【オッズパーク競馬】
オッズパーク競馬オッズパーク競馬

【2021年8月音楽レビュー】32アーティスト:35枚 + まとめ記事 x2

【2021年8月音楽レビュー】時事 & まとめ
時事 & まとめ

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」をご覧いただき、ありがとうございます。

今記事は一月ごとのレビューのまとめ。今回は21年8月に新規投稿を行った、37記事分。どんな追加更新がされてきたのか、是非ご覧ください。

2021年8月音楽レビュー

振り返りのまとめ記事を先頭に、その他個別のレビュー記事はアーティスト名の五十音順で紹介していきます。

まとめ記事 x2

① 先月の振り返り「【2021年7月音楽レビュー】26アーティスト:36枚 + まとめ記事」。

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。21年7月に新規投稿を行った、26アーティスト:36枚、振り返りについてまとめた記事。

どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

【2021年7月音楽レビュー】26アーティスト:36枚 + まとめ記事
絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。21年7月に新規投稿を行った、26アーティスト:36枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

② ところであなたは「どんな環境で音楽を聞いてレビューしているのか?」。

音楽レビューサイト「あぶまい」。

邦楽、洋楽、ジャンル関係なく日々レビューを行っていますが、どんな環境で行っているかは、今まで記事にしていませんでした。

新しくイヤホンを購入してふと思いったので、その勢いで記事にしてみました🎧

ところであなたは、どんな環境で音楽を聞いてレビューをしているの?
音楽レビューサイト「あぶまい」。邦楽、洋楽、ジャンル関係なく日々レビューを行っていますが、どんな環境で行っているかは公開せずに実施。新しくイヤホンを購入してふと思いったので、その勢いで記事にしてみました

Iron Maiden

Iron Maiden (アイアン・メイデン) 配信シングル「Stratego」。

21年9月3日にリリースされる17枚目のアルバム「Senjutsu (戦術)」からのセカンドシングル。音として、どこから聞いてもアイアン・メイデンという曲。

前作もですが、単曲ではなくアルバムを描く為の1曲であるのもポイントです☗

Iron Maiden:Stratego ~俺には狂人の戦術が読み解けない…~
21年9月3日にリリースされる17枚目のアルバム「Senjutsu (戦術)」からのセカンドシングル。音として、どこから聞いてもアイアン・メイデンという曲。前作もですが、単曲ではなくアルバムを描く為の1曲であるのもポイントです。

藍井エイル

藍井エイル (あおい エイル) 20枚目のシングル「アトック」。

タイトルがそれぞれ興味深いだけでなく、生と死が描かれた3曲。割合として死が強いからこそ、聞く人の受け取り方で印象が大きく変わりそうです。

攻めた内容は、じっくりと歌詞を見ながらの方がその世界観は楽しめます💫

藍井エイル:アトック ~これからも生き続けることを私は選択する~
タイトルがそれぞれ興味深いだけでなく、生と死が描かれた3曲。割合として死が強いからこそ、聞く人の受け取り方で印象が大きく変わりそうです。攻めた内容は、じっくりと歌詞を見ながらの方がその世界観は楽しめます。

麻倉もも

麻倉もも (あさくら もも) 9枚目のシングル「ピンキーフック」。

女の子ならではの表現がされたタイトル曲と、カップリング。あざとらしさとしおらしさの違いが、ちゃんと表現されているのもポイント!

「ピンキーフック」のMVは世界観をうまく表現していて、凄くいい感じです💘

麻倉もも:ピンキーフック ~女の子が持ち合わせている2つの表現~
女の子ならではの表現がされたタイトル曲と、カップリング。あざとらしさとしおらしさの違いが、ちゃんと表現されているのもポイント!「ピンキーフック」のMVは世界観をうまく表現していて、凄くいい感じです。

幾田りら

幾田りら (いくた りら) 配信シングル「ロマンスの約束」。

AbemaTV「今日、好きになりました。向日葵編」主題歌というタイアップがついたことで、リアレンジされた彼女の既存曲。

アレンジに大きな変化はないのですが、YOASOBIの経験を経て歌が進化しています💞

幾田りら:ロマンスの約束 ~二人がずっと一緒にいるために~
AbemaTV「今日、好きになりました。向日葵編」主題歌というタイアップがついたことで、リアレンジされた彼女の既存曲。アレンジに大きな変化はないのですが、YOASOBIの経験を経て歌が進化しています。

=LOVE

=LOVE (イコールラブ) 9枚目のシングル「ウィークエンドシトロン」。

≠MEとのスプリット盤ではなく単独音源に戻った今作。気心の知れた仲間とはいえ外部に歌詞を委託するなど、変化の兆しを感じさせてくれる1枚。

後々になって、今作が今後の活動のキーになりましたとなるかも…🍋

=LOVE:ウィークエンドシトロン ~ずっと同じままじゃないから…~
≠MEとのスプリット盤ではなく単独音源に戻った今作。気心の知れた仲間とはいえ外部に歌詞を委託するなど、変化の兆しを感じさせてくれる1枚。後々になって、今作が今後の活動のキーになりましたとなるかも…。

Vince Neil

Vince Neil (ヴィンス・ニール) 配信シングル「25 or 6 to 4」。

アーカイブスとしてリリースされた、Chicagoの名曲のカバー。元々は2枚目のアルバム「Carved In Stone」の日本盤ボーナス・トラック。

輸入盤で聞いていた自分は漏れていましたが、これがまたカッコいいです🎸

Vince Neil:25 or 6 to 4 ~今の俺は君の助けを必要としている~
アーカイブスとしてリリースされた、Chicagoの名曲のカバー。元々は2枚目のアルバム「Carved In Stone」の日本盤ボーナス・トラック。輸入盤で聞いていた自分は漏れていましたが、これがまたカッコいいで。

うらみちお兄さん

うらみちお兄さん (うらみちおにいさん) 配信シングル「得手不得手/猫が何もない空間を見てる」。

テレビアニメ「うらみちお兄さん」。番組内容に合わせて順調にリリースを続けるうらみちお兄さんの第3弾。ふとしたことだけと、共感してしまう歌。

人と猫に対しての存在に、大人ことぐっとくるものがありますよ🙌😺

うらみちお兄さん:得手不得手/猫が何もない空間を見てる ~存在理由~
テレビアニメ「うらみちお兄さん」。番組内容に合わせて順調にリリースを続けるうらみちお兄さんの第3弾。ふとしたことだけと、共感してしまう歌。人と猫に対しての存在に、大人こそぐっとくるものがありますよ。

Ed Sheeran

Ed Sheeran (エド・シーラン) 配信シングル「Visiting Hours」。

21年10月29日にリリースされる5枚目のアルバム「=」からのセカンドシングル。今実現しないと分かっていても、願わずはいられないあなたとの時間。

思いが優しい歌は、時を経た上でいつか叶うことを期待してしまいます✨

Ed Sheeran:Visiting Hours ~今実際に会うことはできないけれど…~
21年10月29日にリリースされる5枚目のアルバム「=」からのセカンドシングル。今実現しないと分かっていても、願わずはいられないあなたとの時間。思いが優しい歌は、時を経た上でいつか叶うことを期待してしまいます。

Elton John & Dua Lipa

Elton John & Dua Lipa (エルトン・ジョン アンド デュア・リパ) 配信シングル「Cold Heart (PNAU Remix)」。

超メジャーネーム同士のコラボレーション曲。2人の組み合わせも興味深いところですが、2つの名曲ががっちゃんこしたのも特徴です。

ジャケット、MVも独特ですが、その曲もかなり興味深い形になっていますよ🤝

Elton John & Dua Lipa:Cold Heart ~永遠に冷たくはないから~
超メジャーネーム同士のコラボレーション曲。2人の組み合わせも興味深いところですが、2つの名曲ががっちゃんこしたのも特徴です。ジャケット、MVも独特ですが、その曲もかなり興味深い形になっていますよ。

小倉唯

小倉唯 (おぐら ゆい) 14枚目のシングル「Fightin★Pose」。

カップリング「ハートフォレスト」を先行配信する珍しい手法が取られつつ、リリースされるのは、可愛らしに加えて、背中をプッシュしてくれるタイトル曲。

言葉の表記遊びもありつつ、完成度の実に高い1枚です✊

小倉唯:Fightin★Pose ~かなえたい夢がそこにあるから~
カップリング「ハートフォレスト」を先行配信する珍しい手法が取られつつ、リリースされるのは、可愛らしに加えて、背中をプッシュしてくれるタイトル曲。言葉の表記遊びもありつつ、完成度の実に高い1枚です。

Camila Cabello

Camila Cabello (カミラ・カベロ) 配信シングル「Don’t Go Yet」。

久しぶりの新曲は、まだ詳細は未発表の3枚目のアルバム「Familia」からのリードシングル。切ない思いであるのに、ラテンの楽しい音で表現。

ギャップがあるからこそ、MVを含めて実に面白い表現です💃

Camila Cabello:Don't Go Yet ~まだここにいてほしいの~
久しぶりの新曲は、まだ詳細は未発表の3枚目のアルバム「Familia」からのリードシングル。切ない思いであるのに、ラテンの楽しい音で表現。ギャップがあるからこそ、MVを含めて実に面白い表現です。

Guns N’ Roses

Guns N’ Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ) 配信シングル「ABSUЯD」。

再開したツアーで披露されている、12年8カ月ぶりの新曲。Slash、Duff McKaganも含めたラインナップとなると、なんと26年8カ月ぶり!

パンク色の強いロックンロールに、怒りの言葉が熱いです🔥

Guns N' Roses:ABSUЯD ~鈍感で気付かないあんたに送る歌~
再開したツアーで披露されている、12年8カ月ぶりの新曲。Slash、Duff McKaganも含めたラインナップとなると、なんと26年8カ月ぶり!パンク色の強いロックンロールに、怒りの言葉が熱いです。

楠木ともり

楠木ともり (くすのき ともり) 配信シングル「タルヒ」。

今冬に3枚目のEPもリリースされる彼女の、新たなる一手。既存の曲よりも断然分かりやすい表現になっているのが特徴です。

歩み寄ったのではない、間口を広げた形。優しさのある思いとともに、今後の期待感を高めてくれます✨

楠木ともり:タルヒ ~手を伸ばせばすぐそこに幸せがあるんだ~
今冬に3枚目のEPがリリースされる彼女の、新たなる一手。既存の曲よりも断然分かりやすい表現になっているのが特徴です。歩み寄ったのではない、間口を広げた形。優しさのある思いとともに、今後の期待感を高めてくれます。

GLAY X2

① GLAY (グレイ) 配信シングル「BETTY BLUE」。

5カ月連続配信のリリースの第3弾。聞いていると、人ぞれぞれの過去の恋を思い出してしまうような曲。ほろ苦い切なさがあります。

また、アルバムの1曲目を今このタイミングというのには、意図がありそうです📨

GLAY:BETTY BLUE ~今も忘れられないあなたとの恋~
5カ月連続配信のリリースの第3弾。聞いていると、人ぞれぞれの過去の恋を思い出してしまうような曲。ほろ苦い切なさがあります。また、アルバムの1曲目を今このタイミングというのには、意図がありそうです。

② GLAY (グレイ) 59枚目のシングル「BAD APPLE」。

17枚目のアルバム「FREEDOM ONLY」に向け、5カ月連続配信リリース中の第4弾で、CD盤でも発売される1枚。聞き手の受け取り方が多くありそうな内容。

アルバム未収録のカップリングも興味深く、じっくりと聞きたいシングルです🍎

GLAY:BAD APPLE ~あなたは今この時をどう受け止めて行動する?~
17枚目のアルバム「FREEDOM ONLY」に向け、5カ月連続配信リリース中の第4弾で、CD盤としても発売される1枚。聞き手の受け取り方が多くありそうな内容。アルバム未収力のカップリングも興味深く、じっくりと聞きたいシングルです。

cluppo

cluppo (クルッポ) 1枚目のシングル「PEACE&LOVE/Flapping wings」。

鳩の日(8月10日)のリリースされる、BAND-MAID のギタリスト 小鳩ミク ソロ・プロジェクト第2弾。楽しさと強さ、優しさのある音。

HIPPIE-POPPOで前向きな歌は、聞いた人の気持ちを優しくしてくれます🕊

cluppo:PEACE&LOVE/Flapping wings ~そこに平和があるから~
鳩の日(8月10日)のリリースされる、BAND-MAID のギタリスト 小鳩ミク ソロ・プロジェクト第2弾。楽しさと強さ、優しさのある音。HIPPIE-POPPOで前向きな歌は、聞いた人の気持ちを優しくしてくれます。

Korn

Korn (コーン) 配信シングル「The Devil Went Down to Georgia (feat. YelaWolf)」。

トリビュートでリリースされた、Charlie Daniels Band のカバー。本筋では行なわいであろう表現は、聞いていてとても興味深くなること請け合いです。

当初はBandcamp独占配信でしたが、間口が広がりました👿

Korn:The Devil Went Down to Georgia ~あなたの魂を奪いに~
トリビュートでリリースされた、Charlie Daniels Band のカバー。本筋では行なわいであろう表現は、聞いていてとても興味深くなること請け合いです。当初はBandcamp独占配信でしたが、間口が広がりました。

STARMARIE

STARMARIE (スターマリー) 配信シングル「禁じられた遊び」。

元風男塾 結木さくら、元AKB48 藤江れいな W主演に加えて、メンバーも出演する映画「砂のフォトグラフ」主題歌。

禁じられるからこそ、魅力があり、後悔が先にあってもしてしまう行動。描かれる世界が興味深いです🔥

STARMARIE:禁じられた遊び ~知ってはいるけれどやめられない~
元風男塾 結木さくら、元AKB48 藤江れいな W主演に加えて、メンバーも出演する映画「砂のフォトグラフ」主題歌。禁じられるからこそ、魅力があり、後悔が先にあってもしてしまう行動。描かれる世界が興味深いです。

The Darkness

The Darkness (ザ・ダークネス) 配信シングル「Motorheart」。

21年10月5日にリリースされる7枚目のアルバムからのファーストシングルかつ、タイトル曲。モーターヘッドの要素や、決して伝わることのない寂しさ。

面白いことをしてくるなと感じると同時に、アルバムの期待感を高めています🦾

The Darkness:Motorheart (Single) ~彼女の心は決して知り得ない~
21年10月5日にリリースされる7枚目のアルバムからのファーストシングルかつ、タイトル曲。モーターヘッドの要素や、決して伝わることのない寂しさ。面白いことをしてくるなと感じると同時に、アルバムの期待感を高めています。

Daughtry

Daughtry (ドートリー) 配信シングル「Lioness」。

「Dearly Beloved」から先行シングル第3弾。リリースも21年9月17日に決まり、トラックリストも今作の配信と同時に公開。

ドートリーならではの切なさを伴う表現が、心に染み渡るとともに、アルバムの期待感を高めています🦁

Daughtry:Lioness ~あなたはとても強くなったから…~
「Dearly Beloved」から先行シングル第3弾。リリースも21年9月17日に決まり、トラックリストも今作の配信と同時に公開。ドートリーならではの切なさを伴う表現が、心に染み渡るとともに、アルバムの期待感を高めています。

Trivium

Trivium (トリヴィアム) 配信シングル「Feast Of Fire」。

21年10月8日にリリースされる10枚目のアルバム「In The Court Of The Dragon」からの、先行シングル第2弾。正に期待を高めてくれる1曲。

前作がタイトル曲となったのも、この曲、トラックリストを見ると納得してしまうものがあります🔥

Trivium:Feast Of Fire ~無になるまで全てを焼き尽くす~
21年10月8日にリリースされる10枚目のアルバム「In The Court Of The Dragon」からの、先行シングル第2弾。正に期待を高めてくれる1曲。前作がタイトル曲となったのも、この曲、トラックリストを見ると納得してしまうものがあります。

Dream Theater

Dream Theater (ドリーム・シアター) 配信シングル「The Alien」。

21年10月22日にリリースされる15枚目のアルバム「A View From The Top Of The World」からの先行シングルかつ、オープニングトラック。

描かれている歌詞の意味が。1曲と全体で聞いた時では少し変わって来そうな気がします👽

Dream Theater:The Alien ~この世界を良くするために来た~
21年10月22日にリリースされる15枚目のアルバム「A View From The Top Of The World」からの先行シングルかつ、オープニングトラック。描かれている歌詞の意味が。1曲と全体で聞いた時では少し変わって来そうな気がします。

Nicori Light Tours

Nicori Light Tours (ニコリライトツアーズ)  1枚目のシングル「蜃気楼Girl / コマンド疑似恋愛」。

Janne Da Arcで活躍したyou (Gt)とkiyo (Key)が中心となり結成された、新たなロックバンド。意表をついた、ツインボーカル体制であるのも特徴です。

変にイメージを避けることはせず、生かして表現する音は、面白い存在になるかも…🎸

Nicori Light Tours:蜃気楼Girl / コマンド疑似恋愛 ~男と女の物語~
Janne Da Arcで活躍したyou (Gt)とkiyo (Key)が中心となり結成された、新たなロックバンド。意表をついた、ツインボーカル体制であるのも特徴です。変にイメージを避けることはせず、生かして表現する音は、面白い存在になるかも…。

Black Veil Brides

Black Veil Brides (ブラック・ベイル・ブライズ) 配信シングル「Torch」。

2021年10月にリリース予定の6枚目のアルバム「The Phantom Tomorrow」からの、先行シングル第4弾。着実に積み上げてきました。

思いがこれでもかと寂しいからこそ、響く曲。アルバムへの期待感を高めてくれます🔥

Black Veil Brides:Torch ~生きるとは嘘をつくこと~
2021年10月にリリース予定の6枚目のアルバム「The Phantom Tomorrow」からの、先行シングル第4弾。着実に積み上げてきました。思いがこれでもかと寂しいからこそ、響く曲。アルバムへの期待感を高めてくれます。

BlooDye

BlooDye (ブラッディー) 配信シングル「Hug me Hug you / LOVE or DIE」。

新体制の第2弾は、アルバム「FUTURE WINGS」からの先行シングル。ジャケットもポップですが、その音もタイトル曲はかわいらしい思い。

既存のイメージのギャップが、アルバムの興味を強くさせています🤗

BlooDye:Hug me Hug you / LOVE or DIE ~恋の表現の形は様々~
新体制の第2弾は、アルバム「FUTURE WINGS」からの先行シングル。ジャケットもポップですが、その音もタイトル曲はかわいらしい思い。既存のイメージのギャップが、アルバムの興味を強くさせています。

Holly Humberstone

Holly Humberstone (ホリー・ハンバーストーン) 配信シングル「Please Don’t Leave Just Yet」。

The 1975 マシュー・ヒーリーと共作した今作は、既存曲とは少し異なるイメージ。ですが、歌詞に目を向けると別れの切ない内容で、妙に納得。

心には確実にあるのに、言えなかった言葉。明るい音は強がりなのかもです💔

Holly Humberstone:Please Don't Leave Just Yet ~言えなかった…~
The 1975 マシュー・ヒーリーと共作した今作は、既存曲とは少し異なるイメージ。ですが、歌詞に目を向けると別れの切ない内容で、妙に納得。心には確実にあるのに、言えなかった言葉。明るい音は強がりなのかもです。

Mia Rodriguez

Mia Rodriguez (ミア・ロドリゲス) 配信シングル「Billion Dollar Bitch (feat. Yung Baby Tate)」。

約1年ぶりとなる新曲は、彼女だからこその表現が詰まった世界観のある曲。お金は生活するために必要だけど、取り憑かれるのはまた別のこと。

ポップなメロディーであるのに皮肉があり、面白くてクセになる曲です💸

Mia Rodriguez:Billion Dollar Bitch ~お金に取り憑かれちゃったの~
約1年ぶりとなる新曲は、彼女だからこその表現が詰まった世界観のある曲。お金は生活するために必要だけど、取り憑かれるのはまた別のこと。ポップなメロディーであるのに皮肉があり、面白くてクセになる曲です。

Motionless In White x2

① Motionless In White (モーションレス・イン・ホワイト) 配信シングル「Voices: Synthwave Edition」。

4枚目のアルバム「Graveyard Shift」にオリジナルが収録された、既存曲の別バージョン。別ver.といってもリミックスなどではなく、再構築した表現。

歌詞は変わっていないのですが、頭の中でなる声が色濃くなった形です🗨

Motionless In White:Voices: Synthwave Edition ~僕だけに聞こえる声~
4枚目のアルバム「Graveyard Shift」にオリジナルが収録された、既存曲の別バージョン。別ver.といってもリミックスなどではなく、再構築した表現。歌詞は変わっていないのですが、頭の中でなる声が色濃くなった形です。

② Motionless In White (モーションレス・イン・ホワイト) 配信シングル「Timebomb」。

サビのメロディーはポップでも、バンドの中でトップ3には入るであろう激しい曲。「Voices: Synthwave Edition」を挟んだからこそ、意外性があります。

この後にどう続くのか、楽しみが増える楽曲です💣

Motionless In White:Timebomb ~もう俺の頭の中が破裂しそう…~
サビのメロディーはポップでも、バンドの中でトップ3には入るであろう激しい曲。「Voices: Synthwave Edition」を挟んだからこそ、意外性があります。この後にどう続くのか、楽しみが増える楽曲です。

YOASOBI

YOASOBI (ヨアソビ) 配信シングル「ラブレター」。

小説ではなく、手紙が原作となった曲。純粋に音楽へのありがとうを文字で伝えるのは、正にラブレター。また、既存曲とは少し異なる形。

原作の違いもありますが、また新たなステージ進んだ表現を聞かせてくれます💌

YOASOBI:ラブレター ~私の素直な言葉をここに書き記したよ~
小説ではなく、手紙が原作となった曲。純粋に音楽へのありがとうを文字で伝えるのは、正にラブレター。また、既存曲とは少し異なる形。原作の違いもありますが、また新たなステージ進んだ表現を聞かせてくれます。

L’Arc〜en〜Ciel

L’Arc〜en〜Ciel (ラルク アン シエル) 配信シングル「FOREVER」。

先行して「Anime Edit」がリリースされた曲のフルバージョン。大きくはないですが、比較して聞くと細かい変更点があるのが特徴的。

同じ言葉であっても意味合いとして感じ方少し変わってくるのも興味深い部分です♾️

L’Arc〜en〜Ciel:FOREVER ~消えていく痛みと続いていく繋がり~
先行して「Anime Edit」がリリースされた曲のフルバージョン。大きくはないですが、比較して聞くと細かい変更点があるのが特徴的。同じ言葉であっても意味合いとして感じ方少し変わってくるのも興味深い部分です。

Liella! x2

① Liella! (リエラ) シングル「未来は風のように」。

前作「START!! True dream」はオープニング主題歌。連続リリースとなる今作は。エンディング主題歌。間髪開けずの発売となるのは必然でした。

タイトル曲、カップリングともに、強さと優しさが溢れている曲です🤝

Liella!:未来は風のように ~私たちと君なら変えられる~
前作「START!! True dream」はオープニング主題歌。連続リリースとなる今作は。エンディング主題歌。間髪開けずの発売となるのは必然でした。タイトル曲、カップリングともに、強さと優しさが溢れている曲です。

② Liella! (リエラ) シングル「未来予報ハレルヤ! / Tiny Stars」。

アニメの展開、グループとしてもその勢いが著しいLiella!。成長段階だからこそより似合う世界観のある曲の提示は、聞いていて興味深いです。

リアルを含めても、突出したアイドル感を聞かせてくれます✨

Liella!:未来予報ハレルヤ! / Tiny Stars ~先にあるのは煌きの世界~
アニメの展開、グループとしてもその勢いが著しいLiella!。成長段階だからこそより似合う世界観のある曲の提示は、聞いていて興味深いです。リアルを含めても、突出したアイドル感を聞かせてくれます。

Rina Sawayama

Rina Sawayama (リナ・サワヤマ) 配信シングル「Enter Sandman」。

トリビュート・アルバム「The Metallica Blacklist」に収録される、メタリカの代表曲のカバー。意外な人選でしたが、これががっつりとハマっています。

リスペクトをしつつ、自分の色も入れる。彼女はめっちゃいいですよ🎸

Rina Sawayama:Enter Sandman ~君の行き先は私が決める~
トリビュート・アルバム「The Metallica Blacklist」に収録される、メタリカの代表曲のカバー。意外な人選でしたが、これががっつりとハマっています。リスペクトをしつつ、自分の色も入れる。彼女はめっちゃいいですよ。

Rainych

Rainych(レイニッチ) 配信シングル「No」。

今作はシティ・ポップなどのカバーではなく、彼女のオリジナルソング第3弾。2分22秒と3並びでがっつりなロックな曲は、中々の面白い表現。

表現する幅の広さは従来からですが、これも行けるのか! という感じです🔥

Rainych:No ~拝啓〇〇様! 私からの回答を受け取れ! ~
今作はシティ・ポップなどのカバーではなく、彼女のオリジナルソング第3弾。2分22秒と3並びでがっつりなロックな曲は、中々の面白い表現。表現する幅の広さは従来からですが、これも行けるのか! という感じです。

あとがき

21年8月にレビューを行った結果は、以下の通り。

本サイトの開設日が2018年8月15日ですので、丸3年を超えました。

書き方を微妙に変えながらですが、飽きずに続けることができています。これは商的でも戦略的でもなく、自分の気分で書いているのがその理由でしょうか。

趣味が大部分をしめていなければ、恐らく続いていなかったと思います。

現状は歌詞に関係する部分が強めですが、音的にもっと突っ込もうと考えた時もありました。ですが、結果として文字にするには難しいかなという感じです。

自分は弾くので分かるからこそ専門用語が多くなり、言い回しが難しくなるのは必然。加えて現在の自分の語弊力では、完全にオ◯ニー的になりそうなので…。

BSで放送中「ザ・カセットテープ・ミュージック」みたいに、音も合わせてであればいんですけどね。音楽は主観も増えるので、表現の難しいところです。

ですから今後もちょいちょい変更もしつつ、変わらず好き勝手に語ろうかなと。

また自分の音楽愛は衰えることがないですし、これからも書き続けていきますので、引き続き本サイト「あぶまい」をよろしくお願いします。

 

以上、『【2021年8月音楽レビュー】32アーティスト:35枚 + まとめ記事 x2』でした。

2021年8月音楽レビュー 関連記事

【2021年1月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

【2021年2月音楽レビュー】25アーティスト:34枚 + まとめ記事

【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事

【2021年4月音楽レビュー】28アーティスト:32枚 + まとめ記事

【2021年5月音楽レビュー】33アーティスト:44枚 + まとめ記事 x2

【2021年6月音楽レビュー】33アーティスト:33枚 + まとめ記事

【2021年7月音楽レビュー】26アーティスト:36枚 + まとめ記事

・【2021年8月音楽レビュー】32アーティスト:35枚 + まとめ記事 x2  ←今ココ

The following two tabs change content below.

コメント