ClariS:SUMMER TRACKS -夏のうた- ~思い出に残したい日々~

ClariS:SUMMER TRACKS -夏のうた-邦楽レビュー
邦楽レビュー

ClariS (クラリス) 2枚目のミニ・アルバム「SUMMER TRACKS -夏のうた-」。

ClariSの初の配信限定シングルとなった「シグナル」と同時に、リリースがされたミニ・アルバムです。収録内容は、夏のうたがコンセプトになっています。

2016年に春のうたがコンセプトの「SPRING TRACKS -春のうた-」がリリースされていますので、このミニ・アルバムは季節モノコンセプトの第2弾です。

オリジナル曲ではなく、カバー曲がメインとなるのも通常とは異なる点ですね。夏のうたということで、いろいろな夏をイメージできる曲が収録されています。

SUMMER TRACKS -夏のうた- 収録曲概要

「SUMMER TRACKS -夏のうた-」の収録曲は以下の通りです。

  1. secret base ~君がくれたもの~
  2. Diamonds
  3. タッチ
  4. 恋のバカンス
  5. Summer Delay

1〜4曲目がカバー曲、5曲目がオリジナル曲となっています。カバー曲は曲名を見ただけで、音楽ファンでなくても誰でも分かるような大ヒット曲です。

カバー曲の4曲は確かに夏をイメージする曲ですから、夏をコンセプトというこのミニ・アルバムにぴったりな選曲になっています。

夏にぴったりとはいえ有名曲過ぎて逆にプレッシャーにならないのかな? というぐらいでしたが、どの曲もカバー曲でありながらClariSの曲になっていました。

4曲ともカバーがよくされている曲ですけれど、レベルが高いカバー曲です。

secret base ~君がくれたもの~

言わずと知れたZONEの名曲のカバー「secret base ~君がくれたもの~ 」。(1曲目)

シンプルな曲ですが、歌ってみると実はすごく難しいこの曲。アイドルグループがよくカバーしていますけれど、失敗しているのをよく聞く曲でもあります。

オリジナルのZONEも、この曲があまりにもヒットしてしまって、曲が独り歩きして活動を難しくしてしまった感じがします。名曲ですが、本当に難しい曲…。

ClariSのカバーはどうかといえば、すごくうまくいっています。最初のAメロで流れを強くしてしまわずに、そのままの流れを通したClariS流のカバーです。

これがうまくいっていて、オリジナルと遜色(そんしょく)がない感じになっています。カバー曲ではなく、ClariSの曲ですというイメージで歌っていますよね。

最後の「君と夏の終り…」のクララとカレンの声が重なる部分は、ドキッしてしまうぐらいです。絶対に聞き逃さずに聞いてほしい部分になっています。

Diamonds

プリンセス プリンセスのカバー曲「Diamonds」。(2曲目)

オリジナルは強さも感じる曲でしたが、ClariSのカバーは強さの代わりに優しさが増した曲に変わっています。こういう「Diamonds」もあるんですね。

オリジナルと違った感覚で聞けるのはクララとカレンの歌声はもちろん、バンドではなくコンプレッッサーのかかった音になっているのも関係していそうです。

歌を聞いてほしいからこそ変わったサウンドが、曲のイメージを変えています。

タッチ

岩崎良美のカバー曲「タッチ」。(3曲目)

1985年のリリースと古い曲ですが、今も聞く機会の多い曲です。年代を問わず聞く機会が多いからこそ認知度が高く、逆に歌うのは難しかったかも…。

ClariSのカバーは、一言一言の言葉をとても大切にした歌い方をしています。歌うと分かりますが、言葉をぼやけずに歌うのは難しい曲だったりします。

だからこそノリだけで歌ってしまう曲であるのに、しっかりと言葉を歌えているClariSのタッチは、世代を問わずすんなり聞けるカバーになっていました。

言葉はしっかり歌えているのに、不要なアレンジや、必要以上に個を出していないのもいい感じです。コピーではなく、カバー曲になっています。

恋のバカンス

ザ・ピーナッツのカバー曲「恋のバカンス」。(4曲目)

オリジナルは1963年のリリースと完全に世代が異なっていて、懐かしの名曲でも古くなるこの曲を選曲したきたことに、興味が深まります。

50年以上前の曲は他の曲と一緒にした時に浮いてしまうんじゃないかと考えてしまいますけれど、古臭くないようにうまくアレンジされてカバーです。

オリジナルの原型は崩さずに今の曲として聞けるようにしたのに加えて、同じ2人組とグループとしての敬意が感じられるカバーになっていました。。

古くてもいい曲はいつの時代に聞いてもいい曲なんだと、感じさせてくれます。

Summer Delay

ミニ・アルバムの中で唯一のオリジナル曲「Summer Delay」。(5曲目)

カバー曲の中でもオリジナルが断トツで1番歴史がある古い曲の「恋のバカンス」の次に最新曲を持ってくるというのが、面白いです。

八月の夜 夏の果のイマージュ

楽しくハッピーな夏の曲ではなく、なんでこんなことをしてしまうんだろう? 理由を夏や君のせいにしてしまうという、少し後悔も入った切ない曲…。

過去の曲ではなく今の曲というのもありますが、とても洗練されている曲です。ミニ・アルバムのラストの曲だからこそ、感じることが強くなります。

「Summer Delay」という曲名も絶妙で、夏が終わったあとも夏での出来事を思い出してしまう、夏での出来事が遅れてやってくるというのがまたいいです。

多くの方が思い浮かべるであろう夏の楽しくハッピーではない、この曲。聞いていて心に引っかかりますし、何度も聞きたくなる曲になっています。

あとがき

夏のうたをコンセプトにした、今回のミニ・アルバム。

通常のClariSの音源とは異なる部分がありますが、それでもClariSを感じさせてくれるのは、アーティストの力を感じさせてくれます。

カバー曲は多くの場合は中途半端になりやすいのに、ClariSの曲にしまっていること。オリジナル曲も含めているのが、うまくいっている理由ですよね。

まだ夏が終わる前に、このミニ・アルバムを聞いてみてはいかがでしょうか? この夏にやり残していることが、聞くことで見つかるかもしれませんよ。

春、夏ときて次に続くであろう秋、冬はClariSが得意とするところですよね。秋のうた、冬のうたも期待して待ちたいなと感じた今回のミニ・アルバムです。

 

以上、『ClariS:SUMMER TRACKS -夏のうた- ~思い出に残したい日々~』でした。


『ClariS』をApple Musicで

ClariS 関連記事

2016/3/2 release 1st Mini Album
ClariS:SPRING TRACKS -春のうた- ~爽やかな匂いがすぐそこに~

2019/8/14 release 2nd Mini Album
ClariS:SUMMER TRACKS -夏のうた- ~思い出に残したい日々~ ←今ココ

2019/8/14 release Delivery limited Single
ClariS:シグナル ~二人で手を伸ばした先にあるモノ~

2020/3/4 release 21st Single
ClariS:アリシア/シグナル ~私たちの未来のために運命を変えていく~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント