Amaranthe:Do or Die ~食うか食われるかあなたはどっちを選択する? ~

Amaranthe:Do or Die洋楽レビュー
洋楽レビュー

Amaranthe (アマランス) 配信シングル「Do or Die (feat. Angela Gossow)」。

新たに昨年末「Nuclear Blast」と契約。今年に入ってSabatonのNewアルバムからのカバー「82nd All The Way」をリリースと、動きが活発。

カバーに続く配信シングルは、興味深さしかないリリースをしてきてくれました。レーベル移籍で新しい面が伺える、聞いておくべき1曲です。

Do or Die 概要

今回の配信限定シングルが気になってしまう理由は、フィーチャリングで参加しているAngela Gossow (アンジェラ・ゴソウ)。

2代目ARCH ENEMY (アーチ・エネミー)のボーカリストとして、女性ボーカルのデスボイスという新境地を開いてくれた稀代のボーカリストでした。

ですが、2014年に引退。マネージメントに回ってしまい、もうその歌声を聞くことはないかと思われている中での、今回のフィーチャリングでの参加。

アンジェラ・ゴソウが参加の時点で、気にならない方が無理! というものでしょう。

Do or Die (feat. Angela Gossow)

アンジェラ・ゴソウ、現アーチ・エネミーのギタリスト ジェフ・ルーミスが参加した「Do or Die (feat. Angela Gossow)」。

フィーチャリングで気になるだけでなく、頭から曲がカッコいい! 今までのアマランスの曲の中でもトップクラスかも…。

「Do or Die = 行うか死ぬか」。食うか食われるかの、今やるしかないんだ! という、熱い思いがメタルとなる。カッコよくならないわけがありません。

We must change or we will die!

「私たちは変わる必要がある。でなければ死ぬよ」。向かうべき道の選択肢は、1つしかないんです。限られた選択肢というのも、メタルを感じます。

エリーゼ・リードの歌声との相性がいいのも、曲の完成度を上げているのもポイント。「Die die die die」の部分は、ライブで大合唱になりそうですね。

モダンに洗練されすぎずに、メタルなアマランス。すごくカッコいいです。

あとがき

アンジェラ・ゴソウ。やっぱりカッコいいなと感じずにはいられない曲でした。引退して6年近くたっているのに、枯れずにキープというか、そのままです。

アマランスにはデスボイスでヘンリク・エングルンドがいますが、女性のクリーンボイスと、デスボイスがいるというのは見た目にも華があるでしょうね。

今回の1曲だけではなく、他の曲でも縁があることを期待しちゃいます。

新たなレーベルと契約したこと、今年はアマランスの周期的に「Helix」に続くNewアルバムがリリースとされると予想している人も多いはず。

Sabatonのカバー、今作を聞いていると、メタルなアマランスが聞けそうな気がするので、期待をしていいんじゃないでしょうか? 今後の展開が楽しみです。

 

以上、『Amaranthe:Do or Die ~食うか食われるかあなたはどっちを選択する? ~』でした。


『Amaranthe』をApple Musicで

Amaranthe 関連記事

2013/3/13 release 2nd Album
Amaranthe:The Nexus ~絆を解き放った先に未来はやってくる~

2014/10/21 release 3rd Album
Amaranthe:Massive Addictive ~体中に毒が回り侵食されたんだ~

2016/10/21 release 4th Album
Amaranthe:Maximalism ~それぞれを最大限に振り切った形~

2018/10/19 release 5th Album
Amaranthe:Helix ~絡み合い1つの集合体になっていく~

2020/2/14 release Digital Single
Amaranthe:Do or Die ~食うか食われるかあなたはどっちを選択する? ~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント