【スゴ得コンテンツ】

アクアノート:アクアソニック ~ピュアな速度で駆け抜けて行く~

アクアノート:アクアソニック邦楽レビュー
邦楽レビュー

アクアノート 1枚目のシングル「アクアソニック」。

アルバム「アクアノオト」から1年。2021年にデビューも決まり、今の知る人ぞ知るから存在から、近い将来確実に頭角を表してくるであろうグループ。

アイドルに興味がある方であれば、チェックしておくことをオススメします。

アクアソニック 収録曲概要

「アクアソニック」収録曲は以下の通り。

  1. アクアソニック
  2. じゃんぴん・じゃんぴん
  3. さよなら六花
  4. 未来線ダイヤグラム

今のアイドルシーンでなぜか無い場合が増えてきた、キラキラを感じる曲。メンバーも若く、これから可愛くなっていく想像が難しくないのも特徴です。

自分がアクアノートの存在を知ったのは「@JAM ONLINE FESTIVAL 2020」。

無観客配信ライブは諸刃の剣?! 流行りでするのは大打撃の可能性が大!

上記の記事にもしたのですが、配信ライブでマイナス面が特に目立ったアイドル。既に知っていたグループを除くと、光を感じたのは正直アクアノートだけ。

配信ライブを見たのは「@JAM」だけではないので、100何十分の1ぐらい。 曲の良さに恵まれているのもありますが、今後には期待していいと思いますよ。

アクアソニック

私色にきらめいていく「アクアソニック」。(1曲目)

イントロのカウント時点でこれは! と思わせるだけでなく、そのままスポーツドリンクのCMソングになっていいような爽やかさ。

アイドルだからこその、キラキラ感じさせてくれる曲。素直にこれはいい!

明日は どっちだ?
行くぞ 行くぞ

もっとできるんだという想像だけでなく、今にも前に行きたい思い。迷いが一切ないといのが、伝わってきます。復唱をうまく使っているのもポイント!

この道を行くのはそう 他の誰かではない
私色にきらめいて

ピュア度が上がる部分。他の誰かではない、私たちが行く。キラキラを音だけを聞いていて感じるのは、ステキ! 完璧じゃなくても、未来が見えてくるよう。

リズムを含めてライブで盛り上がることも考えられえていますし、アイドルとして抜けがない曲。1度でも聞いたら興味を引かれない理由は何もありません。

じゃんぴん・じゃんぴん

聞いていると楽しくなってしまう「じゃんぴん・じゃんぴん」(2曲目)

大変なことがあるなんて分かっている。それでも前に突き進むんだ! というのが、強さと同時にかわいらしさにつながっています。構成も面白い曲。

じゃんぴん・じゃんぴん 飛び込めオトメ
苦い水もくぐり抜け

具体的な言葉ではなく”じゃんぴん”。つらさではなく、楽しさになっています。

テンポの変更が曲中で多いのも、楽器弾きとして気になる曲。サビの前半と後半でリズムパターンが違うのが、疾走感となっているのもいい感じです。

この曲は生バンドでのライブで、ぜひ聞いてみたいですね。

さよなら六花

君との思い出に「さよなら六花」。(3曲目)

雪の異称「六花ろっか」。タイトルからしていいですよね。明るさだけでなく、切なさを表現するのもアイドルに欠かせない部分。しっかりとクリアしています。

愛しさはまだ六花のように シンシンと降り続くけれど
どうか気づかずいて欲しい

あなたに思いはまだあるけれど、気付かないでほしい。恋とは時として、そういう場合もあるもの。結果は切ないけれど、実るものだけではないんです。

メンバーが年を重ねることに、違った表現となるであろう曲。これからどう変わっていくというのも、聞き所の一つになっていきそうです。

未来線ダイヤグラム

明日は自らで作っていく「未来線ダイヤグラム」。(4曲目)

意思と込められたメッセージは、自らへと言い聞かせるかのよう。バンドアレンジであると同時に、同じ歌詞を一切繰り返すことをしないのが特徴です。

アイドルの曲とすると、珍しいかも…。だからこそ興味が強くなります。耳でメモっての確認はできますが、歌詞表示を絶対した方がいい曲。もったいない!

夢に描くゴールは遠く見えるけど
キミへの思いと共にある

1人ではなく、キミへの思いと共に。だからこそ、遠い未来であきらめることなんてない。強くなれる要因でもあり、グループで歌うのがいい感じです。

答えを見つけるその日まで
だたずっと全力で走れ!

走り続けたものだけがたどり着ける、「未来線ダイヤグラム」。目指す道は例えどんなに遠くても、到着することができそうです。

アクアノートというグループが進む道標を示しているかのよう。カップリングでこういう曲があり、しっかりと表現できているは、強さになることでしょう。

あとがき

2021年4月に予定されているデビュー。既存の1人が同事務所の新規の他グループに移籍のために抜け、募集しているメンバーが加わる形になるはず。

どんな変化になるか今は分かりませんが、期待をしていいと思います。その理由は音源リリース時よりも、メンバーが明らかにかわいくなっているんです。

また、今作にプラス、アルバム「アクアノオト」を聞いていても、デビュー曲に相応しい形を提示してくるはず! これを期待をするなという方が無理でしょう。

世間的にはK-Popに押されたりと、下火になっていると言われるアイドルシーン。ですが面白いグループというのは”まれ”にですが、確実に存在しています。

しかも目立つための奇を狙った変化球でない、直球だというのも大きな特徴。欲を言えば、配信での歌詞の表示をもれなく行った方がいいかも…。

少しでもアイドルに興味があるという方。アクアノートは要チェックな存在です。

 

以上、『アクアノート:アクアソニック ~ピュアな速度で駆け抜けて行く~』でした。


Amazon【アクアノート】関連商品

アクアノート 関連記事

2020/9/10 release 1st Single
アクアノート:アクアソニック ~ピュアな速度で駆け抜けて行く~ ←今ココ

2021/5/26 release 2nd Single
アクアノート:愛だよね!? ~きっと君なら分かってくれるでしょ!?~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント