DESURABBITS:一瞬で ~消えるだけでなく変わることもできるから~

DESURABBITS:一瞬で邦楽レビュー
邦楽レビュー

DESURABBITS (デスラビッツ) 11枚目のシングル「一瞬で」。

前作「Magic of Butterfly -成蝶-」から約半年。特別な言葉でなくても、ワンワードで気になるタイトル。聞けばより興味を持つ曲を持ってきました。

ロックな曲を歌うアイドルは多いですが、突き抜けた音を聞かせてくれます。

【music.jp】
music.jp

一瞬で 収録曲概要

「一瞬で」収録曲は以下の通り。

    1. 一瞬で
    2. RAY WORD
    3. 一瞬で (Instrumental)
    4. RAY WORD (Instrumental)

CDには含まれている2曲目「RAY WORD」は配信されていません。CDに先駆けて先行配信までしているのに、後からでも含めないのはもったいない。

9枚目のシングルからの配信方法は、CDとの差別化なのかもしれません。とはいえ、もっと大きいステージでと言っているのとは行動が矛盾しているかも…。

心情としては理解できても、CDはもうコレクターズアイテムに近いので…。

歌詞表示がされないのも含め、変なひっかかりは付けない方がいい気がしました。内容がいいだけに、通り過ぎられちゃう選択はもったいない!

一瞬で

いろいろな場面での一瞬を歌った「一瞬で」。(1曲目)

イントロだけで42秒あるのですが、長さを感じさせない構成。アイドル、ロックファンのどちらも、引きつける曲。素直にカッコいい!

DESURABBITSの代表曲になりえる要素を多く感じます。

僕らは今  そう生きているんだ
明日の行き先は 僕が決める

一瞬で時は過ぎ去っていってしまうからこそ、無駄にしない。未来をつかみ取るんだと感じる部分。曲の持つ勢いも合わせて、大きな強さを感じます。

プラスして、間奏終わりのサビのワンコーラスだけバックで支えるように歌っているBUCHO。さりげないことでも曲のカッコよさを上げています。

演奏がガンガン前にきているので、中途半端な歌では消えてしまう曲。埋もれることがなく、前に出てきているのもポイント。ミックスでだけではないですね。

特別なことはしていなくても、ベースラインがカッコいいのでコピーしたくなります。たまにしている生バンでのライブだと、大きく映えそうです。

あとがき

2016年リリース「第二次うさぎ大戦」に続く、製作中とある3枚目のアルバム。今の状況で進行は変わっていても、そう遠くない時期に聞けそう。

大きな変化とともに、進化を聞かせてくれそうなアルバム。読み方は同じでも、特にDESURABBITSに名称変更してからは変化が大きいので楽しみです。

7月26日に予定されている、O-WESTのワンマン。時期的に正直まだライブの開催は微妙かもしれませんが、同時期には続く情報が出てきそうですね。

曲名じゃないですが、タイミング次第では一瞬でブレイクしてもおかしくない曲、構成の面白さを持っているDESURABBITS。今後が楽しみです。

 

以上、『DESURABBITS:一瞬で ~消えるだけでなく変わることもできるから~』でした。


『DESURABBITS』をApple Musicで

DESURABBITS 関連記事

2019/3/20 release 9th Single
DESURABBITS:卒業少女‐未来絵‐ ~私たちは前に進むことを選んだ~

2019/9/4 release 10th Single
DESURABBITS:Magic of Butterfly -成蝶- ~明日はきっと飛び回れる~

2020/4/15 release 11th Single
DESURABBITS:一瞬で ~消えるだけでなく変わることもできるから~ ←今ココ

コメント