ClariS:アリシア/シグナル ~私たちの未来のために運命を変えていく~

ClariS:アリシア/シグナル邦楽レビュー
邦楽レビュー

ClariS (クラリス) 21枚目のシングル「アリシア/シグナル」。

同時発売となったミニ・アルバム「SUMMER TRACKS -夏のうた-」、配信限定シングル「シグナル」から約半年ぶりのリリースとなりました。

今作は「シグナル」を含めた、ClariS初の両A面シングルです。両A面2曲を含めた3曲のシングルは、ClariSらしい爽やかな内容になっていました。

【Amazon】

アリシア/シグナル 収録曲概要

「アリシア/シグナル」の収録曲は以下の通りです。

  1. アリシア
  2. シグナル
  3. ユニゾン
  4. アリシア -Instrumental-
  5. シグナル -Instrumental-

両A面の2曲はどちらも「マギアレコード」に関連した曲です。「シグナル」は配信開始してから期間がたっていますが、共通点があるということですね。

共通点のある2曲にユニゾンが加わることで、興味深いシングルになっています。3曲の組み合わせは聞いていて、きっと面白いなと思ってしまいますよ。

アリシア

テレビアニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」エンディングテーマ「アリシア」。(2曲目)

誰かの決めたのではない、私たちの道を見つけたい! という、強い思いを感じる曲です。私ではなく、”私たち”というのがキーポイントになっています。

流れて行くとしても
消えて行くとしても
知りたい未来があるのなら

私たちの道を行くのは、理由があるんだと感じました。過去ではなくこの先の未来のためにとなると、思いも強くなりますよね。しかも1人じゃありません。

1人じゃない、2人の思いが同じ思いで重なるからこそ、強さを感じる曲です。

昨年末からアニメのテーマ・ソングを歌うアーティストが集まった歌番組に出演していましたが、クララとカレンが出演しているMVが印象的になっています。

ユニゾン

曲名の通り2人のユニゾンする歌声が気持ちがいい「ユニゾン」。(3曲目)

ユニゾンとは音楽用語で、2つの以上の音が同時に重なって1つの音になることを意味します。クララとカレンの歌声が重なり、ユニゾンになっているんです。

気の側にいる それだけのことで
バランスを失った世界 煌めいて弾ける

側にいることが重要だったという、正に2人のことを示している歌詞です。

曲調はオールディーズなんですけれど、古さをそのままではなく、2020年のオールディーズになっているのが興味深い曲です。聞いていて楽しくなります。

オールディーズの曲は固定概念に入ることが多いですが、この曲は違うんです。新しい要素を積極的に含んだオールディーズは、ライブで映えることでしょう。

あとがき

共通点のあるアリシア、シグナルに、ユニゾンが加わることで、より強力になっているシングルです。中でもユニゾンの役割は、とても大きいですよ。

本来であれば春は希望を感じる季節ですが、外に出るのも心配としてしまう2020年の春です。そんな中で希望をくれる、シングルではないでしょうか。

優しいけれど、気持ちの強さを感じる3曲は、そっと背中を押してくれます。

 

以上、『ClariS:アリシア/シグナル ~私たちの未来のために運命を変えていく~』でした。


『ClariS』をApple Musicで

ClariS 関連記事

2016/3/2 release 1st Mini Album
ClariS:SPRING TRACKS -春のうた- ~爽やかな匂いがすぐそこに~

2019/8/14 release 2nd Mini Album
ClariS:SUMMER TRACKS -夏のうた- ~思い出に残したい日々~

2019/8/14 release Delivery limited Single
ClariS:シグナル ~二人で手を伸ばした先にあるモノ~

2020/3/4 release 21st Single
ClariS:アリシア/シグナル ~私たちの未来のために運命を変えていく~ ←今ココ

コメント