次回新着記事予定:邦楽で検討中
【A8.net】
A8.netA8.net

DIR EN GREY:-I’ll- ~あなたのためになら僕は全てを捧げる~

DIR EN GREY:-I’ll-邦楽レビュー
邦楽レビュー

DIR EN GREY (ディル・アン・グレイ) 2枚目のシングル「-I’ll-」。

前作「JEALOUS」から3カ月。TBS系「ワンダフル」内のアニメ『浦安鉄筋家族』のオープニングテーマに起用され、一気にバンドの認知度を上げた1枚。

メロディーはポップですが、闇がある愛の歌。行き過ぎたからこその思いと行動は、改めて今聞いてみると興味深く感じてしまいます。

-I’ll- 収録曲概要

「-I’ll-」収録曲は以下の通り。

  1. -I’ll-

タイトル曲「-I’ll-」はアニメ「浦安鉄筋家族」のオープニングテーマ。「ワンダフル」の番組内での放送で短い時間でしたが、インパクトは十分でした。

同じ枠としては先にお化粧系、ビジュアル系として「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」で起用されたPENICILLIN「ロマンス」が大ヒット!

化粧していても一般層にも受け入れれる地盤が出来ていたというのも、良いタイミングだったといっていいのかもしれませんね。

知っている方ならご存知の通り、ハチャメチャな「浦安鉄筋家族」。これがまたどういうことか、楽曲と映像がマッチしていたのも面白いところでした。

-I’ll-

僕はずっと永遠に「-I’ll-」。(1曲目)

ディレイのかかったイントロが実に印象的。ポップなメロディーが印象的ですが、描かれているのはハッピーとは少し異なる愛。今改めてで興味深いです。

僕の心 あの頃と 何も変わらず
君に贈る嫉妬だけがつのるばかり

愛するが故に生まれる嫉妬。そんな感情は不要であるのに、溜まってしまっていくのは、素直に思いを表現できない不器用さも感じてしまいます。

季節が 雪を降らした そんなよる
君が贈った愛の花束 造形の毒の花束

愛するから贈る花束であるのに、それは作られた毒の花束。これは相手への死をもたらし、思いの中だけで永遠に行き続けるという感じでしょうか。

僕だけでなく、相手も感じていた嫉妬。形がなく誰からも触れられることができないようにしてしまえば、新たに生まれることはないのかもしれませんね。

二度と人も愛せず でも今も
君をさがしている

悔いの残る恋をしたからこそ、新たに別の人を愛することはできない。だからこそ永遠に君を探し続けてしまう。もうお互いが出会うことはないのに…。

愛する思いは同じであったのに、住む世界が変わってしまった。そうなってしまったのはどちらが行った行為であっても、強く寂しさが残ってしまいますね。

理解しようとしていなかったというのもあるでしょうけれど、聞こえてくる音は同じでも、その印象が大きく変わった歌。すごく面白いです。

狂おしいほどに君に「」。(2曲目)

愛する気持ちが強くない過ぎて、常に独占したい。2人の中で有りなら他人がどうこう言うべきではないですが、行き過ぎた怖さも感じてしまう愛です。

目覚めると動けない
君の部屋の壁には
右目以外埋められた
僕が君を見ていた

僕を独占した君は、身動きすらできない状態にしてしまう。怖いですよね。

またその状況としては、これは人ではありますが、壁に埋まっているというのは進撃の巨人状態。今聞いた方が、その絵が浮かんでくるのも面白いところです。

繰り返す闇の中なら…
(ずっと)
このままで…
君の腕の中で…

強すぎる愛。片側だけの思いであればかなり問題ありですが、この曲で描かれているのは双方が同じように相手を虜になるぐらい愛しあっているということ。

不思議な愛の形ですが、その気持が分からないからこそ興味津々です。

あとがき

そのビジュアルや、音に興味が強かったオンタイム時。当時は自分がただのギター小僧だったというのも、余計にその感じが強かったようにも思います。

歌詞に興味を持つようになったのは、結構大人になってからですし…。そんな中で改めて聞き直してみると、つくづく面白ないと感じています。

特に当時のお化粧系、ビジュアル系バンドは歌詞がストレートな表現ではないので、余計に時を経て感じさせてくれる部分がいい感じです。

また、アホみたいに聞いてコピーもしていた時期ですから、楽曲自体をしっかり覚えているからこその新たな発見がすごく面白いなと。

バンド結成25周年を経ての今回のサブスクでの配信開始ですが、これ以上ないタイミングであり、個人的にも凄く楽しませてもらっています。

 

以上、『DIR EN GREY:-I’ll- ~あなたのためになら僕は全てを捧げる~』でした。

DIR EN GREY 関連記事

1997/7/25 release 1st Mini Album
DIR EN GREY:MISSA ~さあ、この場所に集結せよ~

1998/5/10 release 1st Single
DIR EN GREY:JEALOUS ~これが私の貴方への愛の形~

1998/8/12 release 2nd Single
DIR EN GREY:-I’ll- ~あなたのためになら僕は全てを捧げる~ ←今ココ

「DIR EN GREY」をApple Music で聴く

Amazon【DIR EN GREY】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント