BABYMETAL:Distortion ~このセカイがこわれても忘れない~

BABYMETAL:Distortion 邦楽レビュー

BABYMETALの4枚目の配信限定のシングルである「Distortion」。

体調不良で2017年末から休んでいたYUIMETAL(ユイメタル)の脱退は次作の「Starlight」ですが、実質上の在籍時のラスト音源です。

配信は以前からも行っていましたが、BABYMETALがサブスク配信を含めて配信を積極的になったのは、「Distortion」といっていいと思います。

10月に発売されるサード・アルバム「METAL GALAXY」の収録曲も発表されましが、「Distortion」以降からという、重要な役割を持った曲です。

いろいろなきっかけとなるこの曲は、聴き逃がせない曲になっています。

ひずんでも止まらない

「Distortion = ひずみ」ですが、ギタリストにはおなじみの言葉です。

オーバードライブではなく、ディストーションとしたのがメタルでもあり、よりカッコよく聞こえるタイトル名です。

OVER DRIVEだと、やっぱりJUDY AND MARYになってしまいますよね。これも名曲ですが、BABYMETALとしてならば、Distortionがぴったりな曲名です。

ザクザクなメタル

曲名の通りディストーションがかかったザクザクに切り刻んでいるギターと、2バスのドラムが印象的な曲の「Distortion」。

BABYMETALの曲の中でも1番最速のBPM(テンポ)の曲といって、いいのではないでしょうか? また、このハイテンポが曲の良さを倍増させています。

ただ曲のテンポが早いだけでなく、曲の構成がかっこいいので、特にギタリストならばコピーしたくなってしまう曲です。素直にカッコいい曲ですね。

BABYMETALの従来の要素でもあるのですが、英語詞の部分に大きな意味が込められていますので、英語詞部分も欠かさずに見ることをオススメします。

曲をよりカッコよくしているのは、SU-METAL(スゥメタル)の伸びやかな声があるからこそですよね。BABYMETALの中でも特に、カッコいい曲です。

Distortion まとめ

この曲からサード・アルバム「METAL GALAXY」につながっていくと考えると、とても感慨深い曲になります。

「METAL GALAXY」の収録曲の詳細も発表されましたが、曲名だけ見てもサード・アルバムの期待感が高まる感じになっていました。

曲名と同時にフィーチャリングゲストも同時に発表されていますが、B’zの松本さんはどんな感じになるのか分からないのが、逆に楽しみです。

また、Sabaton、Arch Enemyのボーカルが参加するというのは、これは熱いメタル曲になるのは間違いありません。この2人には特に期待してしまいます。

だからこそ熱いメタル曲である「Distortion」はアルバムのキーとなる重要な曲になる可能性はとても高いですよ。しっかりと聞いておくべき曲ですね。

Distortion(feat.Alissa White-Gluz)とパワーアップして収録ですから、アルバムとして聞いた時にどんな感じに聞こえるのか、今から楽しみです。

 

以上、『BABYMETAL:Distortion ~このセカイがこわれても忘れない~』という記録でした。

BABYMETAL 関連記録

2014/2/26 release 1st Album
BABYMETAL:セルフタイトルアルバム ~シーンを変えた歴史的な1枚~

2016/4/1 release 2nd Album
BABYMETAL:METAL RESISTANCE ~急激に進化した抵抗~

2018/10/19 release Delivery limited single
BABYMETAL:Starlight / 新章への星明かり

2019/5/10 release Delivery limited single
BABYMETAL:Elevator Girl ~あなたの行き先はどちらですか? ~

2019/6/28 release Delivery limited single
BABYMETAL:PA PA YA!! (feat. F.HERO) ~燃えろ! サマーメタル~

コメント