Daughtry:Alive ~俺は今ここで生きているんだ~

Daughtry:Alive洋楽レビュー
洋楽レビュー

Daughtry (ドートリー) 配信シングル「Alive」。

5枚目のアルバム「Cage to Rattle」続くのは、SIA のカバー。しかも多くの人が聞いて知っているであろう「Alive」というのが、興味深い選択。

女性と男性の違いだけでなく、オリジナルにはないロックなアレンジのカバー。SIA、ドートリーのファンのどちらもが楽しめます。

Alive 概要

「Alive」はSIA 7枚目「This Is Acting」収録曲。シングルとしてもリリースされましたし、アルバムの核となっていた曲。

間違いなく比較をされるので逆に難しいと思いますが、そこはドートリー。オリジナルに似せるでも、アコースティックでもないロックを聞かせてくれます。

デビューのきっかけとなったアメリカン・アイドルでの実績が、ここにきていかんなく発揮されたと言っていいかも…。

またカバーいえどもバンドの本気を感じるのは、聞こえてくる音だけではなく、リリックビデオとMVどちらも制作していることからも伺えます。

Alive

SIA のカバー「Alive」。

始まりの静けさはオリジナルに沿うものですが、徐々に姿を見せつつサビの途中からロックな形に。すこからずっとではなく、1度戻すのがにくいアレンジ。

リスペクトをしつつ、自らの形を示す。実力があるからこそですが、うまい見せ方。聞いていてしびれるものがあります。

I have made every single mistake
That you could ever possibly make

「俺は全ての間違いを犯してきた。あなたが今までにしていないようなことも」。女性と男性では間違いに違いがあるだろうなと、感じさせます。

サビが強いからこそつなぎの部分でとして聞いていたのですが、比較するからこそ面白みが増した部分。比べて聞いてみることをオススメします。

I’m still breathing, I’m still breathing
I’m alive

「俺は息をしている。生きているんだ」。同じ歌詞であるのに、SIAとはまた別の聞こえ方がするのが興味深い。別の形の「Alive」です。

SIAのオジリナル、ドートリーを先でもいいので、双方を比べて聞いてみると面白いですよ。アレンジもですが、女性と男性の違いが出た感じです。

あとがき

カバーでありながら、まるで自分の曲のように表現したドートリー。この「Alive」を聞いて面白いと思う方は多いのではないでしょうか。

また、ドートリーファンであれば気になるのがロックなアレンジ。初期はハードでも近年はポップス寄りだったので、逆に意外に思った人も多いはず。

カバーではありますが「Alive = 生きる」であることも含め、音として表現の回帰というか、大きな変更になりそうが気がしています。

2021年には6枚目のアルバム「Nothing Lasts Forever」のリリースが予定されているドートリー。初期のファンほど、楽しみに待ってよさそうです。

 

以上、『Daughtry:Alive ~俺は今ここで生きているんだ~』でした。


『Daughtry』をApple Musicで

Daughtry 関連記事

2006/11/21 release 1st Album
Daughtry:Daughtry ~強烈過ぎなファーストインパクト~

2009/7/14 release 2nd Album
Daughtry:Leave This Town ~もう僕はこの場所にはいない~

2018/7/27 release 5th Album
Daughtry:Cage to Rattle ~型にはまるのかそれとも…~

2019/12/18 release Digital Single
Daughtry:Alive ~俺は今ここで生きているんだ~ ←今ココ

2020/8/13 release Digital Single
Daughtry:World On Fire ~この状況に天使さえも涙する~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント