【Enjoy Your Sound】
Enjoy Your SoundEnjoy Your Sound

Dines X Heafy:Dines X Heafy ~思いの切なさが木霊する~

Dines X Heafy:Dines X Heafy洋楽レビュー
洋楽レビュー

Dines X Heafy (ダインズ・エックス・ヒーフィー) 1枚目のEP「Dines X Heafy」。

YouTuber Jared DinesとTrivium Matthew Kiichi Heafyによるプロジェクト。それぞれの名前から取ったシンプルかつ、これ以上ない分かりやすい形。

2人が作りだすサウンドは、プロジェクト名の”X”の部分がVSとも取れるような、熱いメタルを聞かせてくれます。

Dines X Heafy 収録曲概要

「Dines X Heafy」収録曲は以下の通り。

  1. Dear Anxiety
  2. Can We Turn Back Yesterday?
  3. Dying At The Sight Of The Rain
  4. To Save Me From Myself
  5. We Lost It All

Jared Dinesはメタル系YouTuber。SNSがきっかけととなり、2017年からMatthew Kiichi Heafyとのコラボをした動画を複数公開。

2018年には奥さんの出産にMatthewが立ち会うため、ツアーから離脱した際には、代役のギタリストとしてTriviumのライブに参加。

個人、バンドとともに関係の強い人。今回 Dines X Heafy としてプロジェクトとなるのは、必然だったのでしょう。

また、本来であれば Triviumは「What the Dead Men Say」のツアーに出ていたはず。今という時だからこその、リリースになったのではないでしょうか。

それらの点も含めて、タイミングというのは面白いものです。

Dear Anxiety

タントルが印象的なリードトラック「Dear Anxiety」。(1曲目)

日本語にすると「親愛なる不安」。すごく意味深であり、1曲目に持ってくるというのが、より興味深さを増しています。見せ方がうまい!

Please set me free
Release me so I can feel something

「俺を自由に…。何かを感じられるように開放してくれ」。誰にでも不安はついてまわるものだけど、ない世界も見てみたい。この思いは悲願なのかも。

興味深い表現であるとともに、ギタリストならば一緒に弾きたくなるリフが多くあるのも特徴的。同じキーでなく、度を変えてみても面白いですよ。

Can We Turn Back Yesterday?

引き返したい「Can We Turn Back Yesterday?」。(2曲目)

今を知ったからこその、過去に戻りたい感情。それでも巻き戻すことはできないのを理解しているからこその、問いかけでありそうです。

I see the hate in the world as it’s in flames

「世界が憎しみの炎に包まれているのを見る」。昨日に戻りたいと思う理由。それでも変わることなく、時は進んでいく。やるせない思いが寂しい…。

ピッキング・ハーモニクスが、泣いている心を表しているように聞こえるのも特徴的。特にギタリストは、好きな人が多いかもです。

Dying At The Sight Of The Rain

寂しい思いでいっぱいの「Dying At The Sight Of The Rain」。(3曲目)

雨を見て死ぬだけ。体が濡れるだけではなく、涙の雨でもありそうです。

How can I find some way to make it out alive?
‘Cause it seems like we are only meant to die

「どうすれば、生きることを見つけられる?  俺たちは死ぬことだけと意図しているように見えるのに…」。なんて寂しい歌詞。生きることを望んでいない形。

何か希望が1つでも見えれば変わるのでしょうけれど、打ちのめされたからこその感情は、気持ちとして分かるような気がします。人の弱さでしょうか。

アウトロがなくスパッと終わるのが、寂しさを増しています。

To Save Me From Myself

自分が救われるために強くなりたい「To Save Me From Myself」。(4曲目)

落ちていく時の多くは自身は気付かないもの。だからこそ、より深くにハマるのが常ですが、この曲の主人公は気付いたからこそ変えようとしています。

I feel my life is slipping away
I know my time is ticking away

「人生が滑り落ちて行くような気がする。時が刻々と過ぎていくことも知っている」。正に気付き、変わろうとするタイミングでもあります。

それでも助けてくれる人はいないから、自分自身が変わろうとする、人に頼るのでは意思とは違う場合もあるから、強くあろうぜ! と言っているのかも。

聞く人によって印象も変わるでしょうけれど、デスボイスで状況を嘆いているだけでなく、意図のあるメッセージが込められているように感じました。

イントロで打ち込みのリズムを若干無視したギターのフレーズも、思いの強さと同時に、隠された意図がありそうです。

We Lost It All

全てを失った「We Lost It All」。(5曲目)

歌メロがポップだからこそ、乗せられた言葉が寂しい…。そのことが逆に、避けることのできないことだと感じるからかもしれませんね。

There’s no going back now
We’ve given it up

「俺たちは戻ることはない。もう諦めたから」。寂しい。言葉として出すことにより、本心とは違う思いであるように聞こえるは、自分だけでしょうか?

Matthewの歌声は太いですが、昔のビジュアル系の要素を感じる曲。切なさが全盛の頃を好きな人であれば、きっと気に入る1曲になるはず!

5曲を通して聞いていると、現在の状況も多く含まれているのを感じました。

あとがき

ギターが一切遠慮なく弾きまくっている内容。それでもエゴのようなムダな部分を追加していないことは、曲のコンパクトさにも表れています。

これは見せ方としても、メタルなギタリストは参考になりそうです。また、聞いているとギターを手にして一緒に弾きたくなってしまうのも、ポイント!

きっと聞き取りやすく、気持ちよく弾きやすいというのも理由でしょう。

4月にリリースされたTrivium 9枚目のアルバム「What the Dead Men Say」も良かったですが、「Dines X Heafy」もいい感じです。

歌詞は寂しいですが、メロディにポップな様相があり、ギターを弾きたくなる。2人の関係性も良さそうですし、1枚のみではなく、継続を期待しちゃいます。

 

以上、『Dines X Heafy:Dines X Heafy ~思いの切なさが木霊する~』でした。


Amazon【Dines X Heafy】関連商品

Dines X Heafy 関連記事

2020/12/4 release 1st EP
Dines X Heafy:Dines X Heafy ~思いの切なさが木霊する~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
Trivium (トリヴィアム)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント