ClariS:SPRING TRACKS -春のうた- ~爽やかな匂いがすぐそこに~

ClariS:SPRING TRACKS -春のうた-邦楽レビュー
邦楽レビュー

ClariS (クラリス) 1枚目のミニ・アルバム「SPRING TRACKS -春のうた」。

タイトルにもあるように、「春のうた」がコンセプトで制作されたミニ・アルバム。カバーがメインになるのが、普段の活動とは少し異なります。

現在は季節ものは第2弾「SUMMER TRACKS -夏のうた-」がリリースされていますので、季節モノの第1弾となったミニ・アルバム。

春のうたということで、爽やかな曲がそろっているのが特徴になっていますよ。

SPRING TRACKS -春のうた 収録曲概要

「SPRING TRACKS -春のうた」収録曲は以下の通り。

  1. ひらひら ひらら
  2. さよならメモリーズ
  3. sakura
  4. 明日、春が来たら
  5. 赤いスイートピー

1曲目がオリジナル、2〜5曲目がカバーとなっています。カバーはどれもが有名曲となっていますが、タイトルからして春らしい感じですよね。

実際に、この1枚を聞いて思うのは爽やかさ。いつどのタイミングで聞いても、春を感じられるような形になっています。これは何気にClariSならではかも…。

ひらひら ひらら

オープニングは今作で唯一のオリジナル「ひらひら ひらら」。(1曲目)

琴の音色は新年のイメージがありますが、使い方によって春にもなるんだとビックリさせる曲。聞いていてとても興味深く感じました。

サヨナラしたら
会えないのでしょうか

春は別れと出会いの季節でもありますが、どちらの気持ちが1曲に入っているのは珍しい。別れはあっても 、また会えたらと思ってします。

花びらは散ってしまうけれど、落ちたものが集まって橋となり、道ができればきっとまた会えるんだと感じずにはいられません。きれいな春のうた。

「SUMMER TRACKS -夏のうた-」ではラストにオリジナルであることがはまっていましたが、春のうたでは1曲目であることでいい感じになっています。

さよならメモリーズ

supercellのカバー「さよならメモリーズ」。(2曲目)

オリジナルはバンド部分の強い曲でしたが、原型は変えずに色を抑えることでClariS流の「さよならメモリーズ」になっています。

Aメロ、Bメロは2人ではなく、1人で歌っているのもいいですね。全てのパートを2人で歌ってしまったら、イメージが異なるカバーとなっていたはず…。

春だからこそあるサヨナラですが、思いと言葉で伝えられた…。もともとオリジナルがとてもいい曲。聞く人の経験とともに、昔を思い出してしまいます。

sakura

NIRGILISのカバー「sakura」。(3曲目)

春は別れの季節だから、自分の気持に気付くことがある。私はあなたのことが好きだったんだ…。っていうのはよくあります。気付くのが遅いという…。

思いがあるのならば別々の道へ進む前に言ってくれよ! と思ってしまう場合もありますが、別れが近づいたからこそ気付いてしまったんだと。切ないですね。

本当は切ないけれど、気持ちが届いたらいいんだの思いがあることで、寂しいだけの恋になっていません。思い出にありがとうという感じ。

夏にある一時の恋でなく、時間があった上での今になって気付いた感情というのがはかなくもなり、きっと思い出となるのでしょう。

すごく爽やかなカバーになっていて、何回でも聞いてしまいます。

明日、春が来たら

松たか子のカバー「明日、春が来たら」。(4曲目)

曲名に言葉が含まれているのを抜きにしても、春のうたという気がします。名曲ですが、松たか子のデビュー曲というのも、調べてみて驚きでした。

松たか子というとアナと雪の女王の「Let It Go」のイメージが強い方も多いと思いますけれど、自分はこの「明日、春が来たら」ですね。

もともとが爽やかで優しいでしたが、ClariSが歌うことでより豊かになった形に。聞いていると、春がくるのを待ち遠しく感じてしまいます。

来年の春はどんなことができたり、新しいことが待ち構えているのでしょうか?

赤いスイートピー

松田聖子のカバー「赤いスイートピー」。(5曲目)

今後もアイドルとして、語り継がれるのが間違いない名曲。オリジナルを越えようではなく、敬意をもって歌ったのがわかる形になっています。

そう感じられるのは、一言一言の言葉をしっかりと伝えようというのが伝わってくるからじゃないでしょうか。気持ちの優しい「赤いスイートピー」。

サビでクララとカレンの歌声が重なるのは、オリジナルにはない要素にもなっています。名曲ぞろいのミニ・アルバムですが、締めとして最適な曲です。

あとがき

春のうたをコンセプトにした、このミニ・アルバム。

収録されている5曲がどれも爽やかで、聞いていて軽やかな気持ちになれる内容。変に多くはせずに5曲と少ないのも、またいい感じですよ。

ClariSの季節モノのミニ・アルバムは春、夏とリリースされていますので、秋、冬もリリースがされるのは間違いないと思います。逆に出ないと嫌ですね。

秋、冬の曲は曲調的にClariSが得意でしょうから、楽しみ! 春から夏へは3年のリリース間隔がありましたが、もう少し早いタイミングを期待しています。

 

以上、『ClariS:SPRING TRACKS -春のうた- ~爽やかな匂いがすぐそこに~』でした。


『ClariS』をApple Musicで

ClariS 関連記事

2016/3/2 release 1st Mini Album
ClariS:SPRING TRACKS -春のうた- ~爽やかな匂いがすぐそこに~ ←今ココ

2019/8/14 release 2nd Mini Album
ClariS:SUMMER TRACKS -夏のうた- ~思い出に残したい日々~

2019/8/14 release Digital Single
ClariS:シグナル ~二人で手を伸ばした先にあるモノ~

2020/3/4 release 21st Single
ClariS:アリシア/シグナル ~私たちの未来のために運命を変えていく~

2020/10/21 release 2nd Best Album
ClariS:ClariS 10th Anniversary BEST – Pink Moon – ~今現在の空~

2020/10/21 release 3rd Best Album
ClariS:ClariS 10th Anniversary BEST – Green Star – ~これからの空~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント