BPMD:American Made ~俺たちがブラッシュアップしたらこうなる~

BPMD:American Made洋楽レビュー
洋楽レビュー

BPMD (ビーピーエムディー) 1枚目のアルバム「American Made」。

聞き慣れない名前は、メンバーの頭文字を取ったバンド名。誰かと知れば歴戦の経験者による、クラシック・ロックを独自の解釈でカバーするプロジェクト。

【Vocal】
Bobby “Blitz” Ellsworth (OVERKILL)
【Drums】
Mike Portnoy (THE WINERY DOGS、SONS OF APOLLO、元DREAM THEATER)
【Bass】
Mark Menghi (METAL ALLEGIANCE)
【Guitar】
Phil Demmel (VIO-LENCE、元MACHINE HEAD)

メタルが好きなら知っていて当然といえる、メンバーのプロジェクト。カバーであるからこその懐かしさと、今に変わった興味深い音を聞かせてくれます。

【Amazon】

American Made 収録曲概要

「American Made」収録曲は以下の通り。

  1. Wang Dang Sweet Poontang (TED NUGENT)
  2. Toys in the Attic (AEROSMITH)
  3. Evil (CACTUS)
  4. Beer Drinkers & Hell Raisers (ZZ TOP)
  5. Saturday Night Special (LYNYRD SKYNYRD)
  6. Tattoo Vampire (BLUE ÖYSTER CULT)
  7. D.O.a. (BLOODROCK)
  8. Walk Away (THE JAMES GANG)
  9. Never in My Life (MOUNTAIN)
  10. We’re an American Band (GRAND FUNK RAILROAD)

アルバム・タイトル「American Made」の通り、全てアメリカのバンドのカバー。プラスして1970年代にリリースされた曲に限定された収録曲。

「Walk Away」、「We’re an American Band」はインタビューを見る限りは不明ですが、各メンバーがそれぞれ2曲ずつ持ち寄ったというのは民主的。

バンドの関係性、インタビューを見る限りは1回限りのプロジェクトではなさそうなので、今後でより面白い展開を見せてくれるかもしれません。

Wang Dang Sweet Poontang

TED NUGENTのカバー「Wang Dang Sweet Poontang」。(1曲目)

再生してすぐに、メタルに変わったのが分かる曲。ボビーが歌えばそのままになるはずもなく、聞いていてくせになる要素がたっぷりです。

All right, baby
You see what I got here in my hands
I got it right in my hands

「ベイビー。俺が手に入れたものを見てくれ! 手の中に持っているから」。俺たちなりに解釈すると、こうなるぜと言っているかのよう。

ロックンロールなリフが、ギターを手にしていると弾きたくなります。

Toys in the Attic

AEROSMITHのカバー「Toys in the Attic」。(2曲目)

原曲はもちろんですが、聞いていて素直にカッコいいなと思えるカバー。オリジナルにはない良さがあります。ギター1本で弾ききっているからですかね。

toys, toys, toys
in the attic

「おもちゃ、おもちゃ、おもちゃ、屋根裏で」。アメリカの人が大好きなバブルヘッド(首ふり人形)のようなMVが、より面白さを増していますよ。

ライブを想像させるアレンジは、実際に見てみたいなと感じずにはいられません。

Evil

CACTUSのカバー「Evil」。(3曲目)

アルバムの中で原曲に一番近く聞こえた曲。元がメタルらしい曲であるから、当然なのかも…。今もそのまま聞けてしまうオリジナルがすごいともいえます。

スイッチングでオンオフを繰り返すギターソロ。今のメタルではあまり聞けなくなってきた演奏法であるからこそ、新鮮に聞こえました。

意図はないとしても、オリジナルを知らないメタル好きには興味を持って聞ける曲。2ボリュームのギターを持っていれば、弾きたくなるのは請け合いです。

Tattoo Vampire

BLUE ÖYSTER CULTのカバー「Tattoo Vampire」。(6曲目)

オリジナルよりも大分テンポアップし、今のメタルに。曲自体は大きく変わっているわけではないのに、アレンジ力の勝利でしょうか。カッコいいです。

(Vampire!) Tattoo!

「バンパイア! タトゥー!」。コールアンドレスポンスが楽しくなる曲。ライブでこそ真価を発揮することでしょう。シンプルなカッコよさがあります。

特殊なことをしなくても、伝わるんだと思わせてくれる曲。楽しいのは間違いないでしょうから、ライブが見たいですね。

We’re an American Band

GRAND FUNK RAILROADのカバー「We’re an American Band」。(10曲目)

ラストを飾るのにぴったりな曲。これがあるからこそ、「American Made」というアルバム・タイトルを思いついたのでは? と感じさせます。

We’re an American band
We’re comin’ to your town

「俺たちはアメリカのバンド。君の街へやって来たぜ!」。メンバー構成も含めてそのままの表現と、この音源だけでは終わらないぞのメッセージを感じます。

アメリカでやればもちろんのこと、その他の国でもライブで盛り上がって姿が想像ができる曲。キャノン砲など特効を想像しちゃいます。

オリジナルは知らなかったのですが、シンプルでカッコいい曲ですね。

あとがき

意図はしていないらしいですが、見事にメタルに生まれ変わった曲たち。このメンバーの集まりなら、オリジナルよりよりハードになるのは、必然といえます。

また、インタビューでBLACK SABBATH、JUDAS PRIEST、IRON MAIDEN、METALLICAを聞いて育ってきたから語っているのは、意図がありそう…。

今回は1970年代でアメリカのバンドに限定されていますが、近い将来に80年代以降の曲、「England Made」なんてのもリリースされるかもですね。

メンバーが楽しんでいるのが、聞こえてくるアルバム。気を張らないメインバンドではないからこその楽しさを、今後も聞かせてくれそうな気がしています。

自分を含めてオンタイムで聞いていない人には、原曲状態では古さを感じる10曲。敬意をはらいつつ、今のメタルになった曲は聞いていて面白いですよ。

 

以上、『BPMD:American Made ~俺たちがブラッシュアップしたらこうなる~』でした。


『BPMD』をApple Musicで

BPMD 関連記事

2020/6/12 release 1st Album
BPMD:American Made ~俺たちがブラッシュアップしたらこうなる~ ←今ココ

2017/10/20 release 1st Album ※Mike Portnoy参加バンド
Sons Of Apollo:Psychotic Symphony ~自分を見失わないための交響曲~

2020/1/17 release 2nd Album ※Mike Portnoy参加バンド
Sons Of Apollo:MMXX ~今のこの音が徐々に変化をしていいく~

コメント