【アミューズメントメディア総合学院】

Bodom After Midnight:Paint the Sky with Blood ~赤く塗りつぶせ~

Bodom After Midnight:Paint the Sky with Blood洋楽レビュー
洋楽レビュー

Bodom After Midnight (ボドム・アフター・ミッドナイト) 1枚目のシングル「Paint the Sky with Blood」。

2019年12月15日のライブを最後に、Children of Bodomの名称権利を持つメンバー3人が脱退。今作は残ったアレキシ、ダニエルによる新バンドの初音源。

かなりの熱量を持ったサウンドは、メタル魂を熱くさせてくれます。

Paint the Sky with Blood 収録曲概要

「Paint the Sky with Blood」収録曲は以下の通り。

  1. Paint the Sky with Blood
  2. Payback’s a Bitch
  3. Where Dead Angels Lie

オリジナル2曲に、Dissectionのカバーを収録。Children of Bodomでもカバーは多くしてきましたから、新バンドでも必然なことだと言えるのでしょう。

これは名称は変わっても、本質は変わることはないと提示している形。またカバーは演奏がラフであったり、遊び要素もありましたが、今回はガチのカバー。

知らない人が聞いたら、オリジナルと思える表現であるのが特徴です。

また、ジャケットを見て思い出すのはChildren of Bodom 4枚目のアルバム「Hate Crew Deathroll」。音の傾向としても、似てる部分があるかも…。

個人的に1番好きな時期なので、Bodom After Midnightはどストライクです。

Paint the Sky with Blood

血で空を赤く染め上げろ!「Paint the Sky with Blood」。(1曲目)

勢いを攻撃性は、素直に「やばっ! カッコいい!」と感じさせてくれます。戦い続ける姿勢を曲として表しているのは、バンドの始まりとしてもピッタリです。

My three Furies
I need you tonight

「3つの復讐。あんたが今夜必要だ」。1つではなく3つも復讐することがあったら、その行動は止められないのは必然かもしれません。

同じ思いを持った同士ということで、一緒にということなのでしょう

Thilphoseia, paint the sky with blood
Fight! Fight! Fight!

「チルフォセイア。空を血で染めろ。戦え! x3 」。チルフォセイアが何を意味するかは不明ですが、続く言葉から意思の強さを表す意味がありそうです。

1曲を通して一切引っかかりがなく、流れるようなサウンド。これが止められない衝動であるようにも聞こえるのですから、表現として面白いです。

また、MVを見るとビジュアルを含めて、カッコいいのがポイント! COBの後期は微妙なメンバーもいましたから、ロックバンドとしての華を感じさせます。

Payback’s a Bitch

全てを終わらせる「Payback’s a Bitch」。(2曲目)

怒りでもあり、その存在自体をなくす。誰に向けた思いであるのかの受け取り方で、見えてくるものが変わってくるであろう曲。

変に限定しないことに加えて、スピード感があることが、興味深さにつながります。また、ギタリストはコピーしたくなるフレーズが満載です。

You defiled my soul and raped my mind

「あんたは俺の魂を汚し、心を犯した」。怒りの理由であると同時に、思い出すことで状況がこみ上げ、煮えくり返る思いが倍増していくのが分かります。

Got nothing, but nothing left undone

「何もないけど、やり残しもない」。怒りをぶつけたことによる終わり。何も残らないのは、自分の存在さえも否定するような寂しさがあります。

それでも突き進むしか、選択肢がない状況。実に興味深い世界観です。

Where Dead Angels Lie

Dissectionのカバー「Where Dead Angels Lie」。(3曲目)

1995年リリース2枚目のアルバム「Storm of the Light’s Bane」収録曲。影響を受けたバンドの曲を、初音源でラフではないガチな形のカバーを収録。

Children of Bodomの時とは、少し異なる表現も見せています。

A spell was cast and the sky turned red
The angel’s heart froze to ice

「呪文が唱えられ、空が赤く染まる。天使の心は凍った」。きっと「Paint the Sky with Blood」と共通点があるのが、カバーされた理由なのでしょう。

赤い空の表現は、意図をしないとあまり共通することはないですよね。

The silence where dead angels lie

「死んだ天使たちが横たわる静寂」。Dissection自体で寂しい表現が多かったですが、これは切ないですね。希望がなくなるということですから…。

この曲はカバーですし、結果論であって意図はなくても「アレキシ = 天使」と受け取ると、より寂しさが増していきます。

あとがき

Bodom After Midnightはこれからのバンドではありますが、周知の告知通り2020年末に中心人物アレキシ・ライホが永眠。

メンバーもインタビューで語っていましたが、彼がいてこそのバンドでもあるので、継続をしていくことは難しいだろうということ。

Children of Bodomもですが、ほぼ全ての曲のコンポーザー。かつ、バンドの顔であるアレキシ・ライホがいなければ、成立しないのも納得しかありません。

また、亡くなった事実を巻き戻すことはできませんが、今作の音源とMVを置き土産として残したのは、ある意味では意地の部分かもしれませんね。

本質的には変わらずとも、新バンドとしてこれでもかと熱さを持ったサウンド。その続きを聞きたかったのいうのが、多くのファンの本音でしょう。

最後にカッコいいまま散る…。ロックそのものですが、やっぱり寂しいです。

 

以上、『Bodom After Midnight:Paint the Sky with Blood ~赤く塗りつぶせ~』でした。



Amazon【Bodom After Midnight】関連商品

Bodom After Midnight 関連記事

2021/4/23 release 1st Single
Bodom After Midnight:Paint the Sky with Blood ~赤く塗りつぶせ~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
Children of Bodom (チルドレン・オブ・ボドム)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント