BABYMETAL:METAL RESISTANCE ~急激に進化した抵抗~

BABYMETAL:METAL RESISTANCE邦楽レビュー
邦楽レビュー

BABYMETAL (ベビーメタル) 2枚目のアルバム「METAL RESISTANCE」。

2016年に発売されたこれがBABYMETALという、人気と方向性を決定付けたアルバムです。これはどうですか? が、これでどうだ! に変わってきました。

奇を狙うのではなく、正統に予想以上に進化してきたことが、アルバムをより魅力的なものにしています。メタル要素がより増えているのも特徴です。

かわいさも残しつつ、カッコいいと素直に感じるアルバムになっています。

METAL RESISTANCE 収録曲概要

「METAL RESISTANCE」の収録曲は以下の通りです。

  1. Road of Resistance
  2. KARATE
  3. あわだまフィーバー
  4. ヤバッ!
  5. Amore – 蒼星 –
  6. META!メタ太郎
  7. シンコペーション
  8. GJ!
  9. Sis. Anger
  10. NO RAIN, NO RAINBOW
  11. Tales of The Destinies
  12. THE ONE

1枚目のアルバムでセルフタイトルの「BABYMETAL」とは、曲名から変化がでています。日本語タイトルが減っているので、よりメタルらしい感じです。

曲も同様にメタル感が増えているのですが、アイドル的な要素も無くすのでなく、絶妙な感じで残しているのもポイントとなっています。

BABYMETALが売れたことでの一気に発生したフォロワーアイドルグループ、ユニットが追いついてこれないのも、バランスが難しい部分にありますよね。

オリジナルでありながら、他を寄せ付けないクオリティ、絶妙なバランスであるからこそ、BABYMETALが支持される理由となっています。

単曲でも魅力的なのですけれど、たたみかけてくるような収録順の流れが独自性と混じり合って、アルバムの魅力をより高めている内容です。

Road of Resistance

アルバムのオープニングを飾る「Road of Resistance」。(1曲目)

曲の構成として、MetallicaのBatteryを思わせるようなこの曲。ミディアムテンポのイントロがこれからの始まりを期待させてから、一気に爆発させています。

「Road of Resistance = 抵抗への道」というのがピッタリの歌詞の内容です。ものすごくコンパクトなかしだからこそ、抵抗が見える曲ですね。

英語詞が重要な箇所になっていますので、注目して見てはいかがでしょうか?

KARATE

カッコよさとかわいらしさが融合した「KARATE」。(2曲目)

シンプルな歌詞でありながら、立ち向かっていく勇気をくれる曲です。

セイヤ セ セ セ セイヤ
ソイヤ ソ ソ ソ ソイヤ

海外の方に日本語が分からなくても掛け声だからこそ分かる、MVやライブをみればアクションで分かるという、絶妙な部分を持った曲でもあります。

音楽は世界共通と言いますが、言葉の壁はあるからこそ、生きてくる曲です。1度気になってしまえば、他の歌詞や曲も気になりますし、きっかけの曲ですね。

かわいさはあっても変にこびることをしていないのも、功を奏しています。

Amore – 蒼星 –

スピードメタルでありながら、ポップな曲の「Amore – 蒼星 –」。(5曲目)

この曲は演奏が裏で複雑なことをしているのにストレートに聞かせているだけでなく、SU-METALの伸びのある声がとても生きている曲です。

24時間走り続けてどんなことがあっても希望は捨てない、宇宙まで届け! というテーマの大きな曲を重く感じさせないのは、曲調にありますよね。

10月に発売される予定の3枚目のアルバム「METAL GALAXY」につながる世界観をもった、曲の1つではないかと予想しています。素直にいい曲です。

シンコペーション

流れるような演奏がアルバムの中でも圧倒的にカッコいい「シンコペーション」。(7曲目)

シンコペーションとは音楽用語で強い拍と弱い拍を変えてリズムに変化を与えることですが、歌詞も含めてまさに「シンコペーション」の曲です。

音楽を演奏する人であれば「シンコペーション」は知っていて当然の用語で重要な要素ですが、この曲の揺れる恋心は用語の意味と同じですよね。

BABYMETALの歌詞の中でも、この曲の歌詞の揺れる恋心はいいですよ。

演奏がカッコいいだけでなく、実際に演奏するのはアルバムの中でもかなり難しい曲です。演奏力の高さが分かります。BABYMETALの魅力の1つです。

Sis. Anger

YUIMETAL、MOAMETALのユニット曲である「Sis. Anger」。(9曲目)

前の曲の「GJ! 」に続いてのユニット曲は、メタルな曲とのギャップが興味を引く曲です。怒りの感情であるのに、たんたんと歌うのが面白さを増しています。

結構強い言葉の曲であるのにさらっと耳に入ってくるのは、歌い方に大きな要因があるのは間違いありません。かわいいですが、とても強い怒りです。

Metallica「St. Anger」から触発されて付けたであろう「Sis. Anger」という曲名も、曲名を見ただけでも気になってしまいます。興味深い怒りの曲です。

NO RAIN, NO RAINBOW

SU-METALだからこそのバラード曲「NO RAIN, NO RAINBOW」。(10曲目)

優れたメタルバンドはメタルだけでなく、バラードも優れて曲を持っている場合が多いですが、BABYMETALからの回答のような曲です。

Xが売れたのはEndless Rainのような美しいバラードがあったからこそといって過言ではありませんけれど、BABYMETALにも美しいバラードがありました。

メタル曲が満載のアルバムに収録してきたのが重要で、底力の強さが分かる曲になっています。この曲のあるなしでは、アルバムの印象が異なりますよね。

アルバムの中でどの曲をオススメするかといわれたら、断然この曲です。

THE ONE

アルバムのラストを飾る「THE ONE」。(12曲目)

「METAL RESISTANCE」で目指す世界を表したような曲です。歌っている内容がシンプルであるからこそ、より目指す世界が伝わってくる気がします。

自分だけ目指す場所ではなく、あなたと私が一つであるからこそ、いつもあなたのそばにいるよ。一緒にたどり着く場所であることに、意味を持つ曲です。

SU-METALの歌声の成長がアルバムの中で1番感じる曲で、ラストにぴったりな曲になっています。この曲を聞くと、また最初から聞きたくなりますよ。

あとがき

アルバム・タイトルの「METAL RESISTANCE」がこれだけ当てはまるアルバム内容は、珍しいのではないでしょうか?

1枚目のアルバムからの進化は曲だけでなく、演奏部分にもあります。楽器を弾く人であれば、思わずコピーをしたくなるような演奏が満載なんです。

しかもしっかりコピーしようとしたら難しいけれど、雰囲気だけならある程度弾ける方であれば形になるというバランスも優れています。

難し過ぎて誰にも弾けないぞとしなかったのは、正解ですよね。BABYMETALのいろいろな要素のバランスの良さは、見習うべき部分がたくさんあります。

聞けば聞くほど、新たな発見と面白みが増えるアルバムになっています。

1枚目を聞いているなら、このアルバムも。このアルバムを聞いたなら、1枚めももぜひ聞いみると、よりBABYMETALが楽しむことができますよ。

 

このアルバムををリリースしてからのシングルでまた新しい1面を見せてくれているので、3枚目のアルバム「METAL GALAXY」が待ち遠しいです。

10月にリリースされるNewアルバム前に、予習で必ず聞いておきましょう。

 

以上、『BABYMETAL:METAL RESISTANCE ~急激に進化した抵抗~』でした。


『BABYMETAL』をApple Musicで

BABYMETAL 関連記事

2014/2/26 release 1st Album
BABYMETAL:BABYMETAL ~シーンを変えた歴史的な1枚~

2016/4/1 release 2nd Album
BABYMETAL:METAL RESISTANCE ~急激に進化した抵抗~ ←今ココ

2018/5/8 release Delivery limited single
BABYMETAL:Distortion ~このセカイがこわれても忘れない~

2018/10/19 release Delivery limited single
BABYMETAL:Starlight ~新章への星明かり~

2019/5/10 release Delivery limited single
BABYMETAL:Elevator Girl ~あなたの行き先はどちらですか? ~

2019/6/28 release Delivery limited single
BABYMETAL:PA PA YA!! (feat. F.HERO) ~燃えろ! サマーメタル~

2019/10/11 release 3rd Album
BABYMETAL:METAL GALAXY ~大きな広がりは先へと続いていく~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント