【コミュトレ】
コミュトレ

BAND-MAID:Unseen World ~だからこそ前へと突き進むよ~

BAND-MAID:Unseen World邦楽レビュー
邦楽レビュー

BAND-MAID (バンドメイド) 4枚目のアルバム「Unseen World」。

前作「CONQUEROR」から1年1カ月。途中「Different」を挟みますが、今作はノンシングル。また、レーベルを移籍しての1枚。

「Unseen World = 見えない世界」とは意味深長に思えますが、だからこそ前へと進むんだ!  と言わんばかりの、激しく熱いサウンドが聞けるアルバムです。

Unseen World 収録曲概要

「Unseen World」収録曲は以下の通り。

  1. Warning!
  2. NO GOD
  3. After Life
  4. Manners
  5. I still seek revenge.
  6. H-G-K
  7. サヨナキドリ
  8. Why Why Why
  9. CHEMICAL REACTION
  10. Giovanni
  11. 本懐
  12. BLACK HOLE

配信はCDの初回限定盤と同様収録曲。その他で完全生産限定盤は「Youth」。通常盤では「without holding back」が別途収録という、違いがあります。

また面白いと感じたのは、完全生産限定盤。原点回帰盤、現点進化盤の2枚に分かれ、「Youth」の追加だけでなく収録順が大きく異ること。

原点回帰、現点進化の意図からでしょうけれど、興味深い選択。似た感じだと、SHAZNA:GOLD SUN AND SILVER MOON の事を思い出しちゃいました。

原点回帰、現点進化をテーマにしながら、一方は集中。別途、言葉の表現が難しいですが、ごちゃまぜにする。これは面白いなと思わずいはいられません。

ブックレット含めての表現ができる、CDならではの選択なのでしょうね。

Warning!

行動をしないことへの「Warning!」。(1曲目)

危険だから気をつけて! ではなく、緊急自体を理由にして動かないことへの警告。迷うことはあるけれど、止まったら後退しかないよと言っているかのよう。

一生懸命もがいて生きている
所詮 結末なんて 誰もわかんない

誰もが一生懸命になんて分かってる。それでも先が見えないから止まるの? 後から誰かのせいにするのではなく、私たちは進むよの思いではないでしょうか。

Don’t hide your emotions

「感情を隠すなよ」。誰かへの言葉ではなく、自分たちに向けた言葉でしょうね。その上で、行動として示す。意思を持っているオープニングナンバーです。

NO GOD

祈るより前にやることがある「NO GOD」。(2曲目)

「Warning!」の続きを描いたような世界。神がなんていないと否定するのではなく、祈っているだけじゃ変わることはないよというようなメッセージ。

人生はオーダーメイド
Make

似ている部分はあるとしても、一人ひとりで異なる人生。自分にしか描くことはできないんだから、自らで作っていけ! というのは強さです。

やるべきことをしているからこそ、神もおっ!と手を差し伸べるのでしょう。

また、尺は短いですが、しびれてしまう間奏でのベースソロ。最期のハーモニクスは、ギターとはまた異なる気持ちがいい音。必殺でたまにだからいいですね。

After Life

どっちをあなたは選ぶんだい?「After Life」。(3曲目)

過去は変えられなくても、これからのことは自らで作っていける。どういう世界をこれから見るかは、あなた次第。行ったれよという思いを感じさせます。

勝ちたい勝負に 勝ちにいくだけ

全てにおいて競うのではなく、勝ちたいものを。どっちつかずの中途半端になるな! ということではないでしょうか。

もう愛だって恋だって なんだっていい
呼び名なんて重要じゃない

些細なことに拘るな! 細かいのは勝負に勝ってからで十分と言っているかのよう。これからの時間と人生を捨てるんじゃなく、勝ちに行くんだ!

アルバムから先行配信されていましたが、意思の強さがカッコいい曲です。

Manners

自分なりの「Manners」。(4曲目)

前作収録「The Dragon Cries」を思わせる、タメのあるハード・ロック。アルバム・タイトルもこの曲の歌詞からでしょうし、重要な位置にあるであろう曲。

世界 掴むまで Never ending!

BAND-MAIDとして、私たちを音を届けるんだの思い。なんとなくうまく行きましたではなく、意思があるからこその思いの強さを感じさせます、

日本語と英語の半々ぐらいですが、全部英詩にしてみても面白いかも…。

サヨナキドリ

小鳩ミクの歌唱「サヨナキドリ」。(7曲目)

前作「CONQUEROR」にメインボーカル曲は含まれていませんでしたから、久しぶり。痛みを伴う感情が表現されていて、進化した歌を聞かせてくれます。

今回はあるかな? と期待していましたが、変化に驚かされます。びっくりさせらられるという意味では、「Unseen World」の中で1番に間違いありません。

でもね Translucent
あの日の言葉 忘れないでしょう

「Translucent = 半透明」。何をしたいのか、感情がはっきりしていないような表現。思いがあるからこそですが、曲が進む中で変化していく感情があります。

泡にきえてもエゴでもいい
心 壊せないの

はっきりしなかった感情から、消えてもエゴでもいいという強い意思。心を奪われたからこその、あなたを愛する思いが強くなっていきます。

時折で歌がシャープしてしまうのが、まさに思いの感情のようです。

それにしても、タイトルの「サヨナキドリ」。どういう意味なんでしょう? さよならを言いたくない、泣く鳥。ん…。なんか別の意味合いがありそうですね。

感情の表現、想像をわきたてる部分を含め、興味深く聞ける曲です。

CHEMICAL REACTION

ありきたりじゃない科学反応「CHEMICAL REACTION」。(9曲目)

勢いに任せるのではない、グループ感たっぷり! バンドとしての成長だけでなく、他のガールズバンドより何歩も先に行っているのが分かる曲。

無理くりでなく、このタイプを飽きなく聞かせられるのは強さです。

CHEMICAL REACTION
妄想的 根拠じゃないのよ 想定外

あらかじめ決められた結果になるのはなく、想定外の何が出るか分からない状態。だからこそ楽しんじゃない! と言っているかのようです。

と同時に、分からないから動かないのではなく、行動をする。力強い思い。

聞いていても気持ちがいいですが、バンドで合わせてみても面白い曲です。

BLACK HOLE

その先は想像できない世界「BLACK HOLE」。(12曲目)

いろいろな要素が絡みあった曲。スラッシュ・メタルや、不協和音を使ったり、その他も細かい部分で面白いことをしています。

楽器を弾く人ほど、興味のある曲になるのは間違いありません。複雑なこともしているのに、マニアックには聞かせない表現。歌詞と構成が、すごく面白い!

一体終わりは どんな世界かな
想像できない Space distortion

ブラック・ホールの先なんて、誰も知らない。単に暗い場所だけが広がっているかもだけど、実際はそうではないかもしれない。

入り口からして暗いと怖がるのではなく、飛び込んだら面白いかもしれない。見えない世界だからこそ、その先には思いもよらないものがあるのかも…。

初回限定盤、or 配信verでは最期の曲。スピード感だけでなく、面白いです。

あとがき

原点回帰、現点進化がテーマのアルバム。何かあると分かっていたわけでもなく、ただ表現したかった初期衝動。見えてきたからこその、行動をする道。

後ろを向くや現状維持ではなく、前へと攻めることを選択。アルバムの中でテーマが一貫しているからこそ、通して聞くことでより熱くなる内容です。

シングルがないことを、逆に強みとして生かしという表現が正しいかも…。

既存でもカッコいいバンドでしたが、表現力がアップ! 初の武道館公演が中止になったりしたのは残念ですけれど、面白いにバンドへと進化しています。

また、現在の世界的に先が見えない状況にリンクし、その中でバンドの進む道を提示。たくさんの手が伸びたジャケットは、必ず勝負を掴む意思なのでしょう。

ガッチガッチなハード・ロックアルバム。全てにおいて強くなったメイドです。

 

以上、『BAND-MAID:Unseen World ~だからこそ前へと突き進むよ~』でした。


Amazon【BAND-MAID】関連商品

BAND-MAID 関連記事

2015/11/4 release 2nd mini Album
BAND-MAID:New Beginning ~始りを告げる新しい快進撃~

2016/5/18 release 3rd mini Album
BAND-MAID:Brand New MAID ~新時代へと変わる宣言~

2016/11/16 release 2nd Single
BAND-MAID:YOLO ~自分だけの魔法をかけろ~

2017/1/11 release 1st Album
BAND-MAID:Just Bring It ~あなたへ私たちからの挑戦状~

2017/7/19 release 3rd Single
BAND-MAID:Daydreaming / Choose me ~あなたへの想いと選択~

2018/2/14 release 2nd Album
BAND-MAID:WORLD DOMINATION ~挑戦状からの征服という結果~

2018/7/25 release 4th Single
BAND-MAID:start over ~終わりのない先へと進んでいくために~

2019/1/16 release 5th Single
BAND-MAID : glory ~これでもかと骨太な栄光を切り開く~

2019/1/16 release 6th Single
BAND-MAID:Bubble ~消えゆくモノの融合~

2019/10/3 release Digital Single
BAND-MAID:endless Story ~進化を続けていくための決意表明~

2019/12/11 release 3rd Album
BAND-MAID:CONQUEROR ~あなたはこの音にひれ伏すことになる~

2020/12/2 release 7th Single
BAND-MAID:Different ~全てを変えるのは輝く時のため~

2021/1/20 release 4th Album
BAND-MAID:Unseen World ~だからこそ前へと突き進むよ~ ←今ココ

2021/2/4 release Digital Single
BAND-MAID:about Us ~今までありがとう。そしてこれからも~

関連アーティスト記事一覧
cluppo (クルッポ)

2019/4/3 release 1st mini Album
BAND-MAIKO:BAND-MAIKO ~ネタではなく本気でっせ~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント