BAND-MAID:New Beginning ~始りを告げる新しい快進撃~

BAND-MAID:New Beginning邦楽レビュー

BAND-MAIDのセカンドミニアルバムである「New Beginning」。

2015年に発売で、BAND-MAIDが注目を集めるきっかけとなった出世作といえます。BAND-MAIDを語る上で外すことのできないミニアルバムです。

メイド姿のメンバーが骨太なロックを演奏するというギャップも、一度興味を持ち始めた人を手放さない大きなポイントとなっています。

見た目はあくまでもきっかけで演奏もしっかりとロックをしているので、ガールズバンドを軽視している人にこそ、1度は聞くべき内容のアルバムですよ。

ミニ・アルバム収録曲概要

「New Beginning」の収録曲は以下の通りです。

  1. スリル
  2. FREEZER
  3. REAL EXISTENCE
  4. Price of Pride
  5. Arcadia Girl
  6. Don’t Apply The Brake
  7. Beauty and the Beast
  8. Don’t Let Me Down
  9. Shake That

現在の活動ではほぼ全曲をバンドメンバーが書いていますが、このミニアルバムでは全曲外部ライターを起用して制作がされています。

編曲では2曲バンドが参加していますが、バンドのエゴでなく今できることをして楽しませるという大胆さは面白いです。聞く人には関係ないですから…。

これが男性バンドであれば無理にこだわってしまって、まねが難しい対応ではないでしょうか? 結果が面白ければというのは、BAND-MAIDの強みですね。

外部ライター多数起用することでバラエティが豊かなアルバム内容になっていますが、曲の中に芯が入っているので、違和感なく通して聞けるアルバムです。

どの曲もアルバムから浮いているや、不要な曲がないのも印象的ですよ。

スリル

1stシングルのカップリングでもある「スリル」。(1曲目)

多分この曲で手応えを感じて「New Beginning」であり、BAND-MAIDの進化につながっていったのではないでしょうか?

MVを見るとメンバーがまだ垢抜けていないのも、進化の過程の途中という感じが伝わってくる曲になっています。演奏も若干危ういですよね。

同じミニアルバムに収録の曲のMVでも表現の仕方などが全然異なるので、一気に変わる変化というのが、1枚のミニアルバムの中でも楽しめます。

BAND-MAIDの作品の中で成長の過程が見えたり、聞こえるのはこの「New Beginning」が1番です。だからこそ、聞いていてより楽しいアルバムです。

REAL EXISTENCE

実際に存在するだぜというメッセージが込められた「REAL EXISTENCE」。(3曲目)

女性からの男性への要望でもあり、実際は違うんだよという歌詞を見ながら曲を聞くとより楽しめる曲になっています。

BAND-MAIDが歌うことを前提に書かれたであろう歌詞が、またカッコいい!

彩姫と小鳩ミクのサビのハモリが聞いていて、気持ちがいい曲です。曲のカッコ良さでいえば、このミニアルバムの中で1番な曲ではないでしょうか?

ガールズバンドでも、これだけのかっこいいロックはできるんです。意味のないない偏見が取れるきかっけとなる強さをもった楽曲の1つです。

リフがカッコいいので、ギタリストなら思わずコピーしたくなる曲です。休符が肝の曲なので、音を切る部分ではきちっりとミュートが必要ですよ。

Beauty and the Beast

少し変わった美女と野獣を歌った「Beauty and the Beast」。(7曲目)

美女と野獣というとをディズニーを思い浮かべる方が多いと思いますが、同じテーマでもBAND-MAIDの美女と野獣は、ロックの面白さが感じられます。

ありふれた周りにいる女の子ではなく、自分を選ぶのあればもっと強くなってねというのは、美女は野獣の要素を持ち合わせているんです。

守られなくてもいい、強さを持っている感じがします。それでもずっとそばにいてねと、かわいらしい面も見せてくれるのは、この曲の美女は面白いですね。

メインボーカルを彩姫ではなく小鳩ミクが取る曲で、2人メインで歌えるメンバーがいるBAND-MAIDの強みを聞かせてくれる曲です。

Don’t Let Me Down

全英詩でこれでもかと攻めきったハードロック曲の「Don’t Let Me Down」。(8曲目)

「Don’t Let Me Down = 私を失望させないで」 と強いメッセージを持った曲ですが、激しいハードロック曲がカッコよさを増しています。

見た目のかわいさとのギャップが、曲をより際立たせていますよね。演奏自体はとてもシンプルな曲なのですが、終始最後まで押し切るのがカッコいい!

キーは変更しないと歌うのは難しいですが、男性バンドがコピーして演奏してもかっこよく聞かせられる曲になっています。

あとがき

BAND-MAIDの攻め始まりが聞ける「New Beginning」は、今聞いてもかっこいいといえるミニアルバムです。

メイド姿のメンバーというインパクトはありますが、あくまでもメイド姿はきっかけで音楽で勝負をするというのが、功を奏していると思います。

外見だけでなく、音楽という中身がしっかりしているからこそ、国内海外問わず支持をされている結果につながっているのではないでしょうか。

ガールズバンドの数は増えていますが、BAND-MAIDは代表的なガールズバンドといえる存在になっています。今後も楽しませてくれるのは間違いなしです。

BAND-MAIDはかっこいいので、かっこいいロックを聞きたい人はぜひ!

 

以上、『BAND-MAID:New Beginning ~始りを告げる新しい快進撃~』でした。

BAND-MAID 関連記事

2015/11/4 release 2nd mini Album
BAND-MAID:New Beginning ~始りを告げる新しい快進撃~ ←今ココ

2016/5/18 release 3rd mini Album
BAND-MAID:Brand New MAID ~新時代へと変わる宣言~

2016/11/16 release 2nd Single
BAND-MAID:YOLO ~自分だけの魔法をかけろ~

2017/1/11 release 1st Album
BAND-MAID:Just Bring It ~あなたへ私たちからの挑戦状~

2017/7/19 release 3rd Single
BAND-MAID:Daydreaming / Choose me ~あなたへの想いと選択~

2018/2/14 release 2nd Album
BAND-MAID:WORLD DOMINATION ~挑戦状からの征服という結果~

2018/7/25 release 4th Single
BAND-MAID:start over ~終わりのない先へと進んでいくために~

2019/1/16 release 5th Single
BAND-MAID : glory ~これでもかと骨太な栄光を切り開く~

2019/1/16 release 6th Single
BAND-MAID:Bubble ~消えゆくモノの融合~

2019/4/3 release 1st mini Album
BAND-MAIKO:セルフタイトルアルバム ~ネタでなく本気でっせ~

2019/10/3 release Delivery limited Single
BAND-MAID:endless Story ~進化を続けていくための決意表明~

コメント