Dream Theater:Distance Over Time ~時間と距離の先にあるもの~

Dream Theater:Distance Over Time洋楽レビュー

Dream Theater (ドリーム・シアター)の14枚目のアルバムである「Distance Over Time」。

1989年のデビュー・アルバム「When Dream and Day Unite」から、間隔が空いても3年というコンスタントなリリースには、頭が下がります。

過去にはメンバーチェンジもありましたが、活動期間で見ると回数は少ないですし、海外のバンドとして珍しいくらいの安定感と現役を感じさせるバンドです。

過去ではなく、常に今が最高なんだ! というのを見てくれていますよ。

前作「The Astonishing」はコンセプト・アルバムで、曲数も多く収録時間も長かったですが、今作はアプローチがかなり異なるアルバムとなりました。

時を止める? それとも未来へ?

「Distance Over Time (Bonus Track Version)」の収録曲は以下の通りです。

  1. Untethered Angel
  2. Paralyzed
  3. Fall into the Light
  4. Barstool Warrior
  5. Room 137
  6. S2n
  7. At Wit’s End
  8. Out of Reach
  9. Pale Blue Dot
  10. Viper King (Bonus track)

10曲目「Viper King」が含まれると1時間1分になりますが、本編で1時間未満になるのは、セカンド・アルバムの「Images and Words」以来です。

それでも他のバンドと比べると今も曲は長いですが、長尺の曲が多いDream Theaterとしては、かなりコンパクトにまとめられたアルバムといえます。

収録時間が長くても問題なく聞けてしまうDream Theaterですが、このアルバムは特に聞きやすいので、リピートして聞いてしまう回数が多いですね。

アルバム・タイトル「Distance Over Time 」の通り、時間の経過が重要になっているのは、アルバム・ジャケットにも現れています。

ロボットの手に頭蓋骨というのは、進化の先にあるロボットと、時が止まってしまった頭蓋骨というのは時間そのものですから、収録時間も関係ありますよね。

メタルではよく使われる頭蓋骨ですが、Dream Theaterとしてはジャケットに出てくるのは初だったりします。だからこそ、余計に意味を感じてしまいます。

自由を選択してもいいのに…

アルバムのオープニング曲でリード曲の「Untethered Angel」。(1曲目)

過小評価されがちな James LaBrie (ジェイムズ・ラブリエ)のボーカルが、すごく肝になっている曲です。歌詞の世界感をここまで普通は歌えないですよね。

この曲に限らずアルバム全体で歌が重要になっているので、このアルバムの中でのJames LaBrieの活躍の度合いはかなり大きくなっています。

イントロのシンプルなユニゾンのパートは、思わずコピーしたくなりますね。曲全体はやっぱり難しいですが、部分であれば断念せずにコピーが出来ますよ。

あなたの真実はどこにある

今の状態でいいのかい? と問いかけている曲の「Fall into the Light」。(3曲目)

ギターが特に重要な曲なので、ギタリストはアルバムの中でも特に気になる曲になっています。ギターのパートも、使われている音色もかなり多いです。

ライブでどう再現して表現がされるのか、1番気になってしまいますね。アウトロの余韻を残すような弾き方はカッコいいので、聞き逃しをしませんように!

私を忘れてしまわないで

このアルバムで一番長尺である「At Wit’s End」。(7曲目)

普通のバンドであればなるべくコンパクトな曲を求めてしまいますけれど、Dream Theaterとなると長尺の曲があると安心してしまいます。

9分20秒と長い曲であるのに、時間の長さを感じさせずに最後まで聞かせてしまうのは、必要があるからこその長さと実力があるからに間違いありません。

この場所から消えていってしまうからこそ、私から離れないでという歌詞には寂しさを感じます。曲の終わりがフェードアウトで終わるのが、また切ないです。

今は手が届かなくても

ロックバラード曲の「Out of Reach」。(8曲目)

思い通りにはできないし、今は手が届かなくても昨日よりも自分は強くなっているし、いつかは手が届くのでないかと感じさせてくれる曲です。

絶望するような中にも自分を奮起させる歌詞には、背中を押されるという人は多くいるのではないでしょうか。自分がやらなければ、先はないんだという。

James LaBrieのこの曲で聞けるウイスパーボイスもですが、Jordan Rudess (ジョーダン・ルーデス)の鍵盤は、シンプルでも力強さを感じます。

無理やりではない諦めさえしなければ先はあるんだというのは、聞いていて静かなる闘志がわいてくるような曲になっていて、とても好きな曲です。

Distance Over Time あとがき

Dream Theaterがリリースをしてきた14枚のアルバムの中でも、かなり上位にくるカッコいいアルバムになっているのではないでしょうか?

聞きやすく、何回もリピートして聞けるからこそ、アルバムの世界感がより感じやすい内容になっています。プレグレ要素はありますが、複雑過ぎないです。

今からDream Theaterを聞いてみようという人にどのアルバムから? と聞かれたら、ます最初にオススメできるアルバムになっていますよ。

過去の名作を聞くのはは、このアルバムを聞いてからでも遅くはありません。

また、ドラムのMike Mangini (マイク・マンジーニ)が加入してから4作目ということで、 Mike Portnoy (マイク・ポートノイ)の影も大分消えた気がします。

またいつか一緒に活動している姿は見てみたいですが、Mike Portnoyがしている活動を見ると、別々の活動をしているのが必然のような気がしました。

まだ決定はしていませんが、このアルバムの出来を聞いてしまうと、アルバムを引っさげての来日公演は見に行きたくなってしまいますね。

 

以上、『Dream Theater:Distance Over Time ~時間と距離の先にあるもの~』という記録でした。

Dream Theater 関連記録

1992/7/7 release 2nd Album
Dream Theater:Images and Words ~先を見据えたからこそ見える景色~

コメント