【2020年8月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

【2020年8月音楽レビュー】時事 & まとめ
時事 & まとめ

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」をご覧いただき、ありがとうございます。

今記事は一月ごとのレビューのまとめ。今回は20年8月に新規投稿を行った、34記事分。どんな追加更新がされてきたのか、ご覧ください。

2020年8月音楽レビュー

振り返りのまとめ記事を先頭に、その他個別のレビュー記事はアーティスト名の五十音順で紹介していきます。

まとめ記事 x2

① 7月の振り返り「【2020年7月音楽レビュー】24アーティスト:30枚 + まとめ記事」。

7月に新規投稿を行った、24アーティスト:30枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください🙇‍♂️

【2020年7月音楽レビュー】24アーティスト:30枚 + まとめ記事
July 2020 Music Review

② まとめ記事「サブスクとはどんなもの?」。

音楽レビューをする際の基準となっている、サブスクについて。実際に自分が利用している物を含めながら、メリット、デメリットまで紹介しています。

サブスクとはどんなもの?

逢田梨香子 x4

① 逢田梨香子 (あいだ りかこ) 1枚目のEP「Principal」。

声優で、Aqoursでも活動する彼女のデビュー作。背伸びしていない、等身大での透明感がある希望の歌が聞けます。

すでに続く音源で変化が出てきていますが、始まりとして聞いておきたい1枚です✨

逢田梨香子:Principal ~始まりは飾らない等身大の私~
2019/6/19 release 1st EP

② 逢田梨香子 (あいだ りかこ) 1枚目のシングル「for…」。

ジャケットの見た目、音のどちらもインパクトがあって、対照的な2曲。

デビュー作のEP「Principal」からわずが5カ月ですが、成長と変化を聞かせてくれます✨

逢田梨香子:for... ~自分自身のために一歩を踏み出そう~
2019/11/13 release 1st Single

③ 逢田梨香子 (あいだ りかこ) 1枚目のアルバム「Curtain raise」。

EP、シングルを経てリリースされた、ソロ活動の始まりの集大成。

媚びるのではない自然体な内容は、彼女の存在を知らなければ声優さんのアルバムと気付かないかも…。可能性と、今後の広がりを予感させる1枚です✨

逢田梨香子:Curtain raise ~私は間違いなくここにいるよ~
2020/3/31 release 1st Album

④ 逢田梨香子 (あいだ りかこ) 配信シングル「ブルーアワー」。

Aqoursでも活動する彼女が、初の作詞をした配信曲。透明感のある優しい歌声でありながら、思いの強さが伝わってくる歌。

情景が浮かんでくるので、目をつぶって聞くのがオススメです🙈

逢田梨香子:ブルーアワー ~空は開けて広がっていく~
2020/8/7 release Digital Single

藍井エイル

藍井エイル (あおい エイル) 18枚目のシングル「I will」。

曲調のタイプは大きく異なりますが、”意志”という共通部分がある3曲。1つの世界をシングルながら全体で表現していて、興味深くなる1枚。

歌声と表現力が進化しているのもポイントです🎤

藍井エイル:I will... ~私たちならきっと今と違う未来を作っていける~
2020/8/12 release 18th Single

アルルカン x2

① アルルカン 1枚目のミニ・アルバム「BLESS」。

フルではない、曲数が少ないミニだからこその描ける世界。様々な心境を表現した6曲は、どれも聞いていて興味深いです。

歌詞も面白いですし、ボーカル暁のクセになる歌声もポイント🎤

アルルカン:BLESS ~祈ることで見えてくるのはきっと…~
2018/8/29 release 1st Mini Album

② アルルカン 3枚目のアルバム「The laughing man」。

ボーカル暁の髪型が印象的なビジュアル系バンドは、その音も興味深いことをしていました。

あえてシングルを含まないコンセプト・アルバムに近い内容は、ロックであり、カッコいい! 想像していた以上に芯がありますよ🎭

アルルカン:The laughing man ~自分らしい道を切り開いて進んで行く~
2020/8/19 release 3rd Album

indigo la end

indigo la end (インディゴ ラ エンド) 配信シングル「夜風とハヤブサ」。

「ナツヨノマジック」と題した無観客生中継で、サプラライズ披露された新曲。

思うように進まない、大人だからこその恋。AORでアダルトな雰囲気が、寂しさを強くしています💔

indigo la end:夜風とハヤブサ ~思い通りに進まない私の恋~
2020/8/9 release Digital Single

OTMGirls

OTMGirls (オーティーエムガールズ) 1枚目のシングル「アグレッシブガール」。

サンリオの中で異色のキャラクター アグレッシブ烈子。今作はシーズン3から登場する地下アイドルグループの音源。

English ver.も含まれ海外も視野に入れた活動は、日本の新たなカワイイ文化の発展につながるかも…🎀

OTMGirls:アグレッシブガール ~私たちはイイ子を演じてでも地上へ行く~
2020/8/28 release 1st Singel

Official髭男dism

Official髭男dism (オフィシャルヒゲダンディズム) 3枚目のEP「HELLO EP」。

先行配信された2曲を含むEP。それぞれで異なる始まりを表現しているのが興味深く、繰り返して聞いてしまいます。

無理やりでないポジティブさは、聞く人の背中を押してくれますよ✨

Official髭男dism:HELLO EP ~歩き出せればそこに先が見えてくる~
2020/8/5 release 3rd EP

ギヴン

ギヴン 1枚目のミニ・アルバム「gift」。

映画公開に合わせてリリースされた、劇中に登場するバンド「given」の曲をまとめたもの。

通常の恋とは違うからこその切なさ、思いが詰まった曲が心に響いてきます。聞けば映画、アニメが見たくなりますよ🎬

ギヴン:gift ~僕らの音を記録した君へのプレゼント~
2020/8/26 release 1st Mini Album

楠木ともり

楠木ともり (くすのき ともり) 1枚目のEP「ハミダシモノ」。

期待の声優さんのデビュー作。

歌声も魅力的ですが、作詞作曲の表現力の高さも分かる内容。加えてビジュアルもいいというのですから、すごい子がでてきました。

間違いなく伸びてくるので、今のうちに要チェックです!✨

楠木ともり:ハミダシモノ ~この声はどこまで大きくなると思う?~
2020/8/19 release 1st EP

GLAY

GLAY (グレイ) 58枚目のシングル「G4・2020

タイトル通り、今の4人が出せる音が詰め込まれた1枚。ベスト・アルバムで一区切りかと思いきや、すでに新しい章に突入したGLAYが聞けます。

止まるということを知らないバンドです🏃‍♂️

GLAY:G4・2020 ~止まることなく新たな章が始まった~
2020/8/12 release 58th Single

SIXX:A.M. x2

① SIXX:A.M. (シックス:エイ・エム) 配信シングル「Talk to Me」。

オピオイド(処方箋で合法的に入手可能な鎮痛剤を含む薬物)使用障害の、間違った認識をあらためましょうというメッセージ・ソング。

1人で抱え込まずに話す、相談する、受け止めることが必要だと感じさせます👬

SIXX:A.M.:Talk to Me ~君は1人で孤独なんかじゃない~
2019/9/27 release Digital Single

② SIXX:A.M. (シックス:エイ・エム) 配信シングル「Maybe It’s Time」。

多くのビックネームがフィーチャリングとして参加し、新たな形に。複数の人が歌うことにより、時間という言葉の意味が強くなりました。

オリジナルからですが、心に響いてくるいい曲🎤

Sixx:A.M.:Maybe It’s Time ~時の流れは誰でも同じだから変えられる~
2020/8/21 release Digital Single

Shinedown

Shinedown (シャインダウン) 5枚目のアルバム「Threat to Survival」。

聞き方や人によって、意味合いが変わってくるであろう内容。もともとが面白いことをするバンドでしたが、実に興味深い1枚。

見え方の変化を表現しているように聞こえました🐍

Shinedown:Threat to Survival ~抜けられるかどうかは自分次第~
2015/9/18 release 5th Album

SHIN

SHIN (シン) 1枚目のシングル「RE:」。

ViViDでのバンドメイト「イヴ(現MTR)」が作曲したタイトル曲を含む、初のシングル。今後の活動に良い影響がありそうな、今回の再会。

3枚目のアルバム「AZALEA」でも変化がありましたが、大きな転機となるかも…🤝

SHIN:RE: ~夢を思い出し未来へとつながっていく再会~
2020/8/5 release 1st Single

鈴木愛理 x2

① 鈴木愛理 (すずき あいり) 配信シングル「きみにだけ人見知り (Home Demo ver.)」。

素直に思いを言葉にできない、女の子の気持ちが聞ける曲。女性ならば共感、男性が聞けばかわいらしくてキュンと感じずにはいられなくなりますよ💞

鈴木愛理:きみにだけ人見知り (Home Demo ver.) ~この思いに気付いて~
2020/8/1 release Digital Single

② 鈴木愛理 (すずき あいり) 配信シングル「Easy to Smile」。

いいことばかりじゃないけれど、自分らしい笑顔で過ごせたら幸せだよねという思いに、気持ちが安らいで微笑んでしまう曲。

暗くなることが多い今だからこそ心に響いてくる、ステキな歌です😁

鈴木愛理:Easy to Smile ~いつだってステキな日に変われるから~
2020/8/1 release Digital Single

STARMARIE

STARMARIE (スターマリー) 配信シングル「此のままモンスター」。

現体制で最後になるらしい新曲。前に進むことを拒み、今のままでいたいという思いは切ないけれど、気持ちがわかります。

此のままだけでなく、モンスターが付与されることに意味が隠されているのかも…🎃

STARMARIE :此のままモンスター ~時が止まればいいのに…~
2020/8/2 release Digital Single

SAY-LA

SAY-LA (セイラ) 5枚目のシングル「感情リバーシブル」。

毎回変化のあるグループですが、今回も新体制での1枚。収録された4曲の全てが異なるタイプで、幅を広げています。

SAY-LAのキラーソングになりえる要素をもったタイトル曲は、特に聞き逃がせません💖

SAY-LA:感情リバーシブル ~君のことが大好きだからこその思い~
2020/8/18 release 5th Single

Theory of a Deadman

Theory of a Deadman (セオリー・オブ・ア・デッドマン) 6枚目のアルバム「Wake Up Call」。

音がこのバンド史上最大にポップだからこそ、聞くきっかけにもなりえる1枚。歌詞まで見ると特に前半は重みがあり、深く潜っても聞けます。

見た目も印象的ですが、興味深く面白いバンドです📞

Theory of a Deadman:Wake Up Call ~今があなたらしく目覚める時~
2017/10/27 release 6th Album

センチミリメンタル x2

① センチミリメンタル 1枚目のシングル「キヅアト」。

作詞、作曲、編曲、歌唱、ピアノ、ギター、プログラミングの全てを行う「温詞」によるソロ・プロジェクトのデビュー・シングル。

切なく寂しいのに、思いに共感してしまう歌。曲もいいですが、歌詞にも注目です👀

センチミリメンタル:キヅアト ~僕の全てに君が残っている~
2019/9/11 release 1st Single

② センチミリメンタル 2枚目のシングル「僕らだけの主題歌」。

1年ぶりの音源は「映画 ギヴン」の主題歌。普通の人からすればバンドと同性愛という、特殊な世界を描いたギヴン。

完全なハッピーでなくても喜び。幸せでも消えることのない寂しさがあるのに、興味を引かれます🎸

センチミリメンタル:僕らだけの主題歌 ~思いはここに残していくから…~
2020/8/26 release 2nd Single

Taylor Swift

Taylor Swift (テイラー・スウィフト) 8枚目のアルバム「folklore」。

予告なしのサプライズで突如リリースされた1枚。今までのどのアルバムとは異なる内容は、じわじわと心に入りこんできます。

さらっとではなく、じっくりと聞きたい1枚です🎧

Taylor Swift:folklore ~この思いがあなたに届けばいいのに~
2020/7/24 release 8th Album

Children of Bodom

Children of Bodom (チルドレン・オブ・ボドム) 2枚目のアルバム「Hatebreeder」。

テンポが速いや、メタルだからというのではない、突き抜けた勢いが聞ける1枚。

この時だからこそ収められたという内容はいつ聞いても新鮮で、熱くさせてくれます🎸

Children of Bodom:Hatebreeder ~憎しみだけが増えていく~
1999/5/4 release 2nd Album

Novelbright

Novelbright (ノーベルブライト) 配信シングル「Sunny drop」。

期待を一心に受けてリリースされる彼らのデビュー作は、空が晴れ渡るような希望がこめられた気持ちのいい曲。

ロックバンドとしてこれからどんな変化と、成長を見せてくれるでしょうか? ☀️

Novelbright:Sunny drop ~今は隠れていてもそこに太陽はあるんだ~
2020/8/17 release Digital Single

Billie Eilish

Billie Eilish (ビリー・アイリッシュ) 配信シングル「my future」。

曲調も含めて、タイトル通りにポジティブさが聞ける曲。他のアーティストであれば普通でも、彼女だからこそほのかな前向きさでも新鮮。

聞きやすいので、入門曲としてもオススメです✨

Billie Eilish:my future ~未来の日にまた会いましょう~
2020/7/30 release Digital Single

Poppy x4

① That Poppy (ポピー) 1枚目のEP「Bubblebath」。

独特で面白い活動をするPoppyですが、最初からだったんだと分かる1枚。変わっているんですけれど、すんなり聞けてしまうのもポイント!

興味深く面白い子です🛁

That Poppy:Bubblebath ~汚れはしっかり落とさないとダメよ~
2016/6/10 release 1st EP

② Poppy (ポピー) 3枚目のEP「Choke」。

アルバムではなくEPということもあるのか、実験的でありながら先を意図した確信犯のような内容。

続く3枚目アルバム「I Disagree」につながる要素があるので、セットで聞くと楽しめます🧟‍♀️

Poppy:Choke ~私の中の闇を見せてあげる~
2019/6/28 release 3rd EP

③ Poppy (ポピー) 配信シングル「All The Things She Said」。

t.A.T.u.の大ヒット曲のカバー。原曲を大きく変えずに、ブラッシュアップして今の音へ。お手本になるような、すごくいカバー。

個を強く出していないからこそ、実力も分かります🎤

Poppy:All The Things She Said ~それじゃまだ全然足りないの~
2020/6/3 release Digital Single

④ Poppy (ポピー) 3枚目のアルバム「I Disagree (more)」。

4曲を追加した改訂盤。(more)という表現のセンスもですが、オリジナル盤をこえてきたインパクトのあるジャケット。

聞こえてくる音に独自の”カワイイ”があるのもポイントです🧜‍♀️

Poppy:I Disagree (more) ~私はかんたんにイエスとは言わないわよ~
2020/8/14 release 3rd Album (Original 2020/1/10)

あとがき

20年8月にレビューを行った結果は、以下の通り。

あぶまいのサイト開設日が2018年8月15日ですので、丸2年を越えられました。

初期は音楽レビューだけでなく雑記が混ざったり、途中で更新を休んだ時期もありましたが、681記事(+ 固定ページx4)はまあまあじゃないかなと。

また、ある程度フォーマットに沿って記事を作成しているのですが、丸2年を越えて最近やっと自分なりの書き方が分かってきた気がします。めっちゃ遅い…。

とはいえ現状でも後から見直すと自分でも「?」というのがあったり、特に初期の記事はひどいのが多いので、地味にちょいちょいリライトもしたりしています。

結果的に自分の目に入るので、新譜や旧譜の追加で関連記事として増えるタイミングが多いでしょうか。書きっぱなしにはせずに、日々改善ですね。

アーティストの音源の歯抜けも多いので、こちらも補充していきます。

文才はまだまだ足りないですが、大好きな音楽のこと。少しでも見てくれる人がスムーズに読め、きっかけで音楽を聞いたり、楽しめるようになりますように!

 

以上、『【2020年8月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2』でした。

2020年8月音楽レビュー 関連記事

【2020年1月音楽レビュー】24アーティスト:32枚 + まとめ記事

【2020年2月音楽レビュー】22アーティスト:31枚

【2020年3月音楽レビュー】28アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

【2020年4月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事

【2020年5月音楽レビュー】24アーティスト:30枚 + まとめ記事

【2020年6月音楽レビュー】26アーティスト:29枚 + まとめ記事

【2020年7月音楽レビュー】24アーティスト:30枚 + まとめ記事

・【2020年8月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2 ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント