BlooDye:この地球の何処かで ~待っている何かのために負けない~

BlooDye:この地球の何処かで邦楽レビュー
邦楽レビュー

BlooDye (ブラッディー) 1枚目のシングルである「この地球の処かで」。

声優でありAqoursのメンバーでもある、高槻かなこ率いる、新しいヴォーカル & パフォーマンスユニットです。興味深いユニットが、また生まれました。

ユニット名の「BlooDye」は造語です。「Blood (赤い血潮、生命の泉)」と「Dye (染める)」から、BlooDye色に染めたいという想いが込められています。

1枚目は名刺代わりとよく言いますが、インパクトのとても強いシングルです。

この地球の何処かで 収録曲概要

「この地球の何処かで」の収録曲は以下の通りです。

  1. この地球の何処かで
  2. protect you
  3. この地球の何処かで(MV INTRO ver.)
  4. protect you(silent ver.)
  5. この地球の何処かで(INST)
  6. protect you(INST)

タイトル曲、カップリング曲加えて、それぞれの別バージョンとなっています。別バージョンというと短縮されたものが多いですが、フルでの収録です。

少し面白い収録方法ですので、オリジナルと聴き比べると楽しんで聞けますよ。

この地球の何処かで

タイトル曲で、新作アニメ「ぶらどらぶ」スターティングソングの「この地球の何処かで」。(1曲目)

季節のスターティングソングとは聞くことがありますが、タイアップでスターティングソングとは初めて聞いた気がします。この時点で興味深いです。

主題歌やエンディングテーマは別になるということですから、「スターティングソング = 導入のイメージソング」と言っていいかもしれません。

デジタルではあるけれどバンドサウンドの曲は、1回聞くだけで気になりました。バンドではないのに、遠慮なく弾いているギターも特徴的な曲です。

待っているのは何か分からないのに、僕らは負けない。立ち上がって手を上げるんだ! という歌詞に、曲のイメージ通りの強さを感じます。

目的が明確であれば頑張れもしますが、何か分かっていない状態でも頑張れる。負けないとうのは、強さしかありません。だからこそ、未来が見えそうです。

MVもカッコいいですし、演奏も含めてすごく興味を引かれました。

protect you

「この地球の何処かで」のアンサーソングにも聞こえる「protect you」。(2曲目)

「protect you = あなたを守る」と歌っていますが、あなたを守ることで自分の存在する意味を見つけたような歌詞です。あなたがいるから、前に進める。

「この地球の何処かで」では何が待っているのかは分からない状態でしたけれど、この曲であなたという守る存在を見つけたとなった気がしました。

イントロのピアノをフレーズは違っても少し2曲とも似せているのにも、意図を感じます。守ってあげるんだと優しい歌ですけれど、強い意志を感じる曲です。

この地球の何処かで(MV INTRO ver.)

イントロにピアノが追加された「この地球の何処かで(MV INTRO ver.)(3曲目)

6秒の導入が追加された他は、聴き比べてみても同じに感じます。「MV INTRO ver.」となっていますので、素直にMVの導入と同じにしただけと思われます。

その他は同じだと思いますが、実は何か隠されているかもしれませんよ。収録するからには意図はあるでしょうから、興味深いバージョンです。

protect you(silent ver.)

「この地球の何処かで」とは異なり、明確な違いがある「protect you(silent ver.)(4曲目)

歪んだギター、ベース、ドラムトラックが含まれていないのですが、聴き比べると大きく曲の印象が変わることが分かります。言葉が前に出てきますね。

人によって好みは変わってくると思いますけれど、silent ver.の方が言葉が耳に入ってくる分、個人的に聞いていていいなと感じました。

普段であればギタリストとして、ギターが含まれている方が好きなのですが、曲によって聴き比べると変わってくるというのは面白いく感じます。

時間もどちらのバージョンも同じですし、大きくは単純にトラックオフにしているだけだと思いますけれど、興味深く聞けたバージョンの違いでした。

あとがき

メインボーカル、サブボーカルに加えて、パフォーマーがいるというのが面白いです。声優さんのグループで、パフォーマーというのは珍しいですよね。

しかもパフォーマーの3人はアイドルグループ経験者で、しっかりと歌えるメンバーがパフォーマーでの加入となっています。歌いたくはないのでしょうか?

BlooDyeとしてのリリースは今作の2曲のみですが、新曲がライブで何曲も公開されているので、今後の展開は形態を含めていろいろ変わってくる気がします。

また、打ち込みが主体のヴォーカル & パフォーマンスユニットは多くいますが、今回の2曲のようなバンドサウンドとなるとあまりいません。

だからこそ、興味深いグループですし、次の展開が楽しみですね。

 

以上、『BlooDye:この地球の何処かで ~待っている何かのために負けない~』でした。

コメント