BAND-MAID:Just Bring It ~あなたへ私たちからの挑戦状~

BAND-MAID:Just Bring It邦楽レビュー
邦楽レビュー

BAND-MAID (バンドメイド) 1枚目のアルバムである「Just Bring It」。

現在は2枚のフルアルバムをリリースしているBAND-MAIDですが、このアルバムをリリースする時点では、初のフルアルバムとなりました。

リリースしてきた3枚のミニ・アルバムはフルアルバムといってもいいような内容でしたので、まだ出ていなかったの? という感じがしたフルアルバムです。

かつ、フルアルバムは特別だからこそ、力が強く入った内容になっています。

Just Bring It 収録曲概要

「Just Bring It」の収録曲は以下の通りです。

  1. Don’t you tell ME
  2. Puzzle
  3. モラトリアム
  4. YOLO
  5. CROSS
  6. OOPARTS
  7. Take me higher ! !
  8. So,What?
  9. TIME
  10. you.
  11. Awkward
  12. decided by myself
  13. secret My lips

4曲目「YOLO」はシングルとしてリリースがされていますが、その他の12曲はアルバムのために用意された曲です。バンドの意気込みが感じられますよね。

「Just Bring It = かかってこい」という意味のアルバムタイトルに相応しい、楽曲が収められたアルバムになっています。BAND-MAID恐るべしです。

Don’t you tell ME

アルバムのオープニング曲の「Don’t you tell ME」。(1曲目)

アルバムタイトルに応えるかのように、BAND-MAIDの中でも攻撃的な激しい曲です。英語詞の言葉を繰り返すのが強調でもあり、特徴的になっています。

教えてよとはいってはいますが、例えその答えを聞いても従わずに、押し切ってしまうような力強さが感じます。やるべきことは決まっているという感じです。

攻撃な曲の中でハーフテンポになるギターソロの部分が、気合をためて行くぞ! というような、BAND-MAIDの新しい部分を感じさせてくれる部分ですよ。

CROSS

聞けば聞くほどに、より切ない思いが伝わってくる「CROSS」。(5曲目)

彩姫の声がとても生きている曲で、この切なさはBAND-MAIDの持っている良さですよね。今までのリリースした音源の、延長線に該当する曲といえます。

バンドとして新しいことに挑戦するのでなく、今までにあるものをさらに伸ばした曲を収録してきたのは安心だけでなく、成長の程が分かる曲です。

自分の中にある十字架がどうなっていくのかは、バンド次第ですよね。

OOPARTS

肩の力が抜けた歌声が聞ける「OOPARTS」。(6曲目)

「OOPARTS  = 発見された場所や時代にそくわないオブジェクト(物品)」という意味ですけれど、アルバムの中でも面白い位置にある曲です。

11曲目の「Awkward」と、この「OOPARTS」の2曲がアルバムの中にあるからこそ、他の曲の印象度が上がっている気がしました。いいフックの曲です。

押しまくるのではなく、引くこともするからこそそれぞれの曲に印象が残り、良いアルバムになっているのでしょうね。重要度の高い曲ですよ。

歌詞にもある通り可能性を自分で決めてしまったら、最初から限界の見える位置にしかたどり着きません。小さくまとまるなというメッセージのような曲です。

you.

流れていくようなフレーズが特徴的な「you.」。(10曲目)

勢いがある曲が多く含まれているアルバムですが、その中でも群を抜いて聞いていて勢いを感じられる曲です。カッコいいという言葉が似合います。

歌詞の内容は私にはこんなにもあなたが必要なんだと伝えているラブソングなのですが、これだけ勢いがあるラブソングは、あまり聞いたことがありません。

甘ったるいラブソングは蹴散らしてしまう、力を持った曲になっています。

どのパートの演奏もムダがなく素直にカッコいいので、バンドマンがこの曲を聞いたら、間違いなくコピーしたくなってしまう曲ではないでしょうか?

このアルバムの中だけでなく、BAND-MAIDの曲でどの曲が好きか? 誰かに1曲だけ聞かせるとしたら、自分は迷わずこの曲を選びます。カッコいい曲です。

secret My lips

アルバムのラストを飾る「secret My lips」。(13曲目)

グループ感が聞いていて気持ちのよい曲です。テンポチェンジの多い曲でこのグループ感は、バンドとしての成長が強く感じられます。

プレイ的にはそんなに難しくはないですが、このグループ感を同じように再現するのは、なかなか難しい曲です。コピーをするのは、大変かもしれません。

どうしようもないくだらない世界に不満で終わるのはなく、世界を切り開いていくという、力強い曲。誰も届かないからといって、私が届かない理由はない。

この曲に「secret My lips」という曲名にしたのにも、面白みがあります。小鳩ミクの歌詞のセンス、曲名の付け方には興味がなくなることがありません。

BAND-MAIKOで「secret MAIKO lips」として、別バージョンが歌われています。比べて聞いてみると面白みが増すので、聞いてみることをオススメします。

あとがき

BAND-MAIDの1枚目のフルアルバムは、力がかなりこもっていました。

「Just Bring It = かかってこい」に相応しい内容ですので、BAND-MAIDのファンならずとも、バンド編成の音楽が好きなら聞いておきたいアルバムです。

バンドマンや、楽器を弾く人は特に聞いておかないとダメなアルバムですよ。

また、リードギター 遠乃歌波のギターソロが、明らかに変わってきたアルバムでもあります。これでどうですか? から、これでどうだ! に変わっています。

ギターがいいバンドは伸びますから、バンドの大きな成長が聞けただけでなく、今後のさらなる期待値が上がったアルバムです。

 

以上、『BAND-MAID:Just Bring It ~あなたへ私たちからの挑戦状~』でした。

BAND-MAID 関連記事

2015/11/4 release 2nd mini Album
BAND-MAID:New Beginning ~始りを告げる新しい快進撃~

2016/5/18 release 3rd mini Album
BAND-MAID:Brand New MAID ~新時代へと変わる宣言~

2016/11/16 release 2nd Single
BAND-MAID:YOLO ~自分だけの魔法をかけろ~

2017/1/11 release 1st Album
BAND-MAID:Just Bring It ~あなたへ私たちからの挑戦状~ ←今ココ

2017/7/19 release 3rd Single
BAND-MAID:Daydreaming / Choose me ~あなたへの想いと選択~

2018/2/14 release 2nd Album
BAND-MAID:WORLD DOMINATION ~挑戦状からの征服という結果~

2018/7/25 release 4th Single
BAND-MAID:start over ~終わりのない先へと進んでいくために~

2019/1/16 release 5th Single
BAND-MAID : glory ~これでもかと骨太な栄光を切り開く~

2019/1/16 release 6th Single
BAND-MAID:Bubble ~消えゆくモノの融合~

2019/4/3 release 1st mini Album
BAND-MAIKO:セルフタイトルアルバム ~ネタでなく本気でっせ~

2019/10/3 release Delivery limited Single
BAND-MAID:endless Story ~進化を続けていくための決意表明~

2019/12/11 release 3rd Album
BAND-MAID:CONQUEROR ~あなたはこの音にひれ伏すことになる~

コメント