【楽器の買取屋さん】
楽器の買取屋さん楽器の買取屋さん

【2021年4月音楽レビュー】29アーティスト:32枚 + まとめ記事

【2021年4月音楽レビュー】時事 & まとめ
時事 & まとめ

絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」をご覧いただき、ありがとうございます。

今記事は一月ごとのレビューのまとめ。今回は21年4月に新規投稿を行った、33記事分。どんな追加更新がされてきたのか、是非ご覧ください。

2021年4月音楽レビュー

振り返りのまとめ記事を先頭に、その他個別のレビュー記事はアーティスト名の五十音順で紹介していきます。

まとめ記事

先月の振り返り「【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事」。

3月に新規投稿を行った、23アーティスト:31枚、振り返りについてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください🙇‍♂️

【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事
絶対気ままな音楽レビューサイト「あぶまい」。21年3月に新規投稿を行った、23アーティスト:31枚、振り返り x2についてまとめた記事。どんな追加更新をしてきたのか、一覧としてご覧ください。

愛美

愛美 (あいみ) 6枚目のシングル 「ReSTARTING!!」。

Poppin’Partyで活躍している彼女が放つ、8年ぶりのソロシングル。その再開の曲が「ReSTARTING = 再出発」とは、正にピッタリ!

歌詞も書くようになり、収録された3曲の表現がどれも面白いのも特徴です😊

愛美:ReSTARTING!! ~"諦める"なんて言葉は私の辞書にはないよ~
Poppin’Partyで活躍している彼女が放つ、8年ぶりのソロシングル。その再開の曲が「ReSTARTING = 再出発」とは、正にピッタリ! 歌詞も書くようになり、収録された3曲の表現がどれも面白いのも特徴です。

Aqours

Aqours (アクア) シングル「smile smile ship Start!」。

5周年記念アニメーションPV付きシングルとしてリリースされる今作は、とびきりの明るさと希望が聞ける内容。振り切っているからこそ、気持ちがいい!

かわいらしさだけではない、グループが支持される理由が分かりますよ🛳

Aqours:smile smile ship Start! ~この先の未来には希望しかない~
5周年記念アニメーションPV付きシングルとしてリリースされる今作は、とびきりの明るさと希望が聞ける内容。振り切っているからこそ、気持ちがいい! かわいらしさだけではない、グループが支持される理由が分かりますよ。

石原夏織

石原夏織 (いしはら かおり) 6枚目のシングル「Plastic Smile」。

彼女らしくかつ、おいしい部分を生かした内容。本質的な透明感があるからこそ、表現する内容が爽やかになり、興味深さにつながっています。

タイトルや、歌詞の意味を掘り下げると、面白さにつながるのも特徴です☘️

石原夏織:Plastic Smile ~もう私に作り笑いはいらない~
彼女らしくかつ、おいしい部分を生かした内容。本質的な透明感があるからこそ、表現する内容が爽やかになり、興味深さにつながっています。タイトルや、歌詞の意味を掘り下げると、面白さにつながるのも特徴です。

伊藤美来

伊藤美来 (いとう みく) 8枚目のシングル「No.6」。

大人っぽく、チャレンジ精神の強かった、3枚目のアルバム「Rhythmic Flavor」。新たな一手となる今作は、既存のイメージに戻った、彼女らしい内容の2曲。

緩いのですが、そのことが特徴であり、面白さにつながっています😊

伊藤美来:No.6 ~全てのことを誰かと比べる必要なんてないよ~
大人っぽく、チャレンジ精神の強かった、3枚目のアルバム「Rhythmic Flavor」。新たな一手となる今作は、既存のイメージに戻った、彼女らしい内容の2曲。緩いのですが、そのことが特徴であり、面白さにつながっています。

上坂すみれ

上坂すみれ (うえさか すみれ) 11枚目のシングル「EASY LOVE」。

久しぶりとなる音源は、彼女らしさが満載の3曲。他の誰かではない、すみれちゃんという音を聞かせられるのは、やっぱりというか強さがあります。

濃いけれど、繰り返して聞いてしまう音。面白いです💗

上坂すみれ:EASY LOVE ~恋をすることなら誰にでもできるよ~
久しぶりとなる音源は、彼女らしさが満載の3曲。他の誰かではない、すみれちゃんという音を聞かせられるのは、やっぱりというか強さがあります。濃いけれど、繰り返して聞いてしまう音。面白いです。

X JAPAN

X JAPAN (エックスジャパン) スタジオ・アルバム「ART OF LIFE」。

YOSHIKIの半生をモチーフにした、1曲で29分1秒の大作。長さはあるのですが、プレイヤーのみでなく、聞き手にも分かりやすいのは大きなポイント!

それでいて切ない痛みと奥深さがあるのは、今聞いても衝撃的です🌹

X JAPAN:ART OF LIFE ~人生の薔薇はいつまでも咲き続ける~
YOSHIKIの半生をモチーフにした、1曲で29分1秒の大作。長さはあるのですが、プレイヤーのみでなく、聞き手にも分かりやすいのは大きなポイント!それでいて切ない痛みと奥深さがあるのは、今聞いても衝撃的です。

Olivia Rodrigo x3

① Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 配信シングル「All I Want (Love That Lasts Mix)」。

失恋を経験したからこその、純粋な思い。回りくどい言い回しをせず、素直に言葉として表現しているからこそ、すっと耳に入ってきます。

希望の歌ですが、寂しげな部分が歌声でも表現されているのもポイント!💞

Olivia Rodrigo:All I Want ~一瞬じゃなく、続く愛が欲しい~
失恋を経験したからこその、純粋な思い。回りくどい言い回しをせず、素直に言葉として表現しているからこそ、すっと耳に入ってきます。希望の歌ですが、寂しげな部分が歌声でも表現されているのもポイント!

② Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 配信シングル「drivers license」。

デビューすると同時に、記録的ヒットをぶちかましている彼女。タイミングというのもありますが、曲を聞けばその歌声と表現に納得してしまうものがあります。

今年の顔になるであろう存在。音楽ファンがチェックもれするのは惜しいです🚗

Olivia Rodrigo:drivers license ~私の隣にあなたはもういない~
デビューすると同時に、記録的ヒットをぶちかましている彼女。タイミングというのもありますが、曲を聞けばその歌声と表現に納得してしまうものがあります。今年の顔になるであろう存在。音楽ファンがチェックもれするのは惜しいです。

③ Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 配信シングル「deja vu」。

年明け鮮烈なデビューを飾った彼女。今作は前作「drivers license」のフォローアップソング。だからこそ随所につながる要素があるのが、すごく面白いです。

音に加えてビジュアルもキュートですし、只者ではありません🍨

Olivia Rodrigo:deja vu ~この場所やあなたのことも知ってる~
年明け鮮烈なデビューを飾った彼女。今作は前作「drivers license」のフォローアップソング。だからこそ随所につながる要素があるのが、すごく面白いです。音に加えてビジュアルもキュートですし、只者ではありません。

the GazettE

the GazettE (ガゼット) 22枚目のシングル「UGLY」。

アルバムには収録されない、単独のシングル。タイトルからして3曲の組み合わせが面白いだけでなく、その表現する世界も興味深く感じてしまいます。

激しいけれど、何が寂しい…。深堀りできるのもポイント! 🪞

the GazettE:UGLY ~あなたの存在を指す言葉~
アルバムには収録されない、単独のシングル。タイトルからして3曲の組み合わせが面白いだけでなく、その表現する世界も興味深く感じてしまいます。激しいけれど、何が寂しい…。深堀りできるのもポイント!

Crossfaith

Crossfaith (クロスフェイス) 5枚目のシングル「RedZone / Dead or Alive」。

シングルで、これだけ激し音を表現するのも珍しい…。両A面どちらも大きめのタイアップがついていることで、クロスフェイスを聞くきっかけの1枚になるかも…。

デジロックの中でも、格上のクオリティ。興味深いサウンドです💥

Crossfaith:RedZone / Dead or Alive ~振り切った俺は止められない~
シングルで、これだけ激し音を表現するのも珍しい…。両A面どちらも大きめのタイアップがついていることで、クロスフェイスを聞くきっかけの1枚になるかも…。デジロックの中でも、格上のクオリティ。興味深いサウンドです。

cluppo

cluppo (クルッポ) 配信シングル「PEACE&LOVE」。

予告なく突然きた、BAND-MAID のギタリスト 小鳩ミク ソロ・プロジェクト。レトっぽさと現在が融合したサウンドは、聞けばにっこりとしてしまうもの。

ビジュアルもカラフルになったりと、面白い展開をみせてくれそうです🐦

cluppo:PEACE&LOVE ~ラブリーが平和を作るっぽ~
予告なく突然きた、BAND-MAID のギタリスト 小鳩ミク ソロ・プロジェクト。レトっぽさと現在が融合したサウンドは、聞けばにっこりとしてしまうもの。ビジュアルもカラフルになったりと、面白い展開をみせてくれそうです。

SEESAW

SEESAW (シーソー) 1枚目のシングル「弾丸アラート」。

元ViViD ヴォーカルで、現在はソロ活動をしているSHINと、NIGHTMARE ギター咲人による新プロジェクトのデビュー作。2人の生と、無機質な音が融合。

今少なくなったポップなビートロックの表現は、思いの他に新鮮です🎤

SEESAW:弾丸アラート ~静寂をいとも簡単に突き破る警告~
元ViViD ヴォーカルで、現在はソロ活動をしているSHINと、NIGHTMARE ギター咲人による新プロジェクトのデビュー作。2人の生と、無機質な音が融合。今少なくなったポップなビートロックの表現は、思いの他に新鮮です。

鈴木愛奈

鈴木愛奈 (すずき あいな) 配信シングル「えとにゃんらん」。

タイトルからして変わっていますが、彼女らしい可愛らしさと楽しさが両立した曲。インパクトも強いですが、飽きさせない構成であるのもポイント!

朝一で聞いたら、ぱっと目が冷めてしまいそうな、勢いがあります😸

鈴木愛奈:えとにゃんらん ~さあ、今から全力で走り出そう~
タイトルからして変わっていますが、彼女らしい可愛らしさと楽しさが両立した曲。インパクトも強いですが、飽きさせない構成であるのもポイント! 朝一で聞いたら、ぱっと目が冷めてしまいそうな、勢いがあります。

鈴木愛理

鈴木愛理 (すずき あいり) 配信シングル「Apple Pie」。

Blue Vintageと連名でリリースされた、コラボレーション・ソング。今までのソロの雰囲気とは異なることが、興味深さとして聞けるのが特徴です。

込められた思いと、その音自体が優しさを醸し出しています🥧

鈴木愛理:Apple Pie ~何気なく当たり前のように包んでくれる~
Blue Vintageと連名でリリースされた、コラボレーション・ソング。今までのソロの雰囲気とは異なることが、興味深さとして聞けるのが特徴です。込められた思いと、その音自体が優しさを醸し出しています。

Steel Panther

Steel Panther (スティール・パンサー) 配信シングル「Beautiful Girls」。

Edward Van Halenのトリビュートとしてリリースされた、Van Halenのカバー。らしさは含まれていますが、感謝と敬意が込められたガチな表現の2曲。

普段とは少し異なる姿は、良い方向へ印象が変わる人も多いかも…🔥

Steel Panther:Beautiful Girls ~君はこれからもずっと美しい~
Edward Van Halenのトリビュートとしてリリースされた、Van Halenのカバー。らしさは含まれていますが、感謝と敬意が込められたガチな表現の2曲。普段とは少し異なる姿は、良い方向へ印象が変わる人も多いかも…。

The Struts

The Struts (ザ・ストラッツ) 配信シングル「Lowkey in Love

アルバム「Strange Days」に続く新しい提示は、パリス・ジャクソンと連名でのデュエットソング。彼女はご存じ、マイケル・ジャクソンの娘さん。

通常のラブソングとは異なる怪しげな状況と関係が、妙にジワジワときます💕

The Struts:Lowkey in Love ~素直に愛しているなんて言えないよ~
アルバム「Strange Days」に続く新しい提示は、パリス・ジャクソンと連名でのリリースされたデュエットソング。彼女はご存じ、マイケル・ジャクソンの娘さん。ラブソングでも怪しげな状況と関係が、妙にジワジワときます。

諏訪ななか

諏訪ななか (すわ ななか) 1枚目のシングル「コバルトの鼓動」。

一聴はかわいらしさが際立ちますが、世界観も含め、テクニック的にも面白い表現をしている2曲。それをさらっととやってのけているのが、大きなポイント!

また、シングルとして曲数が少なく詰まったことで、歌が色濃くなっています💘

諏訪ななか:コバルトの鼓動 ~このドキドキは未来のため~
一聴はかわいらしさが際立ちますが、世界観も含め、テクニック的にも面白い表現をしている2曲。それをさらっととやってのけているのが、大きなポイント! また、シングルとして曲数が少なく詰まったことで、歌が色濃くなっています

センチミリメンタル

センチミリメンタル 配信シングル「青春の演舞」。

笑ったぶんだけ高く、泣いたぶんだけ強く。希望があるからこそ、困難なことや絶望することがあっても、下ではなく前を見ていけるんだという感情。

温詞の切ない歌声だからこそ、リアルな思いとなって聞けます🕺🏻

センチミリメンタル:青春の演舞 ~その希望は忘れていけない~
笑ったぶんだけ高く、泣いたぶんだけ強く。希望があるからこそ、困難なことや絶望することがあっても、下ではなく前を見ていけるんだという感情。温詞の切ない歌声だからこそ、リアルな思いとなって聞けます。

Children of Bodom

Children of Bodom (チルドレン・オブ・ボドム) 7枚目のアルバム「Relentless, Reckless Forever」。

既存のアルバムでの表現とは異なる、実験的な要素が多く含まれている内容。最高の1枚とは言いませんが、だからこそ逆に面白いと感じる方は多いかも…。

長く続くバンドだからこその、音の変化です👿

Children of Bodom:Relentless, Reckless Forever ~止まることはない~
既存のアルバムでの表現とは異なる、実験的な要素が多く含まれている内容。最高の1枚とは言いませんが、だからこそ逆に面白いと感じる方は多いかも…。長く続くバンドだからこその、音の変化です。

≠ME

≠ME (ノットイコールミー) 1枚目のミニ・アルバム「超特急 ≠ME行き」。

単独の盤になる音源では、初の作品。決して100点ではないけれど、今できる彼女たちの姿を背伸びせずにそのまま表したのには、好感でいっぱいです。

アイドルだからこその、キラキラした音が聞けます✨

≠ME:超特急 ≠ME行き ~君はこの列車に乗り遅れちゃダメ!~
単独の盤になる音源では、初の作品。決して100点ではないけれど、今できる彼女たちの姿を背伸びせずにそのまま表したのには、好感でいっぱいです。アイドルだからこその、キラキラした音が聞けます。

HYDE

HYDE (ハイド) 配信シングル「ON MY OWN」。

思いと行動がリンクしない、寂しさが漂う曲。アグレッシブなハードさではなく、デジタルポップかつ、少し懐かしさのいなたさがあるのが特徴。

なんとも言えない切なさを、HYDEの歌声が相乗効果となって引き立てています🧛‍♂️

HYDE:ON MY OWN ~罪深いことをしているのは分かっている~
思いと行動がリンクしない、寂しさが漂う曲。アグレッシブなハードさではなく、デジタルポップかつ、少し懐かしさのいなたさがあるのが特徴。なんとも言えない切なさを、HYDEの歌声が相乗効果となって引き立てています。

HELLOWEEN

HELLOWEEN (ハロウィン) 配信シングル「SKYFALL [SINGLE EDIT]」。

21年6月にリリースされる、16枚目のアルバム「Helloween」からの先行シングル。ツアーを経て結束力が高まった中、満を持した形での提示。

セルフタイトルのアルバムを期待させるには、十分過ぎる内容です🎃

HELLOWEEN:SKYFALL ~空から落ちたのは新たな始まりの時~
21年6月にリリースされる、16枚目のアルバム「Helloween」からの先行シングル。ツアーを経て結束力が高まった中、満を持した形での提示。セルフタイトルのアルバムを期待させるには、十分過ぎる内容です。

Billie Eilish

Billie Eilish (ビリー・アイリッシュ) 配信シングル「Your Power」。

2枚目のアルバム「Happier Than Ever」からの、先行シングル。シンプルな構成だからこそ、込められたメッセージが強く伝わってきます。

権力にふんぞり返っている方にこそ、ぜひ聞いて欲しい曲です🐍

Billie Eilish:Your Power ~誰かに振りかざすのが強さではないよ~
2枚目のアルバム「Happier Than Ever」からの、先行シングル。シンプルな構成だからこそ、込められたメッセージが強く伝わってきます。権力にふんぞり返っている方にこそ、ぜひ聞いて欲しい曲です。

fuzzy knot

fuzzy knot (ファジーノット) 配信シングル「こころさがし」。

シド Shinjiと、Rayflower 田澤孝介による新ユニットのデビュー作。コンセプトが1990年代の音楽を織り交ぜつつということで、少し懐かしい音。

ストレートでポップな表現は、今聞くからこそ耳に残ります🎤

fuzzy knot:こころさがし ~思いはその時々で変わるからこそ~
シド Shinjiと、Rayflower 田澤孝介による新ユニットのデビュー作。コンセプトが1990年代の音楽を織り交ぜつつということで、少し懐かしい音。ストレートでポップな表現は、今聞くからこそ耳に残ります。

BlooDye

BlooDye (ブラッディー) 2枚目のシングル「Where you are (feat. LITTLE)」。

メンバーの脱退、加入と、新体制での始まり。形は変わっても、継続することを選んだユニット。続ける道を選んだからこそ、どう見せてくれるのか楽しみ!

なんとも言えない寂しさを、印象深い音として聞ける1枚です💥

BlooDye:Where you are ~強く想っても君の温もりには届かない~
メンバーの脱退、加入と、新体制での始まり。形は変わっても、継続することを選んだユニット。続ける道を選んだからこそ、どう見せてくれるのか楽しみ! なんとも言えない寂しさを、印象深い音として聞ける1枚です。

Bodom After Midnight

Bodom After Midnight (ボドム・アフター・ミッドナイト) 1枚目のシングル「Paint the Sky with Blood」。

Children of Bodomの血を引き継ぐ、アレキシ・ライホ、ダニエル・フレイベリによる新バンドの初音源。熱量のサウンドは、メタル魂を熱くさせてくれます。

アレキシが既に亡くなっているからこそ、初でありラスト音源。寂しさがあります👿

Bodom After Midnight:Paint the Sky with Blood ~赤く塗りつぶせ~
Children of Bodomの血を引き継ぐ、アレキシ・ライホ、ダニエル・フレイベリによる新バンドの初音源。熱量のサウンドは、メタル魂を熱くさせてくれます。アレキシが既に亡くなっているからこそ、初でありラスト音源。寂しさがあります。

Holly Humberstone

Holly Humberstone (ホリー・ハンバーストーン) 配信シングル「Haunted House」。

タイトルを日本語にすると幽霊屋敷とは、彼女が育ってきた家。見た目は古く不気味であっても怖いものではなく、4人の姉妹の成長を見守ってくれた家。

物ではなく心がある形は、座敷わらしが近いかも…。面白い表現です👻

Holly Humberstone:Haunted House ~私たち家族の大切な家~
タイトルを日本語にすると幽霊屋敷とは、彼女が育ってきた家。見た目は古く不気味であっても怖いものではなく、4人の姉妹の成長を見守ってくれた家。物ではなく、心がある形は、座敷わらしが近いかも…。面白い表現です。

悠木碧

悠木碧 (ゆうき あおい) 6枚目のシングル「ぐだふわエブリデー」。

ガチなのもできる彼女ですが、今作は2曲どちらもがぶっ飛んだ表現。ただし、一聴と、突っ込んで聞いてみるのでは、印象が変わってくるのも特徴です。

CV扱いでなく、本人名義でこの内容出せるのも彼女ならでは。面白いです😆

悠木碧:ぐだふわエブリデー ~本質で楽しむために必要な時間~
ガチなのもできる彼女ですが、今作は2曲どちらもがぶっ飛んだ表現。ただし、一聴と、突っ込んで聞いてみるのでは、印象が変わってくるのも特徴です。CV扱いでなく、本人名義でこの内容出せるのも彼女ならでは。面白いです。

Rina Sawayama

Rina Sawayama (リナ・サワヤマ) 配信シングル「Chosen Family」。

1枚目のアルバム「SAWAYAMA」に収録された曲が、エルトン・ジョンとコラボにより、ボアアップされました。2人の相性がいいのもポイント!

元々優しさのあった家族感が増し、想像以上にいい形に変化しています👫

Rina Sawayama:Chosen Family ~あなたと私はつながっている~
1枚目のアルバム「SAWAYAMA」に収録された曲が、エルトン・ジョンとコラボにより、ボアアップされました。2人の相性がいいのもポイント! 元々優しさのあった家族感が増し、想像以上にいい形に変化しています。

Rainych

Rainych(レイニッチ) 配信シングル「Hakujitsu (feat. Kururu)」。

前作「RIDE ON TIME」のシティ・ポップスとは打って変わり、King Gnu 代表曲のカバー。ソロではなく、男性ボーカルKururuとのデュエットが特徴です。

カバーとしてかなり後出しですが、他の方との表現の違いが面白く感じます🎤

Rainych:Hakujitsu (feat. Kururu) ~私たちを真っ白にさせてくれよ~
前作「RIDE ON TIME」のシティ・ポップスとは打って変わって、King Gnu 代表曲のカバー。ソロではなく、男性ボーカルKururuとのデュエットが特徴です。カバーとしてかなり後出しですが、他の方との表現の違いが面白く感じます。

あとがき

21年4月にレビューを行った結果は、以下の通り。

アルバムの割合を増やそうと思っていたのですが、書くというよりも聞く時間があまり取れず…。意図とは異なるシングル主体になりました。

とはいえ気になる物も多くリリースされていたので書き始めてはいて、ちょいちょい下書きに溜まっている状態。5月はアルバムがきっと増えることでしょう。

個人的な4月のハイライトの作品を言えばBodom After Midnight。初作品であり、ラストアイテム。個人的どストライクですし、ガチにカッコいい!

もう亡くなってしばらく経ちますが、アレキシ・ライホという類まれ稀なるアーティストだったのを見せつけてくれるものでした。今後もリピート確実です。

下書きに溜まっているアルバム、5月も気になる作品が複数出ますし、過去も掘り下げたい気持ちがいっぱいです。 いい感じで進行ができますように!

 

以上、『【2021年4月音楽レビュー】29アーティスト:32枚 + まとめ記事』でした。

2021年4月音楽レビュー 関連記事

【2021年1月音楽レビュー】22アーティスト:32枚 + まとめ記事 x2

【2021年2月音楽レビュー】23アーティスト:33枚 + まとめ記事

【2021年3月音楽レビュー】23アーティスト:31枚 + まとめ記事

・【2021年4月音楽レビュー】29アーティスト:32枚 + まとめ記事 ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント