【スカパー!】
スカパー!スカパー!

Daughtry:Heavy Is The Crown ~権力には決して屈しない~

Daughtry:Heavy Is The Crown洋楽レビュー
洋楽レビュー

Daughtry (ドートリー) 配信シングル「Heavy Is The Crown」。

前作「World On Fire」から7カ月。ヘビーなサウンドとともに、負けない意思の強さを表現。それでも寂しさを感じてしまうのが、ドートリーらしい曲。

切ない音だからこそ、ギュッと聞き手の心を掴むものがあります。

Heavy Is The Crown 概要

「Heavy Is The Crown」は、2021年リリース予定の6枚目のアルバム「Nothing Lasts Forever」からの、第2弾シングル。

「World On Fire」もですが、活動初期のハードロックに回帰したサウンド。ポップなドートリーもいいですけれど、知っているからこそ求めてしまう音。

「Nothing Lasts Forever」は、大きな期待をしてよさそうです。

Heavy Is The Crown

あんたが偉いじゃない「Heavy Is The Crown」。

権力に負けない意思。相手側にというのではなく、弱さも持ち合わせている自分へ向けた言葉に聞こえます。

Like a cancer running through my veins, oh
It’s never going to give in..

「血管に流れるガンのように、決して諦めることはしない」。人にとってやっかいな存在のガンという存在を、逆に強さとして表現をする。

興味深い形であるとともに、こういう使い方もあるかと関心してしまいます。

I’ll never bow down
Heavy is the crown

「俺は決して頭を下げない。重いのは王冠だから」。王様の物であり、権力の象徴でもある王冠。えらいのは、あんた自身ではないと言っているかのよう。

最近は目にしたり耳にすることは少なくなりましたが、イエスマンと比喩されることの多かった日本人。反論するというのは、必要な行為なのかもしれません。

なんでもかんでもというのではなく、ただ権力を振りかざしてくる人に対しては…。文句と、意味のある反論、屈しないことは意味のあることです。

あとがき

ヘビーであるのに、寂しさのあるサウンド。悲しさを感じさせるのは、誰かじゃないドートリーだからこそというのは、やっぱり強いです。

それは真似しようにもできず、変わりがいないということですから…。そして、やっぱりポップなサウンドよりも、ハードロックが似合う!

まだアルバム「Nothing Lasts Forever」が今年のいつリリースされるかはアナウンスされていませんが、協力な1枚になるのは間違いないはず。

SIAのカバー「ALIVE」から始まった、原点回帰とも言える表現。期待をするなと言う方が無理かもしれません。

 

以上、『Daughtry:Heavy Is The Crown ~権力には決して屈しない~』でした。


『Daughtry』をApple Musicで

Daughtry 関連記事

2006/11/21 release 1st Album
Daughtry:Daughtry ~強烈過ぎなファーストインパクト~

2009/7/14 release 2nd Album
Daughtry:Leave This Town ~もう僕はこの場所にはいない~

2018/7/27 release 5th Album
Daughtry:Cage to Rattle ~型にはまるのかそれとも…~

2019/12/18 release Digital Single
Daughtry:Alive ~俺は今ここで生きているんだ~

2020/8/13 release Digital Single
Daughtry:World On Fire ~この状況に天使さえも涙する~

2020/3/19 release Digital Single
Daughtry:Heavy Is The Crown ~権力には決して屈しない~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント