Ange☆Reve:イトシラブ ~この恋が幸せでありますように! ~

Ange☆Reve:イトシラブ邦楽レビュー

Ange☆Reve(アンジュレーヴ)の5枚目のシングルである「イトシラブ」。

メジャー通算では3枚目のとなるシングルです。元AKB48の松井咲子ちゃんが1曲ピアノでレコーディングに参加したということで、注目を集めてていました。

コラボ曲はあるのですが、他の2曲でもしっかりとAnge☆Reveというグループの存在を表現しているのも、このシングルの注目すべきポイントです。

シングル収録曲概要

「イトシラブ」の収録曲は以下の通りです。

  1. イトシラブ
  2. Freaky☆Rock☆Party
  3. Angel Sign
  4. イトシラブ (Instrumental)
  5. Freaky☆Rock☆Party (Instrumental)
  6. Angel Sign (Instrumental)

曲名だけを見ても、2曲目「Freaky☆Rock☆Party」が面白い入り方をしているのが分かります。実際に聞いてみると、この曲順がより面白く感じられますよ。

3曲で歌っている内容はどれも異なりますが、どの曲も今のこの瞬間を楽しもう、希望を感じていたいというのは、共通であるのも聞いていて興味深く感じました。

イトシラブ

シングルタイトル曲の「イトシラブ」。(1曲目)

大好きな気持ちがこれでもかとあふれ出した、女の子のかわいらしが感じられる曲です。好きという気持ちの楽しさが、この曲のポップな感じにぴったりですね。

「To be with you = あなたと一緒に」、「I’m just in love with you = 私はあなたに恋をしています」と、歌詞を英語にした部分に照れを感じるがまたいいです。

日本語のままでもいいのに、あえて英語にしているのがかわいらしいですよね。

曲のテンポも恋をしているドキドキ感が伝わってきて、好きな曲です。

Freaky☆Rock☆Party

「イトシラブ」とはイメージが一転する曲の「Freaky☆Rock☆Party」。(2曲目)

今はこの瞬間は思いっきり拳を上げて踊って楽しめ! という、楽しい曲です。人生は誰でも1回だけだから楽しめとうのは、その通りだと思います。

歌詞に英語が多く含まれているのですが、意味なんて分からなくてもいいから楽しんだ方が勝ち!  と言っているような気がしました。細かいことはいいんだよと。

実際すごく意味があることを英語で言っているわけではないので、意味が分からなくても分かっても、楽しんじゃおうという気持ちにさせてくれます。

ライブでこの曲がセットリストに入っていたら、楽しいですよね。

Angel Sign

元AKB48の松井咲子ちゃんがピアノで参加した曲の「Angel Sign」。(3曲目)

ピアノソロ・アルバムをリリースしている松井咲子ちゃんですが、他アーティストのレコーディングに参加をするのは、始めてとなった曲です。

松井咲子ちゃんの、ふんわりした感じはいいですよね。AKB48に在籍していた頃から、ビジュアルも含めて気になる存在でした。ゆかるんが断トツ1番ですが…。

この曲で歌っているのは今すぐ会いたいのに会えない切ない気持ちですが、ピアノの優しい音色が少し希望を感じさせてくれています。別れではないです。

ピアノは生楽器だからこそ人が音にでるので、とてもいいコラボ曲だと思います。この優しいピアノの音色は、他のアーティストでも聞けるようになりそうです。

Ange☆Reveは曲調の幅が広いですけれど、こういう曲もしっかりと歌うことができるのが、聞いていて魅力的に感じます。

あとがき

3曲ともしっかりと個性があるのが、特徴的なシングルです。

曲の組み合わせは帰る必要があるとしても、3曲ともタイトル曲で行けそうな曲であるのは、聞いていてとてもおもしろく感じました。

CSのフジテレビネクストで放送していたTIF2019のダイジェストでAnge☆Reveを見れましたが、作業をしながら横目で見ていても引っかかって見ていましたよ。

何百組と出演するアイドルグループがいる中でダイジェストでも引っかかるというのは、Ange☆Reveに魅力があるし、何か他のグループとは違うんでしょうね。

メンバーチェンジが多いのだけは玉に瑕(きず)ですが、曲が興味深いアイドルグループを探しているという人にAnge☆Reveはオススメです。

 

以上、『Ange☆Reve:イトシラブ ~この恋が幸せでありますように! ~』でした。

Ange☆Reve 関連記事

2019/7/3 release 6th single
Ange☆Reve:サマ☆ラブ ~夏の日の私の恋の気持ち~

コメント