BABYMETAL:セルフタイトルアルバム ~シーンを変えた歴史的な1枚~

BABYMETAL:セルフタイトルアルバム邦楽レビュー
邦楽レビュー

BABYMETAL (ベビーメタル) セルフタイトルアルバムである「BABYMETAL」。

2014年にリリースされた、記念すべき1枚目のアルバムです。

リリースからすでに5年以上たっているアルバムですが、今も新鮮に聞けます。オリジナリティがあるのと同時に、当時の時代にマッチしたアルバムです。

先駆者のファーストインパクトは、何にも変えられないものがありました。

BABYMETAL 収録曲概要

セルフタイトルアルバム「BABYMETAL」の収録曲は、以下の通りです。

  1. BABYMETAL DEATH
  2. メギツネ
  3. ギミチョコ!!
  4. いいね!
  5. 紅月-アカツキ-
  6. ド・キ・ド・キ☆モーニング
  7. おねだり大作戦
  8. 4の歌
  9. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
  10. Catch me if you can
  11. 悪夢の輪舞曲
  12. ヘドバンギャー!!
  13. イジメ、ダメ、ゼッタイ

日本語の曲名が多いので、今のBABYMETALよりもアイドル感がありますね。曲名からどんな曲なのか想像ができないことも、より面白く感じます。

BABYMETALがブレイクしてからは、アイドルでロックやメタルを曲に取り上がるフォロワーがめちゃくちゃ増えたんです。

特に地下アイドル、ライブアイドルと呼ばれるアイドルはこぞって増えることになりました。アイドル界の音楽シーンの方向性を、完全に変えたアルバムです。

とはいえ、注目はされても、こえるようなグループは出てきていませんが…。

バンド上がりの人がアイドルのプロデュースをするのが目立つようになったも、このアルバムがきっかけではないでしょうか。

ファンだけでなく、アイドルの音楽のあり方にも衝撃を与えたアルバムです。

BABYMETAL DEATH

オープニング曲の「BABYMETAL DEATH」。(1曲目)

スラッシュメタルでの、BABYMETALの紹介曲です。

歌詞に大きな意味は含まれていないのに、なぜか気になって聞いてしまう不思議な魅力を持った曲です。紹介でしかないのに、強力過ぎる名刺です。

曲の持つインパクトという意味でも、オープニング曲はこの曲しかありません。

メギツネ

和風メタルにディスコサウンドをミックスさせた「メギツネ」。(2曲目)

かわいらしい女の子がメタルであるだけでも興味深いのに、さらに先を行く面白さを追加した曲は、気になるなというほうが難しい曲です。

途中、童謡「かごめかごめ」のメロディーが印象的で、BABYMETALの世界に引き込まれてしまいます。乙女な女心が含まれているのも、魅力的です。

ああそうよ いつでも女は女優よ

とてもシンプルな歌詞ですが、メギツネである乙女の気持ちが伝わってきます。いろいろと気になる要素が隠されている、聞くだけで面白みのある曲です。

ギミチョコ!!

イントロから印象が強い「ギミチョコ!! 」。(3曲目)

最初の語りはゴルゴ13がしゃべる、昔に流行ったやつですよね。今もネット上にあるかなと思って探してみたれど、見つけられませんでした。

リフで押し倒すこの曲を、かわいい声が乗ってくるのは想像ができなかった曲です。男性ボーカルよりも、女性ボーカルだからこそ生きた曲になっています。

最初はなんだこりゃ? と思ったとしても、聞いているうちに中毒になりますよ。特にギタリストは、聞いたらコピーしたくなる曲になっています。

紅月-アカツキ-

メロディー、歌詞を含めてX JAPANの雰囲気を感じる「紅月-アカツキ-」。(5曲目)

実際にX JAPANとライブで演奏もしているのが、興味深い曲です。この曲をしっかりと歌えるのもですし、共演するX JAPANのメンバーもやりますよね。

強い思いの込もった歌詞でありながら、寂しさを感じるのもポイントです。今のSU-METALが歌ったら、とんでもなく強力な曲になりそうな気がしますよ。

ド・キ・ド・キ☆モーニング

BABYMETALのは始まりの曲である「ド・キ・ド・キ☆モーニング」。(6曲目)

さくら学院の派生ユニットの「重音部」として始まったからこそBABYMETALがあるので、今は歌われなくても歴史として外すことができない曲です。

1曲目ということで、アイドル感が1番残っている曲になっています。アイドルが重低音というのは当時はいなかったので、完全に先駆者ですよね。

Heavy Metalをもじって、BABYMETALと命名したのも実にうまいです。

音楽はどんどん進化していくのですが、声質と3人のビジュアルもよかったのが後出しのグループが追いつけない理由となっています。

メタルとのアイドル曲の融合で、まだこの時はリミッターが外れていないというのが、この曲の印象がより残る結果になった気がしています。

ガチメタルではついていけないさくら学院ファンも多かったでしょうから、入り口をして絶妙ですね。メタルファンにも否定ではなく、気にさせたという…。

この曲はやっぱりBABYMETALの歴史として外せない曲です。

4の歌

アルバムの中でもこれはやられたと印象に残る「4の歌」。(8曲目)

カウントダウンのために1、2、3、は他の曲でもよく出てくる数字ですが、4に注目して曲にしたのは、当時やられた〜と思った人は多いはず…。

アルバムの中の曲でも、発想がすば抜けていいなと思う曲です。間奏でハワイアンの要素まで取り入れるなんて、なかなか出てこない発想ですよね。

曲としてはシンプルであるからこそ、ライブで映える曲となっています。

イジメ、ダメ、ゼッタイ

アルバムのラストを飾る「イジメ、ダメ、ゼッタイ」。(13曲目)

曲名そのままですが、ストレートにいじめはダメと、強いメッセージが込められた曲です。メタルにはあまりないテーマは、BABYMETALだからこそですね。

苦しみも 悲しみも
全て解き放て 君を守るから

加害者になる側でダメというだけでなく、被害者になる側にもメッセージが込められているのが、本当の意味での優しさを感じる曲です。

する方は気が付かずにしてしまっていることもあるからこそ、メタルな曲にのせて強いメッセージがあることに意味を持つ曲になっています。

あとがき

アイドルが好きで聞く人、メタルを聞く人をうまく融合させた、アルバムです。

特にアイドルを聞く人はアイドルばかり、メタルを聞く人はメタルしか聞かない人が多かったですから、ぶち壊したのはすごいとしか言葉が思い浮かびません。

日本語で言葉が分からない海外でもBABYMETALが注目されたのは、偶然ではなく、必然だったのではないでしょうか?

CDという盤にこだわらずに早くから世界で配信があったのも、今の結果につながっていると思います。曲の良さもさることながら、戦略もうまいですよね。

1枚目のアルバムがこの内容で、現状維持でなく常に進化をしていくBABYMETALが支持をされるのは、ある意味で当然といえます。

先駆者利益だけにしないからこそ、BABYMETALが今も面白いです。

だからこそ、10月11日(金)にリリースされる3枚目のアルバム「METAL GALAXY」が今から楽しみでなりません。

 

以上、『BABYMETAL:セルフタイトルアルバム ~シーンを変えた歴史的な1枚~』でした。

BABYMETAL 関連記事

2014/2/26 release 1st Album
BABYMETAL:セルフタイトルアルバム ~シーンを変えた歴史的な1枚~ ←今ココ

2016/4/1 release 2nd Album
BABYMETAL:METAL RESISTANCE ~急激に進化した抵抗~

2018/5/8 release Delivery limited single
BABYMETAL:Distortion ~このセカイがこわれても忘れない~

2018/10/19 release Delivery limited single
BABYMETAL:Starlight ~新章への星明かり~

2019/5/10 release Delivery limited single
BABYMETAL:Elevator Girl ~あなたの行き先はどちらですか? ~

2019/6/28 release Delivery limited single
BABYMETAL:PA PA YA!! (feat. F.HERO) ~燃えろ! サマーメタル~

2019/10/11 release 3rd Album
BABYMETAL:METAL GALAXY ~大きな広がりは先へと続いていく~

コメント