D’ERLANGER:LA VIE EN ROSE ~薔薇は色で見える世界が異なる~

D’ERLANGER:LA VIE EN ROSE邦楽レビュー
邦楽レビュー

D’ERLANGER (デランジェ) 1枚目のアルバムである「LA VIE EN ROSE」。

1989年にリリースされた、伝説的なアルバムです。1990年リリースの2枚目のアルバム「BASILISK」と合わせて、影響されたバンドマンは数え切れません。

D’ERLANGERはセールス枚数以上に、ファンだけではなくプロ・アマチュアを問わず、バンドマンへの影響度がセールス以上にあったバンドでした。

リリースから長い時間はへた現在で聞いても、カッコよく聞けるアルバムです。

LA VIE EN ROSE 収録曲概要

「LA VIE EN ROSE」の収録曲は以下の通りです。

  1. UNDER THE PRETENSE
  2. LA VIE EN ROSE
  3. 1999 ~SHY BOY STORY~
  4. DEAR SECRET LOVER
  5. SADISTIC EMOTION
  6. an aphrodisiac
  7. INDECENT-TWO-PERSONS
  8. LULLABY
  9. I CAN’T LIVE WITHOUT YOU
  10. LAZY SLEAZY

曲名からも英語だったりフランス語だったりと、今のD’ERLANGERにつながっている部分があるのが分かります。少し怪しげな部分は、今と変わらずですね。

バンド名のD’ERLANGERの意味がフランス語で「淫靡な誘惑」ですから、怪しさがあるのが、D’ERLANGERとして当然な部分なのかもしれません。

音自体に変化はあまり感じませんでしたが、再発やプレスをするたびにアルバム・ジャケットに違いがあり、どのバージョンも持っていた記憶があります。

自分が同じCDを複数持ったのは、D’ERLANGERが初で間違いないです。影響も大きかったですし、少しの違いで欲しくなってしまう不思議なアルバムでした。

UNDER THE PRETENSE

アルバムのオープニング曲の「UNDER THE PRETENSE」。(1曲目)

この曲はたった57秒のSEなのですが、あるべくしてある曲です。この曲なくして「LA VIE EN ROSE」から始まっていたら、印象がかなり変わったはずです。

このアルバム以降のビジュアル系、当時はお化粧系と呼ばれるバンドのアルバムの1曲目にSEが多くなったのは、D’ERLANGER影響が大きかったと思います。

D’ERLANGERというとアルバムの1曲目にSEが付き物となったのは、1枚目のアルバムからの恒例です。D’ERLANGERになくてはならないものですね。

LA VIE EN ROSE

アルバムタイトル曲の「LA VIE EN ROSE」。(2曲目)

D’ERLANGERといったら、この曲は絶対に外せない曲です。歌詞や演奏がどうだと言う前に、聞いて素直にカッコいいと思えるD’ERLANGERの代表曲です。

2枚目のアルバムの「BASILISK」に「BARA IRO NO JINSEI」としてリメイクされていますが、アルバムでなく1曲として聞くならこのバージョンです。

薔薇は一般的なイメージですが、「LA VIE EN ROSE = 薔薇色の人生」であるのにアルバム・ジャケットの薔薇が黒いのは、D’ERLANGERだからこそですね。

1999 ~SHY BOY STORY~

3連符が連続するイントロが印象的な「1999 ~SHY BOY STORY~」。(3曲目)

思いだけためて悩んでいる気持ちが、伝わってくる曲です。今は忘れされていますけれど、1999年と言ったらノストラダムスの大予言がありましたよね。

ノストラダムスのことを考えると、思い悩んで行く歌詞がより面白く感じます。

テンポは早めですがかんたんな曲で、1番最初にD’ERLANGERで弾ける曲だったと記憶しています。かんたんであるのに、カッコいいのもポイントです。

SADISTIC EMOTION

D’ERLANGERの曲の中でも切なさがに漂う「SADISTIC EMOTION」。(5曲目)

ミュートしながらのギターのカッティングが、カッコいい曲です。歌詞のあなたの対象が「お前、アイツ」と1曲の中に2つ出てくるのは珍しいですよね。

歌詞の意味も含めて今あらためて見ると、一般的な曲にはない要素が含まれていて、面白く感じる曲です。曲に中で感情が動いていくのが分かります。

自分でもコントロールできなくなっている感情だからこそ、サディスト的な感情になる。その理由も理解しているということでしょうか?

1つ大切な人を失うことで人は変わってしまう…。変わってしまうことの背景を感じると、より興味深くなる曲です。あらためて聞くからこその発見です。

INDECENT-TWO-PERSONS

サビで「3秒前に…」と繰り返すのが特徴的な「INDECENT-TWO-PERSONS」。(7曲目)

今につながるTetsuのドラムを感じさせる曲です。叩き方に特徴があるんですよね。代表曲まではならなくても、こういう曲があるのがとても耳に残ります。

怪しげなイントロのメロディと、歌詞に少し過剰なくらい日本語と英語が混じり合うのが、少年だった心に響いていたことをあらためて思い出しました。

I CAN’T LIVE WITHOUT YOU

男の弱さを歌った「I CAN’T LIVE WITHOUT YOU」。(9曲目)

あなたなしでは生きていけないんだ。自ら消えてやるというのは、今見ると見え方が変わって見える歌詞です。リズムが特徴的な曲になっています。

2枚目のアルバム「BASILISK」にアコースティックバージョンが収録されていますけれど、このアルバムのオリジナルの方が断然好きですね。

今聞くとかなり怪しい演奏ですが、それでもカッコいい曲です。2017年にリリースのトリビュート・アルバムでこの曲がもれていたのは、かなり意外でした。

いつか2枚目のリリースがあったら、選曲するバンドが現れますように!

あとがき

30年前にリリースされたアルバムと考えると、今聞いてもビックリします。

Kyoちゃんの声が若く演奏もそうとう怪しいのに、それでもカッコいい! 危うい部分はあっても、しびれるようなカッコよさは今のバンドでないものです。

今のようなSNSもネットも一般ではない時に横の口コミで広がったというのは、当時のD’ERLANGERがいかにカッコよかったという証拠ではないでしょうか?

今のバンドマンにも、あらためて聞いて欲しいアルバムです。必要以上にひねったり、手を無理に差し伸べなくても、独自でカッコよくなれるんですよ。

完璧ではない危うさと、怪しげな独自性は、何か特別なものを感じますよ。

 

以上、『D’ERLANGER:LA VIE EN ROSE ~薔薇は色で見える世界が異なる~』でした。

D’ERLANGER 関連記事

1989/2/10 release 1st Album
D’ERLANGER:LA VIE EN ROSE ~薔薇は色で見える世界が異なる~ ←今ココ

2007/3/14 release 3rd Album
D’ERLANGER:LAZZARO ~あるべき場所に戻ってきた十字架~

2019/5/22 release 9th Album
D’ERLANGER:roneve ~過去があるからこそできる初期衝動~

2017/9/13 release Tribute Album
V.A.:D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜 ~心からのリスペクト~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント