Daughtry:セルフタイトルアルバム ~強烈過ぎなファーストインパクト~

Daughtry:セルフタイトルアルバム洋楽レビュー

Daughtry (ドートリー)のファースト・アルバムかつ、セルフタイトルアルバムである「Daughtry」。

現在5枚のアルバムをリリースしているDaughtryですが、2006年にリリースされたアルバムです。特にこの1枚目には、Daughtryの魅力が詰まっています。

Daughtryはケリー・クラークソンや、アダム・ランバートと同じくアメリカン・アイドル出身のアーティストで、彼ならではの歌を聞かせてくれますよ。

Chris Daughtryのソロですが、Daughtryはバンド名義でもあるので、BON JOVIと同じようなバンドの名の取り方をいって間違いありません。

バンドでの曲と歌を大切にしたアルバムですので、特にバンドマンにオススメです。オススメというよりも、聞かないのはもったいない内容になっています。

名刺代わりでは収まらない

セルフタイトルアルバム「Daughtry」の収録曲は以下の通りです。

  1. It’s Not Over
  2. Used To
  3. Home
  4. Over You
  5. Crashed
  6. Feels Like Tonight
  7. What I Want
  8. Breakdown
  9. Gone
  10. There and Back Again
  11. All These Lives
  12. What About Now

収められている12曲の曲調はさまざまなのですが、切ない曲から優しい曲、激しい曲まで難なく歌いこなしているに聞いていて驚かされます。

どれか一部分に強いというのはあることですけれど、1枚目のアルバムで幅の広い曲をこのレベルの高さで歌えるボーカリストは貴重です。

歌を生かすも殺すも曲が大切になりますが、このアルバムに収録されている曲は、Daughtryの歌ををこれ以上なく持ち上げている楽曲しかありません。

歌のために遠慮があるわけでもなく、相乗効果を感じるバチバチ感があるのも、曲とアルバムのクオリティーを上げているのは聞いていて心を奪われますよ。

よく最初の音源は名刺代わりや、名前だけ覚えてもらえればという例えをしますけれど、こんな力強くてインパクトのある名刺は少ないです。

終わってなんかいない

アルバムのオープニング曲の「It’s Not Over」。(1曲目)

終わっていない、やり直そうと歌うこの曲は、Daughtry自身の事を歌った曲のように聞こえます。養子を迎え、音楽の道を諦めようとしていたDaughtry。

妻の応援もあってアメリカン・アイドルに応募、4位になることで歌唱力の高さと楽曲の選択のセンスの良さでデビューの道を掴んでいます。

もって生まれた声質の良さはありますが、絶え間ない努力と諦めなかったことが結果につながっているのは、見習いたい部分ですね。

切ない曲であるからこそ諦めずによかったですし、状況が伝わってくる曲です。

あなたがいるから

友情を歌った曲の「Used To」。(2曲目)

「At least there’ s you = 少なくともあなたがいる」。「and At least there’ s me = そして、少なくとも私がいる」。すごくいいなと思ったフレーズです。

しかも、プラスしてかつてのようにお互いで必要になりたいと歌っている。ニュアンスは異なったとしてもいわれたらうれしいし、いってみたいですよね。

男女の恋とも聞ける歌ですが、自分には友情の歌のように聞こえました。いろいろな考え方が取れるのも、この曲の魅力です。

アルバム全体でひかれますが、前半は特に強力が曲だらけでビックリしますよ。

それでも僕は君のことを思い出す

ミディアムロックバラード曲の「Over You」。(4曲目)

別れの曲で君がいなくなったことを乗り越えたと歌っていますが、それでも一緒にいた日々を忘れているようには聞こえない曲です。

男性の弱さを歌った曲であるのに、聞いていてその気持ちが痛いほどに伝わってきます。強がりをいっても弱さが残るのが男性というものです。

このアルバムはリアルタイムで当時に聞いていますが、アルバムの中で一番最初に心を動かされた曲がこの曲です。この曲の哀愁は好きな日本人は多いはず…。

メロディも歌詞もいうとがなしのDaughtry中で一番オススメする曲です。

今だからこそ君に問いかける

アルバムのラストを飾る曲の「What About Now」。(12曲目)

「What About Now? = 今はどう? 」と問いかける切なくも優しく問いかける曲は、聞いていて心に響く曲です。とにかく優しい歌声です。

女性ボーカルであればこの曲のような優しさを感じる人はいますが、男性ボーカルとなると海外を含めてここまで優しく歌える人は少ないように感じます。

アルバムのラストにバラード曲というのはよくあるパターンですけれど、このアルバムほどうまくはまっているのは、たくさん聞いていますが少数です。

優しい歌声を聞いて満足で終わるだけでなく、また最初からアルバムを聞きたくなってしまうステキな曲です。ここまで歌えたら気持ちがいいでしょうね。

セルフタイトルアルバム あとがき

今はアメリカン・アイドルは番組が終了していまいましたが、Daughtryを含めていいアーティストが続々と誕生したオーディション番組でした。

歌のオーディション番組といっても全員とはいいませんけれど、カラオケでものまねがうまい日本の番組とは質が全く異なっています。

Alice in Chainsに誘われたけれど断ったDaughtry、Queenで歌っているアダム・ランバートだけを見ても、実力が本物なのが明らかですよね。

歌は誰にでも歌えますが、心に響く歌声を聞かせてくれてロックとなると、極端に少なくなります。特に経歴なしで出てくる、日本人男性ボーカルは少ない!

少ないからこそDaughtryを聞いていると、日本人でも世界をいきなり変えてしまうようんなボーカリストが誕生するのを、期待しちゃいますね。

アルバムを通して何一つツッコミどころがない、カッコいいアルバムです。リリースからは時間がたっていますが、Daughtyの1枚目は聞いておきましょう!

 

以上、『Daughtry:セルフタイトルアルバム ~強烈過ぎなファーストインパクト~』という記録でした。

コメント