations Project ~続きのコラボがありました~

Ed Sheeran:No.6 Collaborations Project洋楽レビュー

Ed Sheeran(エド・シーラン)の4枚目のオリジナル・アルバムである「No.6 Collaborations Project」。

過去の3作とは異なり、コラボレーションをした曲をまとめたアルバムです。

また面白いことを考えるな〜と思っていましたが、デビュー前にリリースした「No.5 Collaborations Project」に続く作品というのがまた面白いです。

No.5を聞くと、なるほどね〜とより分かるアルバムですよ。いろいろできる環境だからこそ、続きとなるこのプロジェクトをしたかったんでしょうね。

いわゆるSantanaの「Supernatura」のEd Sheeran版と考えると、より楽しんで聞けるアルバムなのではないでしょうか?

興味深いコラボがいっぱい

「No.6 Collaborations Project」の収録曲は以下の通りです。

  1. Beautiful People (feat. Khalid)
  2. South of the Border (feat. Camila Cabello & Cardi B)
  3. Cross Me (feat. Chance the Rapper & PnB Rock)
  4. Take Me Back to London (feat. Stormzy)
  5. Best Part of Me (feat. YEBBA)
  6. I Don’t Care (with Justin Bieber)
  7. Antisocial (with Travis Scott)
  8. Remember The Name (feat. Eminem & 50 Cent)
  9. Feels (feat. Young Thug & J Hus)
  10. Put It All On Me (feat. Ella Mai)
  11. Nothing On You (feat. Paulo Londra & Dave)
  12. I Don’t Want Your Money (feat. H.E.R.)
  13. 1000 Nights (feat. Meek Mill & A Boogie wit da Hoodie)
  14. Way To Break My Heart (feat. Skrillex)
  15. BLOW (with Chris Stapleton & Bruno Mars)

コラボレーションといっても曲によってフューチャリング、ウィズと違いがありますが、ひと目でわかるすごい豪華メンバーが集まっています。

構想はあったとしてもよくぞここまでという感じですが、集めてまとめてしまったというのはEd Sheeranだからできたことでしょうか。

しかも曲は去年のツアー中に曲作りをしていて、レコーディングは3カ月というからびっくりしてしまいます。短期間にまとめる能力がハンパないですよ。

これはいらないなという曲がないのも、またスゴイです…。

素直にいいなといえる曲

アルバムの中でも最もシンプルな曲の「Best Part of Me (feat. YEBBA)」。

聞いていてこの曲は素直にいいなぁと感じた曲です。Ed Sheeranが1人でも歌えた曲だと思いますが、YEBBAが花を大きくそえています。

YEBBAの声とEd Sheeranの声の混ざり具合が、気持ちいいですね。男性ボーカルでなく、女性ボーカルだからこそ良かったと思える曲です。

「Best Part of Me = 私の最高の部分」とは、これぞという曲名ですよね。

言葉と音の使い方が面白い

これはコラボでなければ聞けないと感じた「Antisocial (with Travis Scott)」。

「Antisocial = 反社会的」という曲名もですが、言葉と音の使い方が面白い曲です。Ed Sheeranに反社会的なイメージはないですよね。

Ed Sheeran裏の顔というか欲望が、Travis Scottとコラボをすることによって、できた曲なのかなと。MVも面白いですが歌詞が最高ですね。

アルバムの中で1曲を選ぶとしたら、今はこの曲が1番好きですよ。

ラストを飾る曲はMVも面白い

コラボレーションアルバムのラストを飾る「BLOW」。

WithでChris Stapleton & Bruno Marsとコラボをしている曲ですが、Ed Sheeranのソロだったら多分演らない曲ですよね。

Chris Stapletonはカントリーの人なのでロックには近いですが、Bruno MarsもEd Sheeranにもロックなイメージはないので、びっくりしました。

この曲が1番聞いていて、新たな発見だった曲です。Ed Sheeranはロックアルバムを作ったとしても、すごいのを出してきそうだぞと…。

どんだけの才能の持ち主なんだと、びっくりするしかありません。この曲は今回のアルバムのラストにはこの曲しかなかったという感じです。

本人が一切出演しないガールズバンドでのMVは、面白いですね。

No.6 あとがき

「No.6」はアルバムを通してコラボレーションをしていますので、Ed Sheeranが聞きたい! という方にはなんか違うなと感じるかもしれません。

特にアコースティックなEd Sheeranを好きな方には「Best Part of Me (feat. YEBBA)」は別として、少し違和感があるかもです。

ですが、この才能の広さには聞いていてびっくりするものがありますよ。

多くの人がイメージするEd Sheeranの延長線の曲、想像がつかない曲といろいろな曲がありますが、多分イメージを壊したかったんでしょうね。

1回聞くだけではコラボレーションということもありよく分からないアルバムかもしれませんが、繰り返し聞くことで面白くなってくるアルバムです。

リリースされたばかりで気が早いですが、次のソロアルバムはまたスゴイを出してきてくれるんだろうなと、期待をせずにはいられません。

Ed Sheeranはまだ若干28歳ですから、びっくりしてしまいますよね。

 

以上、『Ed Sheeran:No.6 Collaborations Project ~続きのコラボがありました~』という記録でした。

Ed Sheeran 関連記録

2011/1/7 release EP
Ed Sheeran:No.5 Collaborations Project ~コラボはここから始まった~

2017/3/3 release 3rd Album
Ed Sheeran:÷ (Deluxe) ~音楽は誰とでもつながれる~

コメント