【U-NEXT】
U-NEXT

cluppo:PEACE&LOVE/Flapping wings ~そこに平和があるから~

cluppo:PEACE&LOVE/Flapping wings邦楽レビュー
邦楽レビュー

cluppo (クルッポ) 1枚目のシングル「PEACE&LOVE/Flapping wings」。

前作「PEACE&LOVE」から4カ月。BAND-MAID のギタリスト 小鳩ミク ソロ・プロジェクトの第2弾。

なんとなく想像していた方も多いと思われれる、鳩の日(8月10日)のリリース。HIPPIE-POPPOで前向きな歌は、聞いた人の気持ちを優しくしてくれます。

PEACE&LOVE/Flapping wings 収録曲概要

「PEACE&LOVE/Flapping wings」収録曲は以下の通り。

  1. PEACE&LOVE
  2. Flapping wings

タイトルそのままの通り。「PEACE&LOVE」は4月1日エイプリルフールに配信開始されましたが、CDの盤としても欲しいという声があったそう。

「Flapping wings」のリリースタイミングをきっかけに、3,900枚限定でレコード会社公式オンラインショップのみで販売されます。

このCDは日本からだけでなく、海外から購入が可能。今はサブスクなどストリーミング配信が聴き方として主流だからこそ、これはいいんじゃないかなと。

聞ければいいという人、物として持ちたい人もいます。聞き手の選択肢を尊重する形で増やしたのは、cluppoで表現する世界平和にもつながりそうです。

マジョリティ(多数)だけにすると、見えない部分も出てきますから…。

また、ちゃんと「PEACE&LOVE」を含める形にしたのは、ナイス判断です。

とはいえこの手法はレコードだと増えてきましが、CDだとなかなか珍しいかも…。反響があったからこそなので、今後も面白いことをしてくれそうです。

Flapping wings

私はこの手を広げるよ「Flapping wings」。(1曲目)

一人で閉じこもってしまうのではなく、君と勇気を持って進む一歩を。何があるかは分からないけれど、今この時にはない世界がきっと広がるはず。

スタッカート強めの跳ねた音ともに、その思いが楽しさを感じさせます。

誰かがいってた『普通』じゃなく
私らしさの『違い』

よくあるその人には普通であっても、自分には特別や非現実なこと。それが人との違いでもあるのですが、思いの他に”普通”って実現するのは難しいんです。

背伸びするのではなく、あくまでも私らしくというのが一番普通でありそうです。

君と
いっせーので 今 新しい一歩

自分の一人ではなく、君と新しい一歩を。全ての考え方がて完全一致することはなかったとしても、一人では作り出すことのできないのが平和でもあります。

勇気もいるし、間違えることもあっても、先に進もうという気持ちと行動が世界を変えてくれるのでしょう。悪い方向に行くなんて考えないですから…。

ずっきゅん! ばっきゅん! どっきゅん!

曲始まりの「萌え萌え萌え萌え萌え…」もですが、何かよく分からないけれど、それでも楽しい。笑顔になってしまうというのは、いいですよね。

その時が平和であるからこそ、微笑んでしまうので。最初は小さなことでもつながるから大きな輪へ。cluppoで行っている表現は、聞いていて楽しくなります。

歌詞にも「CQ = 送信可能な全てに一括送信」とありますが、PEACE&LOVEはいつか受け取ってくれる人がいるから広がっていきそうです。

また、BAND-MAIDでもそうですが、音として聞くだけでなく、単体だけを見ても楽しめる歌詞。押し付けるのではなく、よく組み立てられている歌詞です。

ほぼ日本語なので、HIPPIE-POPPOな音以上にBAND-MAIDの中で歌うのとは異なる表現。ちゃんと差別化ができていることも、興味深く聞ける一因です。

あとがき

リリースは鳩の日(8月10日)。そもそも”810″はソロプロジェクト名の候補にもあったそうですが、日本人しか分からないということで却下…。

英語にすれば「鳩 = pigeon」ですから、これは納得。BAND-MAID をきっかけで海外のファンも多いですから、ちゃんと考慮がされた形です。

また、今作のリリースからのインタビューを見ていて興味深かったのは「PEACE&LOVE」の時点では単発で、続く展開は決まっていなかったそう。

反響があったからこそ次の展開として「Flapping wings」が制作され、こうしてリリースされる。実際の所は鳩の日も結果的にという感じなのでしょう。

楽しげに語ってはいましたが、プロとして音楽をする厳しさが見える部分でもありました。今作も次に繋がる、良い反響があればいいですよね。

現状はBAND-MAIDをきっかけに聞く方が大多数だと思いますが、逆にcluppoからなんてことが起こり始めると、いい感じになるのではないでしょうか。

音楽は曲そのものがいいのは前提ですが、何かのタイミングがきっかけで、跳ね上がるのことは音楽にとって何も珍しくはないことですから…。

表現する音、歌詞も面白いですから、良い反響が得られるといいですね。

 

以上、『cluppo:PEACE&LOVE/Flapping wings ~そこに平和があるから~』でした。


Amazon【cluppo】関連商品

cluppo 関連記事

2021/4/1 release Digital Single
cluppo:PEACE&LOVE ~ラブリーが平和を作るっぽ~

2021/8/10 release 1stl Single
cluppo:PEACE&LOVE/Flapping wings ~そこに平和があるから~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
BAND-MAID (バンドメイド)

2019/4/3 release 1st mini Album
BAND-MAIKO:BAND-MAIKO ~ネタではなく本気でっせ~

The following two tabs change content below.

コメント