BAND-MAID:WORLD DOMINATION ~挑戦状からの征服という結果~

BAND-MAID:WORLD DOMINATION邦楽レビュー

BAND-MAID (バンドメイド) 2枚目のアルバムである「WORLD DOMINATION」。

1枚目のアルバム「Just Bring It」からシングルを1枚挟んで、1年強でのリリースとなりました。アルバム・タイトルが1枚目とつながりがありますよね。

「Just Bring It = かかってこい」からの「WORLD DOMINATION = 世界征服」。BAND-MAIDだからこそ付けられる、アルバム・タイトルだと思います。

付けたからにはやるしかない! という、強いバンドの意志を感じました。強気なアルバム・タイトルに負けない、がっつりとロックが聞けるアルバムです。

WORLD DOMINATION 収録曲概要

「WORLD DOMINATION」の収録曲は以下の通りです。

  1. I can’t live without you.
  2. Play
  3. One and only
  4. DOMINATION
  5. FATE
  6. Spirit!!
  7. Rock in me
  8. CLANG
  9. Turn me on
  10. Carry on living
  11. Daydreaming
  12. anemone
  13. Alive-or-Dead
  14. DICE
  15. ハニー

アルバムのほとんどの曲が、攻撃的で激しい曲であるのが特徴です。メイド姿の見た目から繰り出させれる激しい曲は、存在を知っていてもビックリさせられます。

ギターをちょっと歪んだ音にしたからロックですとは、全く異なりますよね。ガールズバンドではあるけれど、ここまで力強い音は唯一無二という感じです。

アルバムラストの「ハニー」はMUCCのカバー曲ですが、完全にBAND-MAIDの曲になっています。好みはあるでしょうけれど、オリジナルよりもいいですよ。

語りの部分も含めてばっちりですし、カバー曲でも自分たちの曲にできてしまうというのが、アルバム・タイトルにもつながっている気がしました。

I can’t live without you.

アルバムのオープニング曲である「I can’t live without you.」。(1曲目)

ドラムのカウントから怒涛のように始まる、ロックナンバーです。曲名の「I can’t live without you.」は言う言葉ではなく、言わせてみせるという感じですね。

新しい夢を見たいんだではなく、終わらない夢を見たいんだというのは、あまりない面白い歌詞です。小鳩ミクの歌詞は、どんどんとキレがかかってきています。

激しく攻撃的なこの曲は、アルバムのオープニング曲にぴったりです。

DOMINATION

アルバムのリード曲の1つである「DOMINATION」。(4曲目)

日本語と英語が半々に絡み合った歌詞で、どちらか片方を見ても意味がわかる歌詞が印象に残ります。同じことを言っているわけではないのに、面白いです。

日本人と海外の方が聞くのとでは、印象が少し変わるかもしれませんね。

1曲目から4曲目「DOMINATION」までが支配や征服するための宣言で、5曲目の「FATE」からがそのために何をするんだ! と分かれている気がしました。

曲の最後のパートが、より宣言を強くしているように感じます。

Rock in me

小鳩ミクのメインボーカル曲の「Rock in me」。(7曲目)

見た目のかわいらしさからはびっくりするような、曲名通りのロック曲です。しっかりと歌えるボーカルが2人いるのも、BAND-MAIDの魅力ですよね。

小鳩ミクの書く歌詞は歌詞を見ているだけでも面白いですが、少しあおりを入れて自分自身を奮起させているようなこの曲の歌詞は、カッコいいです。

「Do you understand that? = 分かりますか? 」なんて、しびれますね。カッコいい小鳩ミクが、これでもかと存分に聞ける曲です。

横ノリの演奏もカッコいいですし、歌詞の通り思わず踊りたくなる曲です。

anemone

アルバムで唯一のバラード曲である「anemone」。(12曲目)

激しい曲が多いアルバムの中で、安らぎを感じさせてくれる曲です。前の曲の「Daydreaming」。次の曲の「Alive-or-Dead」とのつながりもばっちりです。

どんなにが3回も繰り返すことで想いが強いことがうまく強調されていて、どうしようもならないことでも一緒に続けて行くんだという意志を感じます。

何をするにも楽にうまくいくことはなくて、継続が結果になることが多いです。想いは積もっても嘆いてはいないのが、安らぎを感じる理由の気がします。

音源で聞くよりもライブで聞くことで、表情がまた変わりそうな曲です。

DICE

「DOMINATION」と同じく、アルバムのもう1つのリード曲である「DICE」。(14曲目)

「DICE = サイコロ」を曲名にした曲は多いですが、その中でも興味深い曲です。ゴリゴリのサウンドが、どんなサイコロの目が出るのかの面白みを増しています。

サビ終わりの「May I take your order? 」が特に印象が残りました。トライして前に進むのか? それとも立ち止まってしまうの? と、聞かれているようです。

サイコロの数字が小さい、大きいは、実際に振ってみなければ分からない。アルバム・タイトル「WORLD DOMINATION」のためには、進むのが正解かなと。

「DOMINATION」と「DICE」がリード曲でMVが制作されたというのは、アルバムの核となる曲であると同時に、つながりと意味を感じずにはいられません。

前に進まなければフラグもたたないし、征服にも近づくことはないですよね。

あとがき

アルバムのタイトルも強い印象がありますが、収録されている曲は激しい曲が多く、聞くとさらに強い印象を感じます。ポップではなく、ヘビーが全面です。

アルバムまでのシングルが1枚というのが、ヘビー度がより増している理由なのかもしれません。「Just Bring It」も1枚は同じですが、ヘビー度はもう1段上です。

12月にサード・アルバムのリリースが決まっていますが、次は3枚のシングルを挟んでのアルバムとなります。どのような変化が生まれるのか、楽しみですね。

このアルバムのヘビー度は、BAND-MAIDで1番のアルバムです。バンドの編成がどうこうではなく、激しいカッコいいロックを聞きたい人にオススメします。

 

以上、『BAND-MAID:WORLD DOMINATION ~挑戦状からの征服という結果~』でした。

BAND-MAID 関連記事

2015/11/4 release 2nd mini Album
BAND-MAID:New Beginning ~始りを告げる新しい快進撃~

2016/5/18 release 3rd mini Album
BAND-MAID:Brand New MAID ~新時代へと変わる宣言~

2016/11/16 release 2nd Single
BAND-MAID:YOLO ~自分だけの魔法をかけろ~

2017/1/11 release 1st Album
BAND-MAID:Just Bring It ~あなたへ私たちからの挑戦状~

2017/7/19 release 3rd Single
BAND-MAID:Daydreaming / Choose me ~あなたへの想いと選択~

2018/2/14 release 2nd Album
BAND-MAID:WORLD DOMINATION ~挑戦状からの征服という結果~ ←今ココ

2018/7/25 release 4th Single
BAND-MAID:start over ~終わりのない先へと進んでいくために~

2019/1/16 release 5th Single
BAND-MAID : glory ~これでもかと骨太な栄光を切り開く~

2019/1/16 release 6th Single
BAND-MAID:Bubble ~消えゆくモノの融合~

2019/4/3 release 1st mini Album
BAND-MAIKO:セルフタイトルアルバム ~ネタでなく本気でっせ~

2019/10/3 release Delivery limited Single
BAND-MAID:endless Story ~進化を続けていくための決意表明~

2019/12/11 release 3rd Album
BAND-MAID:CONQUEROR ~あなたはこの音にひれ伏すことになる~

コメント