Disturbed:If I Ever Lose My Faith in You ~正しいあなたの選択をして~

Disturbed:If I Ever Lose My Faith in You洋楽レビュー
洋楽レビュー

Disturbed (ディスターブド) 配信シングル「If I Ever Lose My Faith in You」。

曲名を見て「あれっ? 」っと気付く洋楽ファンの方もいると思いますが、今作はオリジナルではなく、Sting のカバー。

アメリカのバンドが今のタイミングでこの歌詞の曲をリリース。11月の大統領選挙を意図した思いも感じますが、単純に聞くだけでもいい感じのカバーです。

If I Ever Lose My Faith in You 概要

「If I Ever Lose My Faith in You 」は、1993年にリリースされた4枚目のアルバム「Ten Summoner’s Tales」のリードシングル。

Sting 代表曲の1つで、聞けば知ってる! という人も多いはず。邦盤では曲名が「ルーズ・マイ・フェイス・イン・ユー」。ちょっとだけ短縮されてます。

現在ではほぼなくなっていますが、昔は洋楽のアルバム・タイトルに変な邦題がついたり、曲名がいじくられるということが多くあったんです。

正直に言えば余計なおせっかいですが、今みたいに気軽にネットで検索などできないですから、レコード会社が売るためも含めた親切心だったんでしょうね。

この曲はそこまで古くないですが、時代背景も面白く感じます。

If I Ever Lose My Faith in You

Sting のカバー「If I Ever Lose My Faith in You 」。

ロックバラードで、1つ1つの言葉を大切にした形にアレンジ。そもそもがすてきな曲を、バラードに定評があるバンドがすればこうなりますよという形。

原曲を知っていても納得、今回が初でもいいなと感じるんじゃないでしょうか。

I could be lost inside their lies without a trace (Without a trace)
But every time I close my eyes I see your face

「彼らのウソに迷い込んでしまうかもしれない(跡形もなく)。でも目を閉じればいつもあなたの顔が見える」。演奏も切り替わる、意図を感じる部分。

迷いがあるのは当然だけど、誰でもない自分が信じた選択をしてほしいという願いでしょうか。歌詞に変更を加えて、選択はこうでしょ! じゃないのもポイント!

デイヴィッド・ドレイマンの歌声はやっぱりすごいですし、アレンジとしても文句のつけどころがない形。コピーでなくカバーは、こうでなければですね。

あとがき

オリジナルとは表現、伝えたいことが異なる気がしましたが、これはありと思えるカバー。同じ愛する人への感情であっても、対象が異なりますよね。

同じ曲でも思いの他に変わるのが、音楽の面白さを感じます。また、バンドにもいろいろな意図もあるでしょうけれど、いい選曲だったんじゃないでしょうか。

デイヴィッド・ドレイマンの歌声というのもありますが、カバーであっても変わらずDisturbedを聞かせられるのは、バンドとしての強さを感じます。

この曲をきっかけに、オリジナルはどうなの? と気になる人も多いはず! 今回はバンドの本筋とは異なりますが、魅力を伝えるには十分なカバーです。

 

以上、『Disturbed:If I Ever Lose My Faith in You ~正しいあなたの選択をして~』でした。


『Disturbed』をApple Musicで

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント