Camila Cabello:Romance ~私が体験してきた14の恋の物語~

Camila Cabello:Romance洋楽レビュー
洋楽レビュー

Camila Cabello (カミラ・カベロ) 2枚目のアルバム「Romance」。

1枚目のアルバム「Camila」から約2年ぶりとなるアルバムは、カミラ・カベロの色がより濃くなったようなアルバムになっています。

1枚目の「Camila」の時もFifth Harmony (フィフス・ハーモニー)の活動の時よりも色濃くなったように感じたのですが、今作はさらにという感じです。

12月と冬で外は寒くなっていますけれど、アルバムジャケットの赤のドレスのような情熱と熱さを感じられる内容のアルバムになっています。

女性のポップスではありますが、カッコいいなと思える興味深いアルバムです。

【Enjoy Your Sound】
Enjoy Your SoundEnjoy Your Sound

Romance 収録曲概要

「Romance」の収録は以下の通りです。

  1. Shameless
  2. Living Proof
  3. Should’ve Said It
  4. My Oh My (feat. DaBaby)
  5. Señorita
    Camila Cabello & Shawn Mendes
  6. Liar
  7. Bad Kind of Butterflies
  8. Easy
  9. Feel It Twice
  10. Dream of You
  11. Cry for Me
  12. This Love
  13. Used to This
  14. First Man

「Romance」というアルバム・タイトルの通り、14の恋のロマンスが聞けるアルバムです。ラブソングであるのに、甘ったるいラブソングはありません。

あなたが好き、愛しているという甘ったるいラブソングも好きですが、少し異なるラブソングは聞いていて気になります。カッコいいラブソングです。

バックの演奏を注目して聞くと、音数が思いの外に少ないことにビックリします。カミラ・カベロの情熱的な歌や歌詞もいいですが、演奏も注目ですよ。

Shameless

オープニング曲「Shameless」。(1曲目)

曲名の「Shameless = 恥知らず」だけでなく、インパクトが強い曲です。個性がある今作の14曲の中でも、オープニング曲にベストといえます。

少しドキドキした時のテンポであるのが、印象度を上げる結果になっている聞いていて面白い曲です。アタックで強調しているのが、歌なのもいいですね。

恋をして相手を必要とするのも必要とされるのも、よく見られようと恥をかくことを恐れていては、結果に結びつかないよと言っている気がしました。

恥をかくというのは、恋でなくても多くの行動に必要なことです。あえてクセのある歌い方にしているのが、気になって繰り返して聞いてしまいます。

Living Proof

穏やかな曲調とは裏腹に、情熱的な愛情を歌った「Living Proof」。(2曲目)

あなたと一緒にいられることが私の生きている証とは、なかなか言える言葉ではありません。幸せな思いを感じているからこそ、穏やかな曲なのでしょうね。

キリスト教で歓喜や感謝を表す「Hallelujah = ハレルヤ」を歌うと何回も曲中にでてくるのですが、あなたと出会えたことに感謝をしているように感じます。

ささやくように歌ったり、曲が穏やかであるのが、より思いが伝わってくるようです。1回聞いてすぐよりも、繰り返して聞くことで思いが強くなりますよ。

Señorita

ショーン・メンデスとのコラボ曲の「Señorita」。(5曲目)

スペイン語で未婚の女性を意味する「Señorita = セニョリータ」。実カップルというのもありますが、ショーン・メンデスの包み込むような声が印象的です。

この曲はコラボ曲としてデュエットをしているからこそ、情熱的な恋の歌になっています。歌詞も含めて、日本のアーティストでは聞けない情熱さですね。

曲中に何回も出てくる「I love it when you call me Señorita = あなたが私をセニョリータと呼ぶ時が好き」なんて、ぐっと引かれる歌詞でした。

ラブソングであるのに、カッコいいなと思いが強くなる曲です。

Liar

スタッカートできちっときって歌うのが印象的な「Liar」。(6曲目)

「Liar = うそつき」ですけれど、きって歌うことが思いの念がこもっているように聞こえます。トランペットのメロディーも含めて、とても興味深い曲です。

1つのうそが疑いを生み、大きな疑いになっていく様子が面白く感じます。

曲名が思い出せないのですが、サビのメロディーにとても似た曲があるんです。思い出せないからこそ、聞いていてすごく気になった曲でした。

歌詞の補完をするようなストリー仕立てのMVは面白いので、オススメです。

Cry for Me

サビが印象的な「Cry for Me」。(11曲目)

「Cry for Me = 私のために泣く」は相手が泣くのではなく、心の中のもう1人の私のように聞こえました。泣いているのは、自分自身という感じです。

もう1人の自分と会話のやり取りをしているような歌詞は、サビの繰り返すメロディー以上に気になってしまいました。歌詞の内容を含めて興味深い曲です。

動画のスタジオライブがカッコいいのに、歌い終わりの笑顔がキュートですね。

Used to This

これに慣れているという少し意味深長な曲の「Used to This」。(13曲目)

アルバムの中で最もシンプルと言える曲ですが、歌詞に込められた思いはアルバムの中で1番複雑ではないかと感じる曲です。解釈がいろいろとできますよ。

慣れることができたのはあなたを失って1人で過ごすことなのか、あなたと一緒に過ごすことなのかは、聞く人によって印象が違ってきそうです。

シンプルだからこそ、歌詞を含めて気になった曲でした。聞く時によって感覚が変わってきそうですが、1人でいることに慣れたのかなと今は感じています。

あとがき

14曲とフルボリュームでありながら、47分とコンパクトであるのもポイントのアルバムです。不要な曲の部分はカットするという、お手本にもなりますよ。

演奏がシンプルでバックの音数が少ないのに、ゴージャスな感じがします。歌詞の解釈を聞く人のよって幅を広がったのが、1枚目との違いな気がしました。

このアルバムの内容は、日本人では表現が不可かも…。カミラ・カベロはまだ22歳というのですから、この表現力には驚きしかありません。

1枚目の「Camila」も好きでよく聞くのですが、2枚目の「Romance」も長い期間楽しんで聞けるアルバムになりそうです。寒さが吹き飛ぶ内容ですよ。

 

以上、『Camila Cabello:Romance ~私が体験してきた14の恋の物語~』でした。


『Camila Cabello』をApple Musicで

Camila Cabello 関連記事

2018/1/12 release 1st Album
Camila Cabello:Camila ~今1人になった私だからこそ歌えた歌~

2019/12/6 release 2nd Album
Camila Cabello:Romance ~私が体験してきた14の恋の物語~ ←今ココ

2019/7/12 release 4th Album ※コラボ曲「South of the Border」収録
Ed Sheeran:No.6 Collaborations Project ~続きのコラボがありました~

コメント