DIAURA:Hydra ~あなたを愛しすぎてもう逃れられない…~

DIAURA:Hydra邦楽レビュー
邦楽レビュー

DIAURA (ディオーラ) 18枚目のシングル「Hydra」。

前作「ENVY」から約1カ月ぶりの。2カ月連続リリースの第2弾。2作出すことを前提とした全容が、これでしっかりと見えますね。

実際につなげて聞いてみると、より興味が深くなる感じがしました。

【エコストアレコード】
エコストアレコードエコストアレコード

Hydra 収録曲概要

「Hydra」収録曲は以下の通り。

  1. Hydra
  2. ポワゾ
  3. Promised Land

愛について歌った3曲。強すぎる愛、優しい思いの愛と状況は異なりますが、この3曲が同じシングルに収まることに意味を感じます。

Hydra

シングル・タイトル曲「Hydra」。(1曲目)

決して楽しい恋ではないけれど、愛されることに快楽を覚えてしまった思いでしょうか? 愛される幸せだけが、最高ではないという感じです

もう憎めないほど 愛して 愛して 愛してた

「Hydra = 海ヘビ、ひとすじなわではいかないこと」。絡まって離れることのない愛が苦しいのに、憎めなくなってしまうのが分かります。

現状だけでなく死しても最後に「蘇るわ また別の顔で」…。永遠に続く強い愛の思いと、抜け出せないからこその切なさを感じずにはいられません。

ポワゾ

ミディアム・テンポで重さを持った曲が歌詞にぴったりな「ポワゾ」。(2曲目)

強く愛してしまったからこその、君を独占したい思いが感じられます。

生まれ落ちた蛇の如く
致死のキスも過剰な性も 君にだけ捧げたい

君を常に感じていたいだけでなく、一番美しい状態で残しておきたい思い。常軌を越した愛であり、ある意味で殺人鬼のようにも感じてしまう独占欲です。

汚れていると分かっていると同時に、君を愛し過ぎてしまったからこその思いは、毒が自分の体にも回りきってしまっているのかもしれませんね。

異常かもしれませんが、強すぎる愛には美しさも感じてしまいます。

Promised Land

君との約束の地を歌った「Promised Land」。(3曲目)

ポップな優しい思いと相まって、聞いていて心地のいい曲。思いの強過ぎる愛が続いた後にくるからこそ、印象度が上がって聞こえます。

ただ一つ揺るがない 「あなたを愛してる」
降り注ぐ痛みから守ってみせると
それが最後に描く僕の夢となる

優しい思いとともに、あなたを愛する意味と決意を感じます。僕の夢となるというのは理想論かもしれないですけれど、ステキな思いです。

アウトロがないからこそ思いに余韻が残りますし、ポップな曲はライブでとても映えそうな気がしました。

技術面がどうこうではなく、ギター、楽器を弾く目線でいうと、弾いていて気持ちがいい曲。きっと演奏しているメンバーも、楽しいと思いますよ。

あとがき

単なるシングルの1つでなく、2部作であるのが興味深く聞けました。

「ENVY」の3曲がもが、思い通りには行かないからこそのもどかしく苦しんだ思い…。「Hydra」が苦しんだからこその、強い愛と思いの変化…。

ミニ・アルバムではなく、間を開けずに2枚に分けてリリース。思いの違いと、理解するまでの期間があることで、うまくいったのではないでしょうか?

最後に「Promised Land」がくるというのもいいですよね。深読みをしてしまうと、夢の中で見ている幻想かもしれませんが…。想像が広がります

「ENVY」を聞くなら「Hydra」を。「Hydra」を聞くなら、「ENVY」も合わせた6曲で聞くことをオススメします。一つ階段が上がるような感じですよ。

DIAURAはやっぱり興味深く、面白いバンドです。

 

以上、『DIAURA:Hydra ~あなたを愛しすぎてもう逃れられない…~』でした。


『DIAURA』をApple Musicで

DIAURA 関連記事

2019/2/13 release 4th Mini Album
DIAURA:DEFINITION ~今この音をあなたに届ける意味~

2019/10/2 release 16th Single
DIAURA:FINALE -Last Rebellion- ~想いと行動の先にある世界~

2020/3/4 release 17th Single
DIAURA:ENVY ~もう君をこの手の中から離さない~

2020/4/1 release 18th Single
DIAURA:Hydra ~あなたを愛しすぎてもう逃れられない…~ ←今ココ

2020/7/1 release Digital Single
DIAURA:獄彩 ~君に残したい僕の色~

コメント