【スキマ】
スキマ

美的計画:ピーナッツバターシークレット ~苦さがあっての甘さ~

美的計画:ピーナッツバターシークレット邦楽レビュー
邦楽レビュー

美的計画 (びてきけいかく) 配信シングル「ピーナッツバターシークレット (feat. CLR)」。

前作「ハートは温泉美人の私のものよ」から2カ月。川谷絵音の作る曲を、それぞれで異なるボーカリストに歌ってもらうプロジェクトの第6弾。

既存曲とは少し表現の異なる形は、大きな広がりを感じさせてくれます。

ピーナッツバターシークレット 概要

今作で歌うのは「CLR (クレア)」。これまでのソロとして活動もするボーカリストではなく、その正体はお笑いコンビ・ラランドのサーヤ。

気になるCLRは、color(彩り)やclair(晴れ)が由来だとか。個人的にお笑いには疎く、全くその存在は知らなかったのですが、とてもいい声の持ち主。

彼女のビジュアルを見ると、ジャケットの髪色も納得してしまうものがあります。また、美的計画というプロジェクトの特性を広げているのも特徴です。

ピーナッツバターシークレット (feat. CLR)

CLRが歌った「ピーナッツバターシークレット (feat. CLR)」。

タイトルがどれも印象的な美的計画。その中でも一番聞くまで想像がつかないのが、今作かも…。ピーナッツバターとシークレット。凄い組み合わせです。

また、ラップパートが入るのが印象的。歌パートとは異なる無感情での表現になっていることで、心の中身を吹き出しが出ているようなのも興味深く感じます。

ピーナッツバターシークレット
見たいならもっと苦くなって

ピーナツバターは、甘いようで苦味もあるもの。食べてから思ってた甘い感じと違うなんて事もありますから、その見た目からは分からない正にシークレット。

ピーナツ系って、ちょっと独特ですよね。大人になるまで食べれませんでした。

また、自分がこじつけているだけかもですが、私のことを見たい(知りたい)のなら、甘さだけでは足りないから! とい言っているかのようです。

Tiny Tiny Tiny

「小さいx3」。この曲で、特に印象に残る復唱。なんでも積み重なれば、大きくなるのは必然。小ささを強く表現ではなく、大きいを意味していそうです。

ピーナッツバターファンキー
それ自体もっと軽くなった

これは口に出したことで、気持ちが軽くなったということかなと。発する言葉そのもの以外の意味も、この曲の歌詞にいろいろと含まれている気がいます。

それが何か想像して楽しむというのが、面白みとなる部分なのでしょう。

あとがき

今までは「にしな」「謎女」両名の色が強かった、美的計画。今作でいい意味で広がった形。2人が主体であるのは変わらないとしても、面白さが増えました。

CLRの変化球とは言わないまでも、少し力の抜けた歌声。かといって、弱いわけでもない、珍しいタイプ。ぜひ今作以外でも、また聞いてみたいなと。

きっと出来上がった曲を聞いたら、作り手として面白みを感じたはず。おそらく今後の美的計画の活動の中でまた起用され、新たな曲が聞ける気がしています。

美的計画。もともとではありますが、その存在がより面白くなってきました。

 

以上、『美的計画:ピーナッツバターシークレット ~苦さがあっての甘さ~』でした。


Amazon【美的計画】関連商品

美的計画 関連記事

2019/8/9 release Digital Single
美的計画:KISSのたびギュッとグッと ~引き寄せたら少しは楽になれるよ~

2020/3/27 release Digital Single
美的計画:瞳に吸い込まれてしまう ~そうなるのが必然だったから…~

2020/6/12 release Digital Single
美的計画:恋のこと / 文読む私 ~痛みを経験したからこその思い~

2020/10/16 release Digital Single
美的計画:だからラブ (feat. 相沢 & 映秀。) ~君と落ちて行きたい~

2021/3/26 release Digital Single
美的計画:ハートは温泉美人の私のものよ ~先生は分かってくれる~

2021/5/21 release Digital Single
美的計画:ピーナッツバターシークレット ~苦さがあっての甘さ~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
indigo la end (インディゴ ラ エンド)

ゲスの極み乙女。 (ゲスのきわみおとめ)

2020/5/29 release Digital Single
Enon Kawatani:STAY HOME ~言葉のもつ力をもう1度考えてみようよ~

2019/2/13 release Digital Single ※川谷絵音 楽曲提供
originals:あっちゅーまやねん、人生。 ~だからこそ走り抜けようぜ~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント