Daughtry:Cage to Rattle ~型にはまるのかそれとも…~

Daughtry:Cage to Rattle洋楽レビュー
洋楽レビュー

Daughtry (ドートリー) 5枚目のアルバム「Cage to Rattle」。

前作「Baptized」から4年8カ月。途中2016年にベスト・アルバム「It’s Not Over…The Hits So Far」を挟みましたが、久しぶりのリリースとなりました。

「Baptized」があったからこそ驚きはないですが、初期のヘビーではない、大人なロックが聞けるアルバム。それだけに、歌が耳に響いてくる内容です。

Cage to Rattle 収録曲概要

「Cage to Rattle」収録曲は以下の通り。

  1. Just Found Heaven
  2. Backbone
  3. Deep End
  4. As You Are
  5. Death of Me
  6. Bad Habits
  7. Back in Time
  8. Gravity
  9. Stuff of Legends
  10. White Flag

10曲で38分は、ドートリーの中で過去最高のコンパクトさ。これ以上は「Cage to Rattle」で表現する世界にはいらないんだという感じでしょうか。

実際に1枚として聞いた時の物足りなさはなく、もっと時間を短く感じてしまう内容。ソングライティングが優れているのは、十分に分かるアルバム。

初期を知っているからこそヘビーな曲を求めてしまうのは、聞き手の願望に近いかも…。抑えめであってもロックであり、歌がメインのアルバムです。

Backbone

もっとやれるだろ? と強く背中を押す「Backbone」。(2曲目)

大変なのは分かっている。だからこそできることがあるでしょ! と言わんばかりの強さは、女性ではなく、きっと男性に向けたものでしょうね。

You gotta show a little backbone

「あんたなもっとできるだろ」。下を向いているヒマがあるのであれば、気合を入れていけ! という感じは、聞こえてくる音よりも思いが強いです。

Deep End

ロックバラード「Deep End」。(3曲目)

あなたは海のような存在だから、深く飛び込みたいという思い。日本語であればくさくなりそうな歌詞も、英詩にドートリーの歌であれば聞けちゃいます。

We’re all swimming into the light
I want you by my side

「俺たちは光の中を泳いでいる。あなたに側いてほしい」。恋するからこその思いにも聞こえますが、母なる愛情を求めての感情なのかも。

信頼する女性へだからの思い。曲としても思わぬ深さがありそうです。

As You Are

あなたがいるからの思い「As You Are」。(4曲目)

思いがこれでもかと優しい歌。素直に思いを歌っているからこそ、思いの深さが伝わってくるようです。シンプルのであるに、深さがあります。

I love you as you are

「ありのままのあなたを愛している」。すごくいいフレーズ。日本語でありのままと聞いたら「Let It Go」を思いだしてしまいますが、いい表現ですね。

同じ意味でも英語だからこそできる、愛情表現があります。

言葉の響きもいいですし、邦楽アーティストが狙い目にしてもいいかも。恋ではない、愛の表現として聞こえるのは、歌のうまさもあるでしょうけれど…。

Stuff of Legends

一番アルバムの中でロックしている「Stuff of Legends」。(9曲目)

他が曲に合わせて抑えめである分、生き生きしている歌声が聞けるのがポイント! 初期からのファンであるほど、「おっ! 」と感じる方は多そうです。

Fight with mercy, love and anger
They won’t get to me, get to me

「憐れと愛、憎しみ戦う。彼れらは俺の場所にはこれないけれど」。捉え方が難しいですが、伝説となるには戦いは好まないということなのかも…。

相手がいなければ、戦いにはなりませんから。だからこそ誰かではなく、「Stuff = もの」なのかも…。曲調で気になりましたが、歌詞も面白い!

White Flag

戦いに負けても心が折れることはない「White Flag」。(10曲目)

誰かではなく、自分にいい聞かせるような言葉。興味深い表現が聞けます。

I won’t raise my, I won’t raise my white flag in this life

「俺が白旗を上げることはない」。悪あがきのようにも見えますが、心が折れない限り先に進むことも、逆転することもできる。これも面白い表現。

本当に終わりがくるまでは、自分らしく生きようぜ! を感じさせます。ポップな要素が強い中で、この力強さ。あまり他で聞かないタイプの曲かもです。

あとがき

「Baptized」と同じく激しいロックな感じは少なめですが、その分ドートリーの歌に込めた思いが伝わってくる内容。優しさと、力量の高さが分かります。

初期を求める人にはもっとロックしてくれよ! と感じちゃいますが、楽曲のレベルは高いのもポイント! 求めるものがあるからこその、相違かもですね。

2枚連続でポップ寄りに傾いたドートリー。2度あることは3度あるということわざがありますが、異なる形になりそうな気配を見せています。

2021年に予定されている6枚目のアルバム「Nothing Lasts Forever」からの先行シングル「World On Fire」は、曲名通りのヘビーな曲。

「Baptized」「Cage to Rattle」の2枚を経たことで、回帰でありながらも進化した姿をみせてくれそうです。

 

以上、『Daughtry:Cage to Rattle ~型にはまるのかそれとも…~』でした。


『Daughtry』をApple Musicで

Daughtry 関連記事

2006/11/21 release 1st Album
Daughtry:Daughtry ~強烈過ぎなファーストインパクト~

2009/7/14 release 2nd Album
Daughtry:Leave This Town ~もう僕はこの場所にはいない~

2018/7/27 release 5th Album
Daughtry:Cage to Rattle ~型にはまるのかそれとも…~ ←今ココ

2019/12/18 release Digital Single
Daughtry:Alive ~俺は今ここで生きているんだ~

2020/8/13 release Digital Single
Daughtry:World On Fire ~この状況に天使さえも涙する~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント