【eo光】
eo光eo光

BAND-MAID:Brand New MAID ~新時代へと変わる宣言~

BAND-MAID:Brand New MAID邦楽レビュー
邦楽レビュー

BAND-MAID (バンドメイド) 3枚目のミニ・アルバム 「Brand New MAID」。

前作「New Beginning」で得た勢いをそのままに、約半年の間隔でリリースされたデビュー作。

「New Beginning」では進化の過程の途中という危うい部分がありましたが、今回のミニ・アルバムではこれが私たちだ! という力強さが感じられます。

どの曲を聞いてもアルバム・タイトル通り、今までのイメージを一線をこえる新しいメイドが感じられる内容に、気持ちが高ぶりらせてくれます。

Brand New MAID 収録曲概要

「Brand New MAID」収録曲は以下の通り。

  1. the non-fiction days
  2. LOOK AT ME
  3. ORDER
  4. Brand-New Road
  5. YURAGU
  6. FREEDOM
  7. Before Yesterday
  8. alone

前作と同様に外部ライターの曲がほとんどですが、小鳩ミクの作詞が2曲。彩姫との作詞の共作が1曲。BAND-MAIDとして1曲と、制作の違いがあります。

8曲目「alone」はアレンジ含めBAND-MAID作となっていますが、メンバーだけで十分にやっていけるんだという、証明のように聞こえました。

収録された曲についても新しい一面ということで、よりタイトルがしっくりとくる感じになっています。いいアルバム・タイトルですね。

the non-fiction days

オープニング曲「the non-fiction days」。(1曲目)

フランジャーで左右に振られているエフェクトの多いギターのイントロが曲の期待を高めている、カッコいいロックナンバー。

この曲を聞くだけで高まっているBAND-MAIDへの期待に対して「またやってくれたね。やるじゃん! 」という気持ちにさせてくれます。

MVの撮影場所が埋立地のように見えるのですが、この点もフィクションでなく現実の日なんだよ! というのを強調されている感じがしました。

そこら辺の男性バンドもタジタジになる、間奏を含めてカッコいい曲です。

FREEDOM

人の顔を伺うのではなく、自分の道を進めと歌った「FREEDOM」。(6曲目)

メイド服を着たロックバンドなんてBAND-MAIDが出てくるまでいなかったですから、進むべき道を歌っているようにも聞こえます。

振り返ったってしょうがいない。もがいてもあがき壊して未来へと道をつなげていくんだというのは、進むべき道が恐ろしくカッコいい!

前へと突き進んでいるBAND-MAIDが歌うからこそ、よりカッコいいがっつりなロックになっています。

Before Yesterday

ミディアムテンポになるサビが印象的な「Before Yesterday」。(7曲目)

過去を振り返りつつも前に進んでいくという、明日への希望が見える曲。過去を否定するのではなく、糧にしていくというのはいいですね。

休符がしっかりとできないと成り立たないので、リズムが怪しいバンドが合わせる練習曲として、演奏してみることをオススメします。

Aメロ、Bメロ、サビへと盛り上げていくのも参考になる部分が多いのではないでしょうか? メッセージ力も高い、何度も聞きたくなります。

alone

BAND-MAID初 バンドの作詞作曲「alone」。(8曲目)

意図があるのかどうか分かりませんが、バンドの初の曲を「alone = 一人で」というタイトルしたのは、興味深くて面白い。

バンドだけでもしっかりと書けるじゃない! というよりも、アルバムの核となる曲を書けるというのには、バンドの未来が見えた感がします。

メンバーだけで絶対に完結! とこだわる必要はないと思いますが、内部で曲を作り出せるというのは、バンドの力強さが変わってきますよね。

アルバムの核となるだけでなく、かつラストに持ってくる。「alone」という曲名が「Brand New MAID」というアルバムの内容にもぴったりです。

小鳩ミクと彩姫のハモリが聞いていて気持ちよく、素直にカッコいいなと手放しでいえる曲にもなっていますよ。

あとがき

「Brand New MAID」は聞いていて、気持ちが高ぶるミニ・アルバム。

デビュー・アルバムだからと気負うことなく、新しい一面を期待以上に発揮してきたカッコいい内容にになっていました。

シングル無しのミニアルバムで3曲のMVを制作。このことも、BAND-MAIDへのメーカー(日本クラウン)の期待値の高さといってもいいですよね。

実際にここから快進撃が始まっていくのですから、先見の明があったということじゃないでしょうか?

また、演奏のレベルも上がっているので、男女を問わずバンドマンも楽しめるアルバム。ぜひこのカッコいいデビュー作を、聞いてみてください。

MVになっていない曲も聞き所満載で、何回も続けて聞きたくなること間違いなし! どこを切り取っても、聞き所がたっぷりとある内容です。

 

以上、『BAND-MAID:Brand New MAID ~新時代へと変わる宣言~』でした。


『BAND-MAID』をApple Musicで

BAND-MAID 関連記事

2015/11/4 release 2nd mini Album
BAND-MAID:New Beginning ~始りを告げる新しい快進撃~

2016/5/18 release 3rd mini Album
BAND-MAID:Brand New MAID ~新時代へと変わる宣言~ ←今ココ

2016/11/16 release 2nd Single
BAND-MAID:YOLO ~自分だけの魔法をかけろ~

2017/1/11 release 1st Album
BAND-MAID:Just Bring It ~あなたへ私たちからの挑戦状~

2017/7/19 release 3rd Single
BAND-MAID:Daydreaming / Choose me ~あなたへの想いと選択~

2018/2/14 release 2nd Album
BAND-MAID:WORLD DOMINATION ~挑戦状からの征服という結果~

2018/7/25 release 4th Single
BAND-MAID:start over ~終わりのない先へと進んでいくために~

2019/1/16 release 5th Single
BAND-MAID : glory ~これでもかと骨太な栄光を切り開く~

2019/1/16 release 6th Single
BAND-MAID:Bubble ~消えゆくモノの融合~

2019/10/3 release Digital Single
BAND-MAID:endless Story ~進化を続けていくための決意表明~

2019/12/11 release 3rd Album
BAND-MAID:CONQUEROR ~あなたはこの音にひれ伏すことになる~

2020/12/2 release 7th Single
BAND-MAID:Different ~全てを変えるのは輝く時のため~

2021/1/20 release 4th Album
BAND-MAID:Unseen World ~だからこそ前へと突き進むよ~

2021/2/4 release Digital Single
BAND-MAID:about Us ~今までありがとう。そしてこれからも~

2019/4/3 release 1st mini Album
BAND-MAIKO:BAND-MAIKO ~ネタではなく本気でっせ~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント