Cyhra:No Halos in Hell ~その場所が歓迎されるものでなくても~

Cyhra:No Halos in Hell洋楽レビュー
洋楽レビュー

Cyhra (サイラ) 2枚目のアルバム「No Halos in Hell」。

高いクオリティを誇った1枚目「Letters To Myself」から約2年ぶり。今作も充実度が高く、聞き手の高くなった期待に応える内容のアルバム。

リリースをするまでにベーシストのピーター・イワースの脱退はありましたが、バンドの活動が止まることはありませんでした。

モダンメタルを聞くなら、必ず押さえておきたい1枚です。

【中古買取サイトBUY王(バイキング)】

No Halos in Hell 収録曲概要

「No Halos in Hell」収録曲は以下の通り。

  1. Out of My Life
  2. No Halos In Hell
  3. Battle From Within
  4. I Am the One
  5. Bye Bye Forever
  6. Dreams Gone Wrong
  7. Lost In Time
  8. Kings Tonight
  9. I Had Your Back
  10. Blood Brothers
  11. Hit Me
  12. Man of Eternal Rain
  13. Kings and Queens
  14. Lies
  15. Lost In Time (Full Band)
  16. Dreams Gone Wrong (Acoustic)
  17. Kings Tonight (Acoustic)
  18. I Am the One (Acoustic)

曲数が18曲と多いですが、13曲目以降はボーナス・トラック。本編は12曲目の「Man of Eternal Rain」でしっかりと完結。

18曲で1枚のアルバムと考えるよりも、ボーナス・トラックはその名の通りのおまけと考えた方が、より楽しめると思います。むしろない方がよかったかも…。

クオリティが高いからこその、ムダなものはいらないという贅沢な悩みですね。

Out of My Life

オープニングはアルバムのリードトラック「Out of My Life」。(1曲目)

前作を気に入っている人であれば、「よしっ! きた〜!」 と感じる曲。モダンメタルとして、歌に演奏もカッコいい要素が多く含まれています。

他のバンドであればデスボイスを入れてしまうのでしょうけれど、クリーンボイスのみというのが、サイラのバンドとしての特徴を大きくしていますよ。

余計なことをしないことで、カッコいい曲に仕上がっています。「Out of My Life = 心が離れた」と歌っていますが、バンドの未来が見えてきそうな曲です。

Battle From Within

私を忘れないでと歌った「Battle From Within」。(3曲目)

戦いの中で失われてしまうもの、失われていく人々がいる。傷は癒やされないけれど、私のために歌って欲しい。自分は歌うよと、切ない思いの曲。

望んで戦いをする人なんて少ないですから、失われるものや人々の多さに、より切なさが格段に増加。寂しいからこそ、引かれるものがありますね。

戦うのはその人の勝手だけど、失うものも大きい。そのことも私のことも含めて忘れないでほしいんだといっているような気がしました。

I Am the One

私は1人だという曲名が特徴的な「I Am the One」。(4曲目)

人は最後は1人ですから、「I Am the One」と自分に言い聞かせているような曲。文量はとても短いのですが、メッセージは強い歌詞になっています。

思い通りに行かないことは多いけれど、誇りを持ち、自分を忘れててはいけない。でなければ人を憎んでしまうからと、言っている気がしました。

メインにはならないですけれど、ライブ映えをしそうな曲です。

Dreams Gone Wrong

失ってしまう切ない夢を歌った「Dreams Gone Wrong」。(6曲目)

夢というと楽しいことを想像してしまいますけれど、夢でさえも大切なものを失っていくという、切ない曲。間奏の明るい音使いが、逆に寂しさを感じます。

切なさを表現するのに、あえて暗い音を出さなくても形にできる。この曲を聞いて参考になったというバンドマンは、きっと多いのではないでしょうか?

失っていくものに対して、それでいいのか? と問いかけているような思い…。すごく切ないのですけれど、だからこそ気になってしまう曲です。

Hit Me

切ない曲が多い中で攻撃的な「Hit Me」。(11曲目)

誰かのためでなく自分を奮起させるための思いは、恐れる前に先に進め! と強い背中を押してくれます。何をするにも、最後の決断は自分自身ですから…。

1度聞いてグサッとくるわけではないのですが、何回も聞いているうちにチクッとしはじめるスルメ曲。繰り返して聞いてみることをオススメします。

演奏もカッコいいので、楽器を弾く人は特に気に入る人が多いと思いますよ。

あとがき

2枚目のアルバムもクオリティが高い! もう元Amaranthe、In Flamesという肩書がなくても、サイラとしてだけで楽しめるのは間違いありません。

バンドが繰り出す切ないメロディーとカッコいいモダンメタルの音は、日本で大きく支持される要素を持っています。1度でも聞けば、気にいる人は多いはず!

特に切なさは、サイラならではの特筆すべきポイントと言っても大げさではありません。激しい中に、哀愁を感じずはいられない音。

2枚のアルバムでオリジナルだけで十分勝負ができますし、来日公演を期待したいですね。ライブが起爆剤となり、きっと大きな輪が広がって行きますよ。

しっかりと聞けるモダンメタル。サイラは強くオススメができるバンドです。

 

以上、『Cyhra:No Halos in Hell ~その場所が歓迎されるものでなくても~』でした。


『Cyhra』をApple Musicで

Cyhra 関連記事

2017/10/20 release 1st Album
Cyhra:Letters To Myself ~今だからこそ自分自身に問いかけてみる~

2019/11/15 release 2nd Album
Cyhra:No Halos in Hell ~その場所が歓迎されるものでなくても~ ←今ココ

2013/3/13 release 2nd Album ※Jake E 在籍
Amaranthe:The Nexus ~絆を解き放った先に未来はやってくる~

2014/10/21 release 3rd Album ※Jake E 在籍
Amaranthe:Massive Addictive ~体中に毒が回り侵食されたんだ~

2016/10/21 release 4th Album ※Jake E 在籍
Amaranthe:Maximalism ~それぞれを最大限に振り切った形~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント