D’ERLANGER:LA VIE EN ROSE ~薔薇は色で見える世界が異なる~

D’ERLANGER:LA VIE EN ROSE邦楽レビュー

D’ERLANGERのファースト・アルバムである「LA VIE EN ROSE」。

1989年にリリースされた、伝説的なアルバムです。1990年リリースのセカンド・アルバムの「BASILISK」と合わせて、影響されたバンドマンは数え切れません。

当時セールス枚数も多かったD’ERLANGERですが、ファンも多ければ影響度がセールス以上にあったバンドでした。今聞いてもカッコよく聞けるアルバムです。

アルバム収録曲概要

「LA VIE EN ROSE」の収録曲は以下の通りです。

  1. UNDER THE PRETENSE
  2. LA VIE EN ROSE
  3. 1999 ~SHY BOY STORY~
  4. DEAR SECRET LOVER
  5. SADISTIC EMOTION
  6. an aphrodisiac
  7. INDECENT-TWO-PERSONS
  8. LULLABY
  9. I CAN’T LIVE WITHOUT YOU
  10. LAZY SLEAZY

曲名からも英語だったりフランス語だったりと、今のD’ERLANGERにつながっている部分があるのが分かります。少し怪しげな部分は、今と変わらずですね。

バンド名のD’ERLANGERの意味がフランス語で「淫靡な誘惑」ですから、怪しさがあるのが、D’ERLANGERとして当然な部分なのかもしれません。

音自体に変化はあまり感じませんでしたが、再発やプレスをするたびにアルバム・ジャケットに違いがあり、どのバージョンも持っていた記憶があります。

自分が同じCDを複数持ったのは、D’ERLANGERが初で間違いないです。影響も大きかったですし、持っているのにまた欲しくなってしまう不思議なアルバムでした。

UNDER THE PRETENSE

アルバムのオープニング曲の「UNDER THE PRETENSE」。(1曲目)

この曲はたった57秒のSEなのですが、あるべくしてある曲です。この曲なくして「LA VIE EN ROSE」から始まっていたら、印象がかなり変わったはずです。

このアルバム以降のビジュアル系、当時はお化粧系と呼ばれるバンドのアルバムのオープニング曲にSEが多くなったのは、D’ERLANGER影響が大きかったと思います。

D’ERLANGERというとアルバムのオープニング曲はSEが付き物となったのは、ファースト・アルバムからの恒例です。D’ERLANGERになくてはならないものですね。

LA VIE EN ROSE

アルバムタイトル曲の「LA VIE EN ROSE」。(2曲目)

D’ERLANGERといったら、この曲は絶対に外せない曲です。歌詞や演奏がどうだと言う前に、聞いて気持ちよくカッコいいも思えるD’ERLANGERの代表曲です。

セカンド・アルバムの「BASILISK」に「BARA IRO NO JINSEI」としてリメイクされていますが、アルバムでなく1曲として聞くならこのアルバムのバージョンです。

薔薇は一般的なイメージですが、「LA VIE EN ROSE = 薔薇色の人生」であるのにアルバム・ジャケットの薔薇が黒いのは、D’ERLANGERだからこそですね。

INDECENT-TWO-PERSONS

サビで「3秒前に…」と繰り返すのが特徴的な「INDECENT-TWO-PERSONS」。(7曲目)

今につながる、Tetsuのドラムを感じさせる曲です。リズムがTetsuならではです。かかせない代表曲まではならなくても、こういう曲があるのが耳に残ります。

怪しげなイントロのメロディと、歌詞に少し過剰なくらい日本語と英語が混じり合うのが、少年だった心に響いたことをあらためて聞いていて思い出しました。

I CAN’T LIVE WITHOUT YOU

男の弱さを歌った「I CAN’T LIVE WITHOUT YOU」。(9曲目)

あなたなしでは生きていけないんだ。自ら消えてやるというのは、今見ると見え方が変わって見える歌詞です。リズムが特徴的な曲になっています。

セカンド・アルバム「BASILISK」にアコースティックバージョンが収録されていますけれど、このアルバムのオリジナルの方が断然好きですね。

今聞くとそうとう怪しい演奏ですが、それでもカッコいい曲です。2017年にリリースのトリビュート・アルバムでこの曲がもれていたのは、かなり意外でした。

いつか2枚目のリリースがあったら、選曲するバンドが現れますように!

あとがき

30年前にリリースされたアルバムと考えると、今聞いてもビックリします。

Kyoちゃんの声が若いですし、演奏もそうとう怪しいのに、それでもカッコいい! 危うい部分はあっても、しびれるようなカッコよさは今のバンドでないものです。

今のようなSNSもネットも一般ではない時に横の口コミで広がったというのは、当時のD’ERLANGERがいかにカッコよかったという証拠ではないでしょうか?

今のバンドマンにも、あらためて聞いて欲しいアルバムです。必要以上にひねったり、手を無理に差し伸べることはしなくても、独自でカッコよくはなれるという…。

完璧ではない危うさと、怪しげな独自性は、何か特別なものを感じますよ。

 

以上、『D’ERLANGER:LA VIE EN ROSE ~薔薇は色で見える世界が異なる~』でした。

D’ERLANGER 関連記事

2007/3/14 release 3rd Album
D’ERLANGER:LAZZARO ~あるべき場所に戻ってきた十字架~

2019/5/22 release 9th Album
D’ERLANGER:roneve ~過去があるからこそできる初期衝動~

2017/9/13 release Tribute Album
V.A.:D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜 ~心からのリスペクト~

コメント